自己破産ライフ

借金や自己破産で苦しんでいる人は筋トレがオススメな理由

自己破産前後は筋トレで乗り切れ

ども、ざび(@dr_zawinul )だ。

27歳のときに借金938万円抱えて、自己破産をした。 その後ヒモ生活を経て結婚、2児のパパとして正社員やりながらブログを書いている。

「オレはダメなヤツだ」

自己破産した当初はオレもみじめだった。罪悪感たっぷり味わっていたよ。

今は傷が癒えてきたが、どうしたらそういうメンタルを復活させられるかなといろいろ考えていた。そこで、筋トレがいいんじゃないかと思って、今回オレ自身始めてみたんだ。

そこで、ここでは借金や自己破産などお金の問題に苦しんでいる人が筋トレするメリットをたっぷり解説していきたい。

動画はこちら。

借金や自己破産で苦しいときこそ筋トレをする理由

借金や自己破産に苦しんでいる人こそ筋トレ

1.セルフイメージが高まる

筋トレをすると、自然と自分の体をチェックするようになる。

だんだん日にちがたっていくと、体にも変化が現れるのがわかる。

  • お、腹筋割れてきた
  • 力こぶがいいかんじになってきた
  • ウェスト細くなったかも
  • 胸板がついてきたな

などなど、自分の体を見て、成果がでることで

「オレ、いいじゃん!」と自然に自信がついてくる

注意したいのは他人と比較すること

オレもよくやってしまうんだが、町で見かけた人と自分を比較して、「勝ったな」「うわあ、負けたー」とやってしまうとなかなか心が安定しない。

あくまで比較するのは「昨日までの自分」だ。

日々のレベルアップを感じていこう。

2.根性(継続力)がつく

根性ってのは「根っこの性質」だ。

自分の根っこの強さを鍛えると当然仕事やふだんの生活もラクになっていく

「オレは筋トレでこれだけ追い込んでやってるんだ」と自信があるから、職場でやっかいなクレーム処理とか納期の迫った資料作成とかに出くわしてもも耐えられる

精神力がつくとでも言おうか。

ざび
ざび
タフになるってやつだ。

3.エネルギッシュになる(行動力が上がる)

お金のことでへこむと仕事やふだんの生活が怖くなる。

閉じこもって動けなくなるよな。人の目を気にするからエネルギーも奪われやすい。

筋トレをすると自分のエネルギーが増えてパフォーマンスが上がっていくのが実感できる

同じ強さの負荷(ストレス)を与えられてもカンタンに処理できるようになるんだ

たとえば、皿洗いをするとしよう。

キミはごはんをたいらげたあと、食器をまとめて、お盆に乗せるかもしれないな。それでまず1ステップだ。

そのあと立ち上がって台所まで皿を運ばないといけない。これで2ステップ。

そしてスポンジに洗剤をかけ、おっと、洗剤がもうなくなってしまった。ストックはどこだ?ああ、あったシンクの下の棚だ。

そして詰め替え用の袋を切り、慎重にボトルに注ぐ。例外の3ステップ目だ。

そのあと、ようやく皿洗いを始める。スポンジを泡立て、一枚一枚磨いて重ね、最後に洗い流す。

食器の順番を間違えるとかごへ重ねるときに大変だ。慎重にプランを組み立てないといけない。最終ステップを済ませてようやく終了。

こうして書いてみると実に手間のかかる作業に思えるだろう。習慣化ができている人でもめんどうに思うことは少なくないはず。

いちいちめんどうで体を動かすに時間がかかる。

でも筋トレを日常にしていると、体を動かすことに喜びを感じ、鍛えられるきっかけになるわけだから進んで動くようになる

また、身軽に動く自分を想像して「これくらいは楽勝だね」と勝手にハードルが下がる

ざび
ざび
自分への期待値が上がるんだよ。すばらしいじゃないか。

4.食事にくわしくなる

筋トレの世界でも常に世界中、特にアメリカでは研究がさかんで、さまざまな理論が出てきている。

当然科学的な根拠をもって体を鍛える方法を考えていくので、自然と体にとっていいものをチョイスするようになる

食べ物もそうだし、食べ方や睡眠、休憩のこともしっかりケアしてあげる必要がある。

体調管理ができていれば自然とメンタルも上向きになっていく。

今はYouTubeに山ほど筋トレ動画がある。

ざびが参考にしているのは、こちらの方々。

最近ざびがハマっているのはピーナッツバターだ。ほんとオススメ。甘味が少なくて塩気があるのがうまい。

日本で人気のスキッピーもいいんだが、大豆油とか砂糖(ふつうに比べれば少量だが)が気になる人なら無添加のがベスト。

ただ、あんまりこだわるのはNGだ。借金に追われたり財産がない状態でやるならふだんの食事に取り入れられる程度の値段で選ぼう。もしくは趣味のお金だと割り切れるなら投資してかまわない。

5.肩こりがなくなる

パソコンやスマホをやりすぎて肩がこると頭も痛くなるし、一気にやる気が落ちる

しゃあない寝るか、となって何も生産性がない時間が過ぎていく。

そうすると余計に「自分はダメだ」と自己嫌悪が進んでしまう

肩こりや首こりはけっこうやっかいな魔物なんだ。

実はざびが筋トレで一番効果として求めていたのは肩こり・首コリの解消だった。

マッチョは肩こらないのかは知らないが、少なくとも筋肉があるとこりにくそうじゃん?

どうやら肩や首のこりには僧帽筋っていう筋肉が関係しているらしいので、ざびはそこを重点的に鍛えるようにしている。

まだ正直実感はないが、たしかにパソコン作業をしていても以前に比べてなんとなくこる頻度は減ったような気がする。こったとしても軽い。

6.弱音を吐かなくなる

さっき上げた根性がつくってのに似ているが、弱音を吐かなくなるよ。

だって、すぐ「もうだめだ」ってやっていたら筋肉なんてつかないもん。

筋肉は強力なストレスを与えて、初めて”つく”ものだ

この理屈がすーっと体を通して染みわたってくれば、たとえば、自分のスキルを超えるような仕事を任せられたとしても、頭で納得がいく

「え、なんでオレなの?ムリムリ」じゃなくて「なるほど、負荷を与えて仕事筋をつけるためだな。ありがたい機会」となる。

そう考えると、

究極、人生のすべての課題や悩みは「○○筋をつけるための絶好のチャンス」と肯定することができる

これってすごくないか?世界が変わるぜ。

ただ自分の限界を超えすぎて、心も体もパンクしそうな負荷は気をつけてな。周りに相談して負荷を分散させよう。

筋トレをするときの注意点

筋トレするときの注意点

借金や自己破産でメンタルをやられた人が筋トレする目的はあくまでもメンタルを強くすること、自信をもつことだ

ここでは注意しておきたい2つのポイントを挙げておく。

それを達成するために必要なものは何かを見極めよう。

1.プロテインに頼らない

お金が問題で困っているのにプロテイン買っている場合じゃねえ。当たり前だが。

ピーナッツバターとかも余計といえば余計なので、別に無理して買わなくてもいい。少し小銭が余ったり、趣味の出費だと割り切れるならオススメってだけだ。

ふつうに食べるごはんの中でもきっちりタンパク質や炭水化物をとれば筋肉はつく。

2.器具を使わない

これもプロテインと同じで、器具なんか買っている余力はないはず。

もともと持っているならいいけど。

近所の公園に鉄棒があれば懸垂をやるとか、ペットボトルに水を入れてダンベル替わりにするとかその程度でいい。

今は自重トレといって、自分の体重を利用したトレーニングもたくさん開発されている。腕立て伏せ一つとっても多くのバリエーションがあるぞ。

まちがっても「やるからにはでかいダンベルを買わないと」とか「ジムに入会してから」なんて構えないように。

今すぐ始められるかどうかってのはすごく重要なポイントだ。習慣化しないと意味がないからな

まずは自宅でトレーニングを行って習慣化させていこう。

ざび
ざび
Just Do It!!

まとめ

  1. 筋トレで体を観察していくとセルフイメージが高まる=自信を取り戻せる
  2. 筋トレを続けるとやればできるという継続力や根性(メンタル)が身につく
  3. 筋肉がついて活動的になると自然と気分も上向く。行動すると心が変わる
  4. 筋トレを始めると食事や睡眠について気を配るようになり、体調管理ができる
  5. パソコン作業などが多くて肩こりしがちな現代人に筋トレは有効
  6. 筋トレで弱音を吐かなくなると、人生のすべての問題を肯定できる

キミも筋トレしたくなってきたか?

きたえればきたえるほど、借金とか自己破産とかはおろか、ほかの人生の悩みもきっと吹き飛ぶだろう。

それでもまだ二の足を踏みそうな人は下の本でも読んで脳みそを筋肉に書き換えてみてくれ。

自己破産を誤解していないか?

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全てウソだ。正しい情報を知って、正しい判断をするためにはプロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

オススメ記事:【経験者が断言】自己破産の無料相談はやっておけ

裁判所に直接「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所が答えたってことはつまり、公的な機関が認めた、公式の回答だ。

まずは弁護士に相談、これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題はできるだけ早く解決して、次の生活にエネルギーを向けたほうが立て直しも早くなる。

自己破産したいけど、弁護士に頼むのはすごく敷居が高い

そんな人はWebからの無料診断無料相談をするのがオススメ。

まずは小さな一歩から。気軽にはじめみよう。

オススメ記事:【経験者が断言】自己破産の無料相談はやっておけ