借金の悩み解決

20代で借金地獄にハマった体験談【自己破産したオレが語る】

20代で借金地獄のオレの体験談

(この記事は2020年5月26日に更新しました)

金子まりお
金子まりお
借金地獄の体験談ってどんなものだろう?

ざび
ざび
借金をくり返してぜんぜん減らない状況だよ。経験したからわかるけど、つらいぞ?

金子まりお
金子まりお
本人はどんな感覚なの?

ざび
ざび
生きた心地しないね。お金のためにひたすら働いている日々。出口がなくて、閉じこまれている感覚かな。

ども、ざび(@dr_zawinul )だ。

27歳のときに借金938万円抱えて、自己破産をした。 

借金地獄は怖いな。

オレも20代で体験したから分かる。

借金地獄とは、

借金返済に追われて、抜け出せない状態」だ。

今回は

  1. 実際の借金地獄の体験談はどんなものか
  2. 借金地獄から抜け出す方法

の二本立てでいくぞ。

恥ずかしい話だが、20代だったオレはなーんにも考えず借金をしてしまいのめりこんでしまった。

そんな赤裸々な体験談を読んで、教訓にしてほしい。

関連記事:実家暮らしで自己破産したときのデメリット5つ【実体験】

20代で借金地獄にハマった体験談【自己破産したオレが語る】

親が借金体質だった

親も借金地獄にハマっていた

ざびの父はデザイナーでバブルの頃はそこそこ稼いでいた。

が、バブルが崩壊する

父の勤めていたデザイン会社も倒産した。

ざび
ざび
ここから転落していくことになる。

母も保険の営業を始めて、共働きとなった。

オレには妹が2人いる。

3人の子供を養うのに相当な出費がかかるよな。

共働きでもお金は足りなかったようだ

父はデザイナーとして働くのは難しく、運送会社や警備会社を転々として収入が安定しなかった。

乗っていた自慢のイギリス車も売り払った。

それでも足りないので母側の祖父母に借金をし、それでも足りない分は消費者金融から借りるという生活だった

ざび
ざび
ざびの母は見栄っ張りでね。そこまで節約はしなかった。

母の死と残された借金

実はここからは書くのがものすごくつらい。

オレは母が大好きだったからさ、悪く書くようで、できれば避けたい。

でも事実は事実だから記しておく。

上にも書いたが、当時首が回らず母はあちこちに借金をしていたんだ。

たとえば、

  • ア○ム
  • 武○士
  • ク○ーク
  • ○ゾンクレジット

今はもう存在しない会社もあるが、あらゆる消費者金融から借りまくっていた

郵便ポストを見ると毎回請求書や催促の手紙が来ていて、大学生になったオレはさすがにやばいんじゃないのと勘づくようになった。

ついに、祖父から受け継いだ家と土地も手放した

祖父は六人兄妹の長男で家筋でいうと本流だったから、

「生家を守らぬとは何事か」と親戚からもクソ叩かれた。

結局借金と人間関係のプレッシャーからか、母は胃がんに倒れる。

そしてまもなく亡くなった。

まだ49歳という若さだった。

で、問題はここからだ。

借金の一部は父名義になっていたので、母が死んだあとも父宛てに請求がきていたんだ。

父はお金のことは無頓着だったから言われるがままに、母に名前を使われていたんだ。

ざび
ざび
お金への無知ってのは怖い。

親の借金の肩代わりからスタート

借金の立て替えの恐ろしさ

父はもともと病気持ちで、オレが学生だったころはなんとかパートをしていたが、とてもフルタイムで働けるような状態ではなかった。

片目がほとんど見えてなくて、デスクワークもできない。

そこで幸い就職が決まっていたオレは社会人になってすぐ、自分の名義で金を借り直し、父の借金は全部払った。

つまり借り換えローンだ。

勤めていた会社の推奨口座が三井住友銀行だったから、三井住友銀行カードローンを使った。

ざび
ざび
全部で100万円弱だったな。

金利も5%ほど安かったから迷わず実行した。

しかし、なかなか返せない。

月1万円ずつなんだが、父や妹の生活費や学費などもある。

祖父母の援助は母の葬式代で底をつき、あとはなんとか自分たちでやりくりするしかなかった。

月100万円ならなんとかなると思っていたよ、当時は。

ざび
ざび
オレも甘かったかな。

仕事でストレスが溜まってたから休日は回転寿司を食べにいったり、一人で旅行にいったり、節約らしいこともとくにしてなかった。

なんとかなるだろうと楽観的だったね。

20代半ばで借金地獄の真っ只中へ

20代がカモにされる勧誘

ところが転機が訪れる。

ふと、「このまま人生普通に暮らしてたらどうなるんだろ。金は大丈夫かな」と考えるようになった。

そこでいろんな情報(勧誘)が目に留まるようになる。

1.ネットワークビジネス

金持ち父さん貧乏父さん」というのが当時めちゃくちゃ流行っていてな。

労働収入で終わるんじゃなくて、不動産やビジネスをもって不労所得を目指そうっていう内容でベストセラーになっていた。

それにはまっていると当時mixiっていうSNS的なコミュニティがあって、そこで「金持ち父さん貧乏父さん」のエッセンスが学べるゲーム会があるっていうから興味本位で申し込んだ。

見事にはめられたよ。

ネットワークビジネスの勧誘だった。

危機感のないオレはそのまま抵抗なく申し込んでしまった。

これが悪夢の始まりだったとも知らずに。

ざび
ざび
まあ自分で決めたことだから100%自分が悪いんだけどね。

このビジネス、仲間(アップ)のランクを上げるために下の誘われた側(ダウン)の自分たちが買い込みをしないといけない仕組みになっている。

グループが主催する各種セミナーに参加するうちに自然とうまーく洗脳されて、商品を買い込んでしまった。

オレは情に弱かった。

少しでも関わると、つい見捨てられず「仲間のために」とがんばってしまう。

ざび
ざび
今思えばムリに買い込むってほんとバカだったよ。

そのうち金が足りなくなり、消費者金融から借りるようになった。

まさに過去の母と同じようにな。

2.高級スーツのセールス

ネットワークビジネスで成功するために必要だよと脅され、ローン契約されたものだ。

オレがあるパーティでビジネスに勧誘できそうな人を探していたら、40代の気さくな女性から声をかけられた。

まさにオレのほうが”カモ”だったわけだ。

そうしたらうまーく乗せられて、事務所に連れ込まれ、強引に契約された。

イタリア製の高級スーツとコートで、その額70万円

契約するまで帰さないと言い張るんだから、何も知らない若造のオレは困った。

契約するしかなかったよ。

契約を迫ってきたのが大柄な元プロレスラーの幹部社員(T氏)で、怖かった。。

ちなみにT氏はその後個人的にもオレから借金をし、のちに自己破産をしている。

ざび
ざび
ほぼヤクザだったな。

今思えばかなり危険なところに足を踏み入れたな。

T氏に脅されるという意味でも地獄だった

3.自己啓発セミナー

自分がネットワークビジネスで成功するために必要だと思い、”自己投資”の名のもとにガンガン自己啓発セミナーへ参加した。

“まあこれくらいなら返せるでしょ”と甘い気持ちでの借金だ。

返せる根拠なんかどこにもないのにな。

もともと勉強するのが好きだったせいもある。

総額で300万くらいしたんじゃないか。

ほぼ分割払いだ。

最終的にクレジットカード代も払えなくなっていった。

関連記事:自己啓発セミナーにハマる人の特徴とは?【ハマった本人が暴露】

20代の欲望はすごい

余談だが、ざびの奥さん(当時彼女)は宝石に目がなくてな。

“アレクサンドライト”というかなーり高級な宝石のペンダントを買ってしまった。

なんと100万円オーバー

もちろんローン払いだ。

ざび
ざび
若いころの欲望ってのはすさまじいものよ。

自力で借金地獄から抜け出せず

会社を辞め、さらに借金地獄へ

ざびの就職先は中堅IT企業で、プロジェクトに配属されてからは残業が多かった。

ネットワークビジネスをするには時間が足らなず、いらだちが出てきた。

オレは本気で(かどうか実際怪しかったが)成功したいと考え、なんと会社を辞めてしまった。

ざび
ざび
今考えればアホとしか言いようがない。

辞めてからは高時給という理由だけでパチンコ屋のバイトとして働き始めた。

まったく仕事も面白くないし向いてなくて怒られっぱなしで自尊心もズタズタよ。

ざび
ざび
タバコが臭くて嫌だったなあ。

それで毎月給料日の帰り道にATMで借金を返済するんだ。

借金は山ほどあった。

  1. アコム
  2. プロミス
  3. モビット
  4. クレジットカード2枚
  5. スーツのローン
  6. 自己啓発教材のローン
  7. 奨学金

月に8万円以上は返しただろうか。

完済などする気がない

ただ言われるがままに最低金額を払っている状態だ。

クレジットカードにいたっては早々と滞納を決め込んだ

そんなお金にだらしない状況だから、案の定ネットワークビジネスも鳴かず飛ばずで稼げる気配がなかった。

あきらめたいが、ここまで時間もお金もかけたし、会社まで辞めたから、引き下がれない。

なかなかやめる決断ができず、ズルズル借金を返すだけの日々だった。

生きるのがむなしくなってきて、地獄だよ。

借金地獄との決別~自己破産へ

弁護士に相談し自己破産

借金地獄からは抜け出したいと思っていたものの、漠然と”オレの人生ってこんなもんかな”と思っていた。

ところが事態は急展開する。

自己啓発セミナーで知り合った保険のセールスマンの人といろいろ話す機会があり、

「ざびくん、今のままだとダメだよ。苦しいままで何も進まない。一度弁護士に相談して借金を整理したほうがいいよ

と強く勧められた。

“成功者はすぐ実行する”と刷り込まれていたオレは、すぐに弁護士事務所に連絡して相談する運びになった。

ざび
ざび
この場面では自己啓発が活きたな。

相談した結果、自己破産を選択することになった。

「おいおい、ホントに借金を払わなくていいの?」

と目からウロコだった。

手続きにはそれなりに準備がいるものの、借金地獄から抜け出せるなら何でもやるつもりだったからね。

数ヶ月後、オレの自己破産は無事認められ、借金がチャラになった。

正直こんなに”ラクになる”ならもっと早くやればよかったと後悔している。

↓まだ弁護士に相談していない人は、弁護士に相談したときの体験談を見てくれ。

自己破産の弁護士選び体験談

自己破産ってよくわからないし、こわいなという人は下の記事が参考になる。

自己破産とは何か?わかりやすく解説【体験者に言わせて】

借金地獄に落ちたら、自力で返すのはあきらめていい

20代借金地獄からの解放

オレは結局借金を返すのをあきらめた。

自己破産をして借金地獄から逃れることを選んだ。

あっけないといえばあっけないんだが、振り返ると正しいジャッジだったと言える。

あのまま借金地獄にいても、将来は見えなかった。

今は結婚もして、子どもたちと幸せに暮らしている。

借金があったら間違いなく結婚できなかったから、今の生活は手に入れららなかっただろう。

ケースによるから、誰にでも自己破産を勧めることはできない。

だけど、弁護士など専門家にどうしたらいいのか相談するのは一度やってほしい。

オレみたいに知り合いや家族とかに話したことがきっかけで解決に進む可能性もあるよな。

ひとりで悩まず、なんならオレにも話を聞かせてくれ

経験した身として何か伝えることができるかもしれない。

ざびツイッター:@dr_zawinul 

ざび
ざび
遠慮なくオレを利用してくれ。

借金地獄から抜け出す方法【4つ】

借金地獄から抜け出す方法

借金地獄から抜け出す方法は4通りある。

  1. 節約する
  2. 債務整理する
  3. がんばって働いて返す
  4. 借金の時効を待つ・逃げきる

結論から言うと、ざびがオススメするのは節約債務整理だ。

順番に一つずつみていこう。

1.節約する

実はこっちのほうがムリなくお金を作れる。

死ぬ気で調べて節約すれば月に2~3万円は浮いてくるだろう

節約をしたあとはメルカリなどで不用品を売って小銭を作っていこう

見直しをするのは以下の項目だ。

  • スマホ
  • キャッシュレス決済
  • 家賃
  • 電力会社
  • ガス会社
  • 保険
  • インターネット回線
  • 美容院
  • 住宅ローン
  • 食費

格安SIMは当たり前

スマホを格安SIMに替えるのは必須

人によっては3大キャリアに比べて月5000円~1万円差がつく。

ざび
ざび
ざびの奥さんはソフトバンクからヤフーモバイルに替えて8000円浮いたぞ。

まだの人は即替えよう。

キャッシュレス決済はキャンペーンを常にチェック

キャッシュレス決済は今とても熱い。

どこもキャンペーンを仕掛けているのだ。

とくにPayPayLINE Payはポイント還元キャンペーンをよくやる。

牛丼屋やコンビニでの買い物がお得になるので、常に情報をチェックして使い分けたい

これだけでも日常の買い物で月数千円単位で節約することができるはずだ。

家賃は引っ越し費用との兼ね合いで

家賃は引っ越し費用もあるので急に下げるのは難しいだろう。

もし一人暮らしで持ち物が極端に少ないのであれば、ボロいアパートにでもいいから引っ越す。

引っ越し費用が家賃の差額で3か月くらいで元とれるならやってもいい。

じゃないと引っ越し費用が負担になってしまって、手間だけかかってしまうことになる。

固定費を減らして食費は最後

まず電気代やスマホ代などの固定費から徹底的に削っていこう

食費を削るのは最後でいい

量を極端に減らしたり、菓子パンとかの安物ばかり食べたりすると健康に悪いからな。

ざび
ざび
食費を削りすぎると体を壊す原因になっちまう。

関連記事:【2020年不景気】借金返済・現金貯蓄を加速させよ。最強の節約ワザ10選

2.債務整理する

さっきも書いたが、一番現実的で効果的なのが債務整理だ

とくに自己破産は借金を全部まとめてチャラにするので一発で借金地獄から解放される

関連記事:【体験したオレが語る】自己破産とは何かをわかりやすく解説

もちろんデメリットもたくさんあるので自分なりに判断してほしい。

たとえば、

  • クレジットカードが作れない
  • 保証人がいる場合に迷惑がかかる
  • 官報に名前と住所が公開される

ただ、借金地獄の苦しみから逃れられるなら以上のデメリットは大したことはないと思えてくる

自己破産をするつもりがなくても、一度弁護士にどんなものか相談してみるのが無難だ

ちなみに、債務整理でどのくらい借金が減らせるのか、今なら無料で確認できる

今スグ30秒で借金減額シミュレーション

ざび
ざび
ざびも自己破産することで借金地獄から復活した。

3.がんばって働いて返す

はじめに言っておくと働いて返そうとするのはオススメしない

身体も心も壊すからだ

借金地獄というからにはふつうに働いては返せない金額だろう。

だから身を削って「死ぬ気で」働いて稼ぐ、という発想になる。

目立った才能がないのなら、時間を使うしかない

つまり、仕事を2つ3つ掛け持ちでやることになる

日中はオフィスで事務作業、夜はコンビニでバイトみたいなパターンだ。

正社員でないのなら日中は時給の高いパチンコ屋コールセンターが候補になる。

今だと人手不足が深刻な土木工事などの建設系も給料は高いぞ。

ざび
ざび
一生懸命やれば重宝されるだろう。

夜働くのならコンビニのほかには

  • 居酒屋
  • ネットカフェ
  • 警備員
  • レンタカーショップ
  • 深夜のコールセンター
  • 工場

などがある。

気合が十分あるならやってみてもいいが、長続きはしないと思ってほしい。

ざび
ざび
ムリしない範囲でやることを絶対守ってくれ。

4.借金の時効を待つ・逃げきる

時効や逃げきりを狙うには、強靭なメンタルが必要だ

借金の時効は民法では10年、商法では5年と決まっている

ところが時効が成立しそうになるタイミングで貸し手が必ず阻止してくるんだ

具体的には裁判所を通して訴訟や支払督促を受けた場合、時効はまた最初からカウントし直し

それから、一部借金を返済してしまうと「返す意思がある」と見なされて、やはり時効が最初からカウントし直しになる

なので実際に時効を成立させるのは難しい。

住所をくらまして逃げ続けるほうがまだ可能性がある。

そして結果的に時効になっていた、というほうが現実的だろう。

住所がわからなければ督促や差し押さえができないからな

ただ、住所不定だと安心した暮らしができないのは覚悟してくれ。

だれかの家に居候したり、住所をごまかせたとしても隠しているだけで常にメンタルに負担がかかる。

ざび
ざび
隠すってとてつもないストレスだよ。

関連記事:意外に知らない?借金の時効が5年とか10年とかあるらしい【返済経験者が解説】

家族が借金地獄の場合

もちろん自分で援助ができればいい。

仕送りするなり、いっしょに住んだりして家族の負担を少なくする。

でも限度はあるよな。

どうしても苦しい場合はやはり弁護士事務所へ相談することを勧めよう

ざび
ざび
自分も家族もムリだけはしないようにしよう。

借金地獄を抜けたあとが大事

借金地獄から抜け出したあとも大事だ。

再び借金をしてしまうと意味がない。

債務整理で借金を減らしたあとは先に挙げた節約を徹底しよう

そして少しでもいいから貯金をして通帳の数字を毎月追っていく

数字が増えていくのはゲームのレベルアップみたいで楽しいぞ

この楽しみを覚えれば次第に貯金のペースも上がってくるだろう。

そしてある程度たまったらガス抜きをしてみる。

好きなものを食べよう。

好きな場所へ旅行へいこう。

恋人や家族にプレゼントを買ってあげよう。

こうやって少しずつ貯めて、少しずつ使っていけば問題ない。

ざび
ざび
貯めるときもムリはしないようにしよう。

20代で借金地獄にハマった体験談【自己破産したオレが語る】 まとめ

  1. 若いころはネットワークビジネスや詐欺、奨学金など、いろいろな要因で借金地獄に陥りやすい
  2. 借金地獄に落ちた人はムリをして返す必要はない
  3. 芸能人で借金地獄に落ちて完済した人もいるが、債務整理した人もいる。共通しているのはあきらめずに前を向いて生きていること
  4. 借金地獄から抜け出す方法でオススメなのは、節約と債務整理
  5. 借金地獄から抜け出したあとは、貯金する楽しみを覚えて”貯金体質”になろう
まだ借金で消耗してるの?

すでに借金をしている人はムリにお金を作るより、いっそ借金を減らす方法を考えたほうがいい

借金を返すために借金をするなんてバカバカしいことはもうしなくて済む。

今なら借金減額ができるのかシミュレーションができるので試してみよう。

ざび
ざび
みんな最初はシミュレーションからはじめるぞ。

サクッと2分で借金減額シミュレーション

関連記事