借金返済

30代が借金から立ち直るためにやること12選

30代で借金をしても立ち直れる
ざび
ざび
ども、ざび(@dr_zawinul )だ。

27歳のときに借金938万円抱えて、自己破産をした。

その後ヒモ生活を経て結婚。2児のパパとして、勤めながらブログを書いている。

30代で借金しているけどこの先やっていけるんだろうか。

そういう不安を抱えている人へ。

結論から言えば大丈夫だ。

30代でこれから子どもの教育費がかかる世帯でも少しずつ貯めていけば十分間に合う

30代は働き盛り。

まだまだこれから副業をするなどして収入をいくらでも上げていける

お子さんがいる人は教育資金が不安だろう。

でも補助金や無償化案も政府から出ているし、意外に出費がかからないなんてことも。

そしてどうしても借金返済が難しければ債務整理をして、借金を減らしていけばいい。

まあ楽観しすぎてもいけないが、悲観するのもパワーが出なくなるからやめておこう

じゃあ具体的にどうすればいいか、30代の今やることを12個挙げてみた。

基本的な方針は「不安なら数字を出す」。

  • 教育費はこれからどれくらいかかるのか
  • 生活費は今いくらかかっているのか
  • 今のペースだと借金を完済できるのはいつ?

とにかく計算をして書き出してみる。

立ち直れる理由も数字で語っていくから参考にしてほしい。

関連記事:

借金はみんなどれくらいあるの?平均額は863万円

借金40万円なら問題なし。どこから借りるのがいいかまとめてみた

会社から借金をするときの注意点と借りられないときの対処法

借金のうまい言い訳はいくらでもあるが、それで解決するの?

借金はメンタルが大事と知る

借金はメンタルが大事

「やってやる!」

とにかくがんばればいのかと言うとそうでもない。

ただ単に気合いで働きすぎたらブラック企業の思うツボだ。

無理すると潰れてしまうから、メンタルとの両立が課題になる

そう、借金はほとんどがメンタルの問題

世の中にはド貧乏だけど、驚くほどあっけらかんと幸せそうにしている人たちがたくさんいる。

なぜだろうか?

「この人生、なんとかなる」

と思っているんだ。

事実、日本では少なくとも飢え死にはしないように設計されている。

ただし、メンタルが正常ならな

気持ちで負けていると事はうまく運ばなくなる。

使える支援や制度があるのに気づかないで自滅していく。

なのでメンタルを整えていくことが重要になるぞ

さらに以下の項目でくわしく書くが、今キミが借金していて不安なら、その不安をもう少しハッキリさせてからにしよう

関連記事:借金を繰り返す3つのパターンと改善する方法【体験談】

30代で借金から立ち直るためにやること12選

30代で借金か立ち直るための行動

1.身の回りを整理する

まず、キミの家を想像してみてほしい。

辺りに脱いだTシャツやビニール袋、チラシ、食べかけのお菓子、ペットボトルなどが散乱していないだろうか。

部屋が整っていないと心も整わない

部屋の状態は思ったより人の心を表しているぞ。

たとえば、服が片付かないなら片っ端から捨てる

もったいない?

じゃあそれなりに価値があると思っているんだろうから、メルカリで売るのもいい。

ちなみにざびは使わない服を1,2着だけ残して捨てる。

残したものは年末の大掃除のために取っておき、雑巾として使っている。

2.教育費を計算する

もしキミにお子さんがいるのであれば教育費が一番頭を悩ませるよな。

教育費はいくらかかるだろうか。

大学は?専門学校は?私立にするか公立にするか?

不安なら調べて書き出してみればいい

参考動画:

たとえば、

  • 小学校(公立)
  • 中学校(公立)
  • 高校(公立)
  • 大学(私立)

だとすれば、大目に見てざっくり合計1000万円

これは一人あたりで、塾代なども含めている。

2人なら2000万円だ。

子どもが2人で、下の子が今2歳なら、大学卒業する残り20年間で2000万円貯めればいい。

年間100万円だな。

月8万円ちょっと

こうしてみると不可能ではない数字だよな。

3.奨学金を活用する

どうしても借金は返したいけど、学費にお金が回らないという人は奨学金を活用しよう。

日本学生支援機構でやっている奨学金は利子も最大3%とかなり格安に設定されている。

大学の学費はほぼこれでまかなえる。

ただし、借りすぎるとあとが大変だからな。

月額12万円まで借りられるが、できれば5万円以下で収めておきたい。

5万円だとしても4年間で240万円にもなる。大金だ。

返す子どもが将来返済で苦しくなる。

だから、奨学金は学費が足りないときの延命措置として一時的に借りている、くらいのニュアンスでいい。

ざび
ざび
余裕があるならキミも奨学金返済に協力しよう。

関連記事:【体験中】奨学金の連帯保証人はキケン。その制度と対処法まとめ

4.副業をする

もしキミが切羽詰まっていないのなら、ブログやYouTube、ツイッターなどで情報発信しながら稼ぐのはあり

広告を貼って宣伝する個人メディアを運営するってことだ。

副業ブログサイトの例

だんだん情報が蓄積されれば検索エンジンやSNSからの評価も高まってたくさんの人に見られるようになる。

結果月に数万円〜数十万円稼げる可能性がある

ただし、成果が出るのに少なくとも1年はかかると思ってくれ

キミが今すぐお金を稼ぎたいと思うのならメルカリで要らないものを売ったほうが早い

ドラクエとかRPGをやったことがある人ならわかると思うが、

買いたい武器があってお金がないときは古い武器やアイテムをとにかく売りまくってスッキリさせる。

それと同じ要領だ。

慣れてきたら価格差があるものを見つけて売る、せどりを本格的にやってみる。

本業以上に稼でいる人もいるくらいだ。

そんなすぐにうまくはいかないが、目標を持ちつつやるのはいいぞ。

5.住宅ローンの借り換え

イオン住宅ローン借り換え

引用元:https://www.aeonbank.co.jp/housing_loan/lp/plan_l.html

30代で家族をもつとマイホームを買う人もいるよな。

数千万円の借金と聞くと倒れてしまいそうだが、住むのにかかる生活費だ。

家賃の分を払っていると思えば「住居費」としてカウントされる。

住宅ローンは借金だが、「早く返さなきゃ」と焦る必要はない。

あまり気にしなくていいだろう。

ただ、節約のために住宅ローンの借り換えは考えてみよう

今払っている金利との差がどれくらいあるか調べてみるんだ

最安のところと1%も差があればチャンス!

うまく行けば月々の負担が1万円近く下がることもある

6.車の見直し

車は維持費がかかるし、新車選びも慎重にやりたい。

できれば手放すのが理想だが、バスや電車で職場に通いきれないなら仕方ないよな。

たとえば最寄り駅から徒歩1時間かかるうえにバスは2時間に1本とか。

ただ、本当に車なしでは無理なのかは一度検討してみてもいい

  • 駐車場代
  • 車検代
  • 自動車税
  • ガソリン代
  • タイヤなどのカー用品代

すべて支払ってもメリットのほうが大きいのか。

最近では走行税も検討されているからな。さらに負担が大きくなるぞ。

7.保険の見直し

ぶっちゃけ保険はいらない。

借金があるならなおさらだ。

保険は借金がなくて、お金の余っている人が念のためやっておくもの。

日々の生活費が苦しいのならまず月々の負担を減らして貯金ないし借金返済をするのが先。

月々1万円以上保険代に消えているとしたら明らかに払いすぎだ。

さっさと見直そう。

ざびはがん家系で心配だから最低限のがん保険は入っているが、それ以外すべて解約した。

保険料は月々5000円程度にしている。

8.食費を”ほどほどに”見直す

食費は一番身近だよね。

できるだけ節約したい。

  • お弁当、水筒を持参する
  • スーパーの値引きシールを待って買う

すばらしい努力だ。

でも一番やってはいけないのが削りすぎ。

食費にこだわるあまり栄養不足になって、病気になっちまったら元も子もない。

しかも食費を懸命に削ったところで効果は知れている。

食費に手をつけるなら固定費を十分見直したあとでいいだろう。

9.格安SIMに変える

格安SIMにしていないなら、即乗り換えよう。

格安SIM:SIMカードというチップを挿してスマホを格安で使えるサービス

格安SIMは聞いたことあるよな?

  • Y!mobile
  • 楽天モバイル
  • UQモバイル
  • mineo(マイネオ)
  • LINEモバイル

このあたりが代表格だ。

人にもよるが格安SIMにするだけで月々3000〜5000円下がるぞ。

だいぶ安くなったが、それでも3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)はぜいたく品。

洋服で行ったらブランド物だ。

しかも格安SIMだからといって使い勝手はほとんど変わらない。

アンドロイド端末ならほぼどれでも使える。

ざびはもともとiPhoneだったがアンドロイドに換えてもほとんど違和感がなかった。

使うアプリはいっしょだし。

アップルブランドにこだわりがなければ真っ先に換えたほうがいい。

というか借金を返して貯金を目指すならiPhoneはいったん手放して格安SIMにするべき。

初期費用0円!格安スマホ【UQmobile】

10.よく寝る

メンタルを整えておくために必要なのが睡眠だ。

どんなに副業をがんばるとしてもやりすぎては体にガタがくる。

20代は無理が効くが30代は体が悲鳴を上げるぞ。

体をケアするならまず寝ること。

毎日8時間は寝たい。

キミが極端な夜型でなければ早寝早起きをして、朝に作業するのが一番効率がいい。

11.運動する

参考動画:

30代になるとガクッと体力が落ちる。

でも年のせいにしてはいけない。

原因は運動不足だ。

定期的に運動することで基礎体力を取り戻しつつ、脳も活性化させて一石二鳥。

メンタリストDaiGo氏も集中力を上げるために運動を勧めている。

ただ、運動は続けないと意味がないからカンタンにできるものから始めよう。

ウォーキングや軽いストレッチでもいい。

とくに筋トレはセルフイメージも高まるし、最もオススメだ。

器具はいらない。

  • 腕立て伏せ(ヒザついてもOK)
  • 足上げて腹筋
  • スクワット

最初はこの程度で十分すぎる。

関連記事:

12.債務整理をする

借金の金額が大きくて、とても完済まで見えない、というなら債務整理をしよう。

10万円ならまだしも500万円を超えたりすると厳しい。

1000万円以上とかのケタ違いで借金している人はおとなしく債務整理をして、というか自己破産してやり直したほうが早いし、オススメ。

債務整理:法的に借金を減らす手続き。任意整理や自己破産などがある。

↓シミュレーションがまだの人はこちらから

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

サラリーマンだと住宅ローン以外で1000万円の借金を返すのはよほとの高給取りじゃないとムリだろう。

まして家族がいれば教育費とかも工面しないといけない。

逆に2、300万円以下ならなんとか返せる水準。

教育費のところで計算したように月々10万円余らすことができれば、借金を3年間で返しきれる。

残りの年数を貯金に使えば間に合うぞ。

  • 節約もがんばった
  • 副業を試してみた
  • 親に援助をお願いした

いろいろ努力した。

「でもどうしても借金が返せない」

「これ以上続けたらおかしくなりそう」

そう思ったら債務整理だ。

たとえば、300万円の借金が、交渉の末100万円になったケースもある。

あるいは全額チャラにすることもできる。

「借金をチャラにするなんてズルくない?人としてどうなの?」

と思うかもしれないが、債務整理は国が認めている制度。

法的にやり直しの機会を与えてくれるものなんだ。何もズルくない。

今のままズルズルと借金を返し続けてもメンタルがやられる。

「苦しくても未来はきっと開ける」っていうのはあくまで健康的な人に当てはまる言葉だ。

メンタルがやられたらどんなにがんばっても生きている意味が感じられなくなる。

人生どうでも良くなる。

するとどうだろう?最終的に心配をかけて家族に一番負担がかかる。

そうなる前に、借金だけでもまず解決しておこう。

キミは精いっぱいがんばったんだから。

まずは専門家に無料で相談してみよう。

ざびも借金で苦しいときに弁護士へ相談して借金をチャラにしてもらった。

おかげで今は結婚もでき、子どもにも恵まれて堂々と人生を楽しんでいる。

借金だけで人生を棒に振る前に、まず一歩だけでも踏み出してみよう。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

まとめ

  • 30代で借金していても十分立ち直れる
  • 借金はメンタルが大事。メンタルを整えるために整理整頓は有効。
  • 子どもの教育費が心配なら具体的な数字を計算してからにしよう
  • 借金の返済と教育費の貯金が間に合うかどうか計画を立てよう
  • 不用品を売ったり副業するなどして収入を上げる方法も考える
  • 固定費の節約も進める。格安SIMはマスト。
  • どうしても借金返済が難しいのなら債務整理をする

自己破産を迷っているなら無料相談してみよう

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。正しい情報を知って、正しい判断をするためにはプロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

裁判所に直接「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所が答えたってことはつまり、公的な機関が認めた、公式の回答だ。

まずは弁護士に相談、これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題はできるだけ早く解決して、次の生活にエネルギーを向けたほうが立て直しも早くなる。

自己破産したいけど、弁護士に頼むのはすごく敷居が高い

そんな人はWebからの無料診断無料相談をするのがオススメ。

まずは小さな一歩から。気軽にはじめみよう。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

関連記事