自己破産の知識

夫婦で片方が自己破産。「パートナーに全く影響ない」はウソ

夫婦の片方が自己破産。パートナーに全く影響がないはウソ

夫が借金に追われ、とうとう自己破産をした。

でも、私の財産は守れるからぜんぜん影響はないのよね♪

と思っているそこのアナタ。

まったく影響がないなんてありえないぞ。

少なくともパートナーと同じ屋根の下で生活をしているならな。

自己破産した人の名義でローンは組めないから、家や車はなかなか手が出ないだろう。選択肢の幅はせまくなるんだ。

カードも使えないから、基本現金払いだ。家計にも影響する。

もう少しくわしくみていこう。

夫婦で片方が自己破産をした場合の影響

夫婦で片方が自己破産をしたときの影響

夫婦の片方が自己破産することで、相手にどんな影響を与えるだろうか。

大きく2つある。

  1. 引っ越しをしないといけない
  2. 破産したほうの名義でローンが組めなくなる

影響1.引っ越しをしないといけない

持ち家の場合、ほぼ100%、自己破産をすると家を差し押さえられる

すると引っ越しをしないといけない。

今まで暮らしていた家とは違う環境になるから、家族には大きく影響するよな。

自分から環境を変えたいと思っているならまだしも・・・

子供がいる家庭は転校・転園とかも考えないといけなくなるから、ケアをしてあげないといけない。慣れ親しんだ学校や友達と離れるのは相当つらいものだ。

自分の通勤経路も変わるわけだし、精神的にストレスがかかるはず

とはいえ、近くの物件に住むことができるなら、今までと生活自体は変わらないだろう。

ざび
ざび
そもそも、引っ越しすること自体はどの家庭でもあることだから仕方ない。

賃貸でも家賃滞納なら引越ししないとダメ

賃貸に暮らしているなら、引っ越す必要はない。今までどおりの暮らしができる。

自分の所有物じゃないから、差し押さえとかもない。

自己破産したからといって、出ていけとかも言われない。大家さんには基本知られない。

ただし、家賃滞納で自己破産をした場合、払えないなら出ていけと言われるだろう

大家さんも立派な債権者だからな。通知がいくんだ。

借金を洗い出すときに必ず家賃のことはきかれるからな。

現実問題、借金を返すのに困っている家庭なら、家賃やその他の生活費もギリギリで、滞納しているケースが多い。

家賃滞納を裁判所に隠すことは難しいだろう。第一、バレたら借金チャラができなくなる。リスクが高すぎるぞ。

あとは家は無事だったとしても車や高級な家具など、財産があるなら没収されてしまうから注意してくれ。

関連記事:

自己破産してもUR賃貸住宅に入居できる?今住んでいる人は?

家賃滞納で自己破産した。保証人への影響はある?

自己破産すると貯金は全額没収?一つのラインは”20万円”

影響2.破産したほうの名義でローンが組めなくなる

夫が自己破産をした場合、夫名義で今後ローンを組むのは難しくなる。

正確に言うと、5年間はローンが組めないと思っていい。

信用情報機関っていうところに、自己破産をしたって記録がバッチリ残っているからだ。

もし、家を新たに買うことになったとしてもローンは夫名義では組めないから妻やほかの人の名義でやるしかない。

あとこんなケースもある。

リフォームしたいがローンは組めない

三世帯で住んでいて、じいちゃんの持ち家のケース

自分たち夫婦の財産ではないから自己破産をしても関係はない。

ただ、外壁がボロボロで家のリフォームをしたいといったとき、

  • じいちゃん:仕事しているが76歳
  • ばあちゃん:68歳。年金のみ
  • 妻:パートで年収100万円程度
  • 夫:年収500万円だが自己破産して3年
  • 子ども:17歳、学生

この家族構成の場合、ローンを組める人はいない。

※リフォームローンは、たいてい「75歳か80歳までに完済」が条件。

70代でローンを組めることもあるが、数年でローン組んでも月々の支払いがバカ高くなるから現実的ではない

ローンを組むなら、

  • 69歳以下
  • 年収が、家族の生活費にあてる分を除いて、1年間のローン返済額より高い

くらいの条件はクリアしたいところ。

たとえば、その人の年収のうち、

  • 家族の生活費にあてる分が年間で300万円
  • 1年間に払うローンの返済額が40万円

であるなら、年収340万円はほしい。

上の例の場合、自己破産をしていないのなら、夫がローンを組めば解決できるんだがね。

だからリフォームするなら現金で支払う必要がある。

こういった家族全体の生活に影響を及ぼす不便さもでてくるんだ。

ざびの場合、自己破産して7年経っても住宅ローンはムリだったな

実際に審査をして通るかどうかは人によると思うけど、5~10年間はおとなしく現金払いをするしかない

関連記事:

自己破産しても最短ルートでローンを組めるようになる方法

【体験レポート】業者に自己破産を暴露した結果、妻単独で住宅ローン組むことに

【実体験】自己破産後7年間で落ちた審査まとめ

夫婦の片方が自己破産をするケースはいろいろ

夫婦の片方が自己破産するケースはいろいろ

夫や妻が自己破産をしても、本人の財産に影響がないのは確かだ。

財産は別々のものだからな。

夫婦だろうが、あくまで法律上は他人ということ。

そこはシビアなんだ。日本も。

ただし、例外もある。

夫婦で片方が片方の連帯保証人になっている場合だ。

夫婦で片方が連帯保証人なら二人とも自己破産

たとえば、夫が借金1000万円で、妻がその借金の連帯保証人に入っていた場合。

夫が自己破産すると、妻に1000万円の請求がくる。

妻も払えないとなると、今度は妻が自己破産をすることになる。

いわゆる”破産の連鎖”ってやつだ。

夫婦だけじゃなくて、親子間でもよくあるパターン。

もし片方が連帯保証人に入っているんならよーく話し合うんだ。

夫婦とはいえ、一人の人間だからな。自分が自己破産すれば残りの借金はぜんぶ相手がかぶることになる。

もしそれが原因で離婚なんかになったら揉めに揉めるぞ。

関連記事:【体験談あり】連帯保証人とは合法的な”人質”である

夫婦ともに借金があって片方が自己破産をする場合

夫婦両方で借金がある場合はどうなるか。

あくまで家計の”戦略”として考えられるのは、返せそうな方はそのまま返済を続けて、難しそう方を自己破産でチャラにするやり方

たとえば、夫が借金700万円、妻が借金150万円の場合。

妻のほうが返すのがきついから、自己破産をする。

夫はなんとかがんばって毎月数万円ずつ返していく。

すると、夫のほうでクレジットカードが使えたり、ローンが組めたりもするから生活はしやすくなるよな。

【体験談】妻のカードで助かった

実はざび家もまさに「片方が自己破産」状態だった。

正確には結婚する前なんだが二人とも借りていて、オレのほうが自己破産をした。

だから、カードもローンもいっさいできない。

クレジットカードで払わないといけないものはぜんぶワイフにやってもらった。

ざび
ざび
結婚当初、お金がなかったときはとても助かったぜ。

通販とか結婚式の二次会費用なんかはクレジットカードが大活躍だった。

片方がクレジットカードを持てると、支払いが来月に回せる分、だいぶ暮らしも安定するからな。

来月に繰り越せると油断するから、「現金払いでその月の分はその月に支払う」ほうが節約にはいいとは言うけどな。

あくまでもカードの使い過ぎには注意しつつ、現金払い中心でしっかり節約するのが基本

そのうえで、念のために片方がカードを持っていると心強いのは確かだ。

関連記事:【経験者が語る】自己破産しての結婚、4つの不安とその対策

夫や妻が自己破産した。離婚はする?

夫婦の片方が自己破産で離婚する?

自己破産で離婚するかどうかは、ケースによるとしかいえない。

弁護士にきいても同じような見解の人ばかりだ。

相手に秘密で借金をしていて、返せないから自己破産するとなったのなら夫婦間でヒビが入るのはまちがいない

そのヒビが修復できないんならムリせず別々の道を歩んだほうがいいだろう

ただ、お互いが知っていて、がんばってやりくりしたけどムリだった。

それならお互いがお互いの苦しみやがんばりを知っているわけだから、むしろ再出発を応援してくれるだろう。

自己破産をしたっていう罪悪感はあるかもしれないが、離婚する必要はまったくないと思うぞ。

自己破産をすることで相手に被害を出すわけではないんだから。

ざび
ざび
世間体は気にしなくていい。

まとめ

  1. 夫や妻が自己破産をした場合、引っ越しをしたり、ローンが組めなくなったりと生活に影響はでる
  2. 片方が連帯保証人になっている場合、夫婦二人で自己破産するケースもある
  3. 夫婦で借金がある場合、片方だけ自己破産をすることもできる
  4. 夫や妻が自己破産をして離婚するケースもある。どんな理由で借金をしていたのかによると思うが、最終的に決めるのは自分。

関連記事:

【体験者が語る】”自己破産は人生終わり”がウソだった理由

【体験談あり】親の自己破産が子どもに与える影響まとめ

【破産も経験】なぜ30代は家計が苦しくなるのか【対処法2つ】

キミは自己破産を誤解している

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。正しい情報を知って、正しい判断をするためにはプロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

自己破産を頼むならどっち?【弁護士VS司法書士】徹底比較

 

裁判所に直接「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所が答えたってことはつまり、公的な機関が認めた、公式の回答だ。

まずは弁護士に相談、これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題はできるだけ早く解決して、次の生活にエネルギーを向けたほうが立て直しも早くなる。

自己破産したいけど、弁護士に頼むのはすごく敷居が高い

そんな人はWebからの無料診断無料相談をするのがオススメ。

まずは小さな一歩から。気軽にはじめみよう。

自己破産を頼むならどっち?【弁護士VS司法書士】徹底比較