自己破産の知識

【体験したオレが語る】自己破産とは何なのか?世界一わかりやすく解説

自己破産とは?わかりやすく解説
ざび
ざび
チャラーッス!元気か?

どうも、借金チャラ男・ざびだ。

初めましての人のために軽く自己紹介すると、

  • 20代で借金650万円抱え、返すのはあきらめて自己破産
  • その後バイトから正社員に復帰
  • 「ま、なんとかなるさ」と付き合っていた彼女と結婚
  • 2児に恵まれ育児をこなすパパへ

人生V字回復しつつあるって感じだ。

そんな経験をしてきたオレが、

  • ”自己破産って一体何なの?怖くない?”
  • ”だれでもできるの?条件あるの?”
  • ”どうやってやるの?お金いるんでしょ?”

そんな疑問について世界一わかりやすく解説してやるぞ。

関連記事:

自己破産を頼むならどっち?【弁護士VS司法書士】徹底比較

自己破産すると貯金は全額没収?一つのラインは”20万円”

「自己破産はずるい」はウソ。経験者がしくみをわかりやすく解説

自己破産とは”借金をゼロにすること”

自己破産は借金を0にすること

一言で言うと、自己破産は借金をチャラにすることだ。

借りた金が1億だろうが10万だろうが、0になる。返さなくていい。

すごいだろ?

え、ほんとに返さなくていいの?

いいんです!(川平○英風)

とはいえ、その分こっちも手放すものがある。

詳しくはあとで触れるが、自己破産はいわば最後の手段

ざび
ざび
間違っても自己破産する前に死ぬようなマネはするなよ。

自己破産しないで人生オワタとか言ってるのは、ラストエリクサーを使わずに全滅するのと一緒だ。

自己破産のメリット

自己破産の喜ばしいメリット

自己破産をするメリットを箇条書きにしてみたぞ。

自己破産のメリット
  • 借金が0になる
  • 貸した側からの催促が止まる
  • 法律の中できちんと処理されるから安心
  • 7年経てば再び自己破産することができる
  • 変に逃げ続けるよりブラックリストから消える時期が早まる
  • 弁護士などプロに頼めば、相談相手がいるので気持ち的にラク
  • 今より月々の負担が少なるなることが多い
  • ネタになる

どうだ?詳しくはまた別の記事で解説するが、とにかくメリット尽くしだ。

借金で困っているならやらない手はないぞ。

自己破産のデメリット

自己破産の悲しいデメリット

ところがよ、デメリットもある。当然だわな。へへ。

世の中いいことばかりじゃない。いいことだけだったらそいつは詐欺だ。

自己破産のデメリット
  • 現金は99万円残して全部没収
  • 20万円以上の財産は没収
  • 家族の預金も没収されることがある
  • 借金額によっては弁護士費用が高くなる
  • クレジットカードが作れない
  • ローンが組めない
  • 賃貸住宅の入居審査に落ちることがある
  • 借金の保証人に迷惑がかかる
  • 一部の職業に就けなくなる(税理士や警備員など)
  • 闇金からDMが届く
  • 家族や友人に対して気まずくなる??

ワオ、メニーメニーたくさん!

っておい、デメリットのほうが多いじゃねえか!
ざび
ざび
まあ、落ち着け。安心しろ。ほとんどはたいしたことない。

強いて言うなら、めんどうなのは保証人ありの借金かな。奨学金なんかがそうだ。

自己破産すると保証人に払えって請求いくから素直に謝ること。そして、あとからその借金だけ返せばいい。オレもそうした。

ダルいなあって気持ちも分かるが、それをやらないばかりに一生を棒に振るほうがバカらしいぞ。

ざび
ざび
どうせ今払えないものは払えないんだからよ。

あとはなんとかなる話ばかりだ。

自己破産はどれくらいの人がやっている?

自己破産する人々は年間何人いるのか

年間約6万人。多いだろ?これでも減ってきたほうだ。

年齢別でみると

  • 20代・・・6.37%
  • 30代・・・18.15%
  • 40代・・・27.02%
  • 50代・・・21.05%
  • 60代・・・18.71%
  • 70代・・・8.63%

2014年破産及び個人再生事件記録調査(日本弁護士連合会 消費者問題対策委員会)

ちっと前のデータだが、20代で破産するヤツは全体で見ると少ない。単純に上の世代に比べて人口が少ないだけかもしれんがな。

それだけ若いうちは借金を返せる可能性があるのかもしれない。ただ、借金に縛られてどうしようもなく苦しいなら自己破産も選べるというのは知っておいてほしい。

ざび
ざび
オレも苦しくて20代で自己破産した。

自己破産ってだれでもできる?条件は?

自己破産って誰でもできる?rawpixel / Pixabay
自己破産ってだれでもできるの?
ざび
ざび
そりゃ金持ちはダメだぞ。

借金がチャラになる?じゃあみんなやればいいじゃんと思うかもしれんが、そういうわけにはいかない。

以下の場合ちょっと危うい。

自己破産でチャラにするための条件一部
  • たくさん財産を持っている
  • ギャンブルとかで浪費しまくった
  • 特定の人だけに借金を返した
  • 家族など周りの人に金の余裕がある

他にも細かく言えばいくつも条件があるんだが省略する。

でも、この条件に当てはまったとしても、裁判官が大目に見てくれるから諦めるな。

ただし、賠償金や税金の滞納はチャラにはならないぞ。

自己破産したいときはどうすればいい?

どうしたら自己破産できるのか考える女性

じゃあ自己破産したいときはどうすればいいか。

大きく分けて3つ。

  1. 自分でやる
  2. 弁護士に頼む
  3. 司法書士に頼む

ちなみに、実際相談すると、ほかにも任意整理とか個人再生とか手段はいろいろ出てくる。自己破産にこだらなくてもいいんだがここでは省略するぞ。

1.自分でやる

めんどい・・・はい、終了。

手続きにはすんげーたくさんの書類がいるぞ。

用意するのがまず大変だ。何と何をどこで、いつまでに??

書き方もよくわからん。パッと目にしてすぐ書けるものでもない。

んで、裁判所とのやり取りとかもしないといけない。どうやればいいのかチンプンカンプン。

こういった手続きは最高級におカタい。ザ・役所仕事。目がくらくらする。

しかも苦労してがんばってやってみて、書き方・やり方ミスったら借金チャラにならないぞ。

やめたほうが無難だ。

ざび
ざび
オレはおすすめしないぞ。

2.弁護士に頼む

一番ポピュラーなやり方だ。自己破産といえば弁護士。

弁護士に頼んでいいところは丸投げできること。

上で書いたようなめんどうなことはほぼカットしてくれる。

一部用意してくれって言われる書類はあるが、たいしたことはない。

言う通りやればほぼ確実に自己破産=借金チャラに導いてくれる。

ただ、ヤツらも商売だからそれなりに金を要求してくる。

えっ、金なくて自己破産するのに金取るの?
ざび
ざび
当たり前だろ。めんどい手続きを代行してくれるんだからな。

でも金を払う価値があるくらいラクだし安心だぞ。

たいていのところは分割もできるから、今の借金の返済よりラクなようにはしてくれるはずだ。

ざび
ざび
借金は終わりが見えないが弁護士費用は1年弱とかで終わる。

3.司法書士に頼む

最近は司法書士がやるケースが増えてずいぶんと目にすることが多いな。

弁護士と何が違うかって?

弁護士と変わらん。以上。

ま、正確には違いがあるんだが、もう読むの疲れただろ?

ざっくり言えば、弁護士より安いが、やれることは少し限られる。

時間があれば以下も読んでみてくれ。

自己破産した人はその後どうなる?

自己破産後に家族との幸せを叶える人は大勢いる

自己破産した後がスタート

自己破産するとその先も真っ暗だってイメージあるかもしれんが、ホワイ?なんでだ?

自己破産は、これからの人生をやり直すためにあるんだぞ。

もちろんギャンブルなんかは手を出すな。基本、金を借りたりローンを組んだりできないが、甘い言葉で金を貸してくる闇金には絶対近づいちゃいけない。悲惨な目に遭うぞ。

当たり前のことだが、自分の収入以内で出費を抑えて、節約を心がけて暮らしていけば、そのうちまたどんどんラクになって金もある程度使えるようになる。

自己破産したからってずっと貧乏なんてとんでもない。

もう一度ビジネスに挑戦してがんがん稼いでいる社長も多い。むしろリスクをとって挑戦したから破産したんであって、そういうヤツらは何度でもやるんだよな。

そう考えるとリスクって何なの?何回でも挑戦できるじゃん、って思わないか?

ざび
ざび
オレも挑戦する人間になる。こっから野心バリバリ稼いでやるぜ!

逆に、二度三度同じように借金地獄にはまるヤツもいるが、全員が全員そうならない。ふつうはもうやらないと決めてその通りする。ほとんどの人がつつましく生きているんだ。

だって年間6万人だぜ?すごい数だよな。全員落ちぶれるようならそもそも自己破産ていう制度自体やめたほうがいいだろ。

自己破産後も幸せになる方法

二度と失敗しないぞと誓うことができれば、あとは支えてくれる人と一緒になればいい。いわば、”借金もうしません”という誓いの証人を見つけるんだ。

結婚相手でもいいし友人でもいいし親でもいい。最近ならSNSのフォロワーとかに宣言するのもいいかもな。これ、ぶっちゃけネタになるぞ。つらい過去をネタにできればオセロのように借金した過去が人生のプラスになる。

とにかく、周りへのコミットがあるとないとではぜんぜん違う。

オレも借金抱えている頃からワイフ(当時ガールフレンド)に支えられて、絶対幸せにしてやるとここに決め、ここまで過ごしてきた。今はハッピーだ。

一度失敗してもまたやり直せる。いいじゃねえか。

覚えておくといい。日本の法律は案外借金したヤツには優しいんだ。

まとめ

自己破産は借金した人に与えられた権利だ。使えるなら使ったほうがいい。

総合的に見ればメリットのほうがデメリットよりはるかに大きい。

業者からの催促もいっさい来ないし、毎月返済日に憂鬱になることもない。返済のためにATMへ、銀行へはしごしなくていいんだぞ?あるいはネットバンキングで振込処理を何度もやる必要がなくなるんだ。

オレも相当失敗したんだが、今はこうして失敗談や自己破産のことを書けるくらい余裕あるしハッキリ言って幸せだ。

これも自己破産で借金チャラになったおかげだと思っている。

いろいろ書いたが、まず悩んでいるなら相談してみてくれ。オレでもいいが、今は法律事務所やいろんなところで借金の無料相談や無料診断をやっている。一度試してみるといい。

ざび
ざび
キミが1秒でも早く借金から解放されることを祈ってるぜ。

ここまで読んでくれてセンキューな。

関連記事:自己破産を頼むならどっち?【弁護士VS司法書士】徹底比較

キミは自己破産を誤解している

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。正しい情報を知って、正しい判断をするためにはプロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

自己破産を頼むならどっち?【弁護士VS司法書士】徹底比較

 

裁判所に直接「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所が答えたってことはつまり、公的な機関が認めた、公式の回答だ。

まずは弁護士に相談、これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題はできるだけ早く解決して、次の生活にエネルギーを向けたほうが立て直しも早くなる。

自己破産したいけど、弁護士に頼むのはすごく敷居が高い

そんな人はWebからの無料診断無料相談をするのがオススメ。

まずは小さな一歩から。気軽にはじめみよう。

自己破産を頼むならどっち?【弁護士VS司法書士】徹底比較