収益・運営報告

実績ゼロのアラフォーリーマンがブログを1年継続できたポイント

ブログ継続のコツ
ざび
ざび
ども、ざび(@dr_zawinul )だ。

今回は特別企画ということで、ブログを始めたばかりの人に向けて、いままでの経験から継続するコツを一挙紹介しようと思う

その前に軽く自己紹介しておくと、

ざびは27歳のときに自己破産をした。そのときの経験をもとにブログを書いている。

ぶっちゃけ、これまで際立った人生のハイライトがない

  • 営業成績トップ!
  • エンジニアから起業しましたー
  • 資産運用5年やってます
  • 海外旅行25か国制覇
  • イラストなら任せて!
  • ジャズ・ダンス世界3位

みたいな自慢できるような実績はまったくなし

ふつうの大学を卒業した、ふつうのサラリーマンだ。

ま、自己破産をしたのが唯一珍しいのでそれをネタにしているんだがね。

で、2018年の9月からブログを始めてちょうど1年経った。

今まで書いた記事数は165記事(2019年9月25日時点)。

最高月収は3万円だ。

まあ、収益は大したことはないと思う。

が、アクセスも順調だし、ここから必ず伸びると確信している。

そんなざびが送るブログの継続するポイント。

前置きが長くなったが、ここから本題に入ろう。

はじめに言っておくが、ざびが言う継続のポイントで独創的なものはない

どこかで聞いたことがあることばかりだ。

これを読んでも「なるほど、初めて知った!」とはならないだろう。

ノウハウ的なものを期待している人には申し訳ない。

「聞いたことあるよ、それ」と思うだろうからここから先は読まなくてもいい。

ただ、聞いたことのある内容でも伝え方によっては響くかもしれん、人によってはイメージがつかめるかもしれない

そう思って書いた。

何かブログやっているけど続かないかもなーと不安な人に、何かしらきっかけをつかんでもらえたらなと思う。

継続を最優先、効率はあと

まずはじめに、ブログで目指すべきは、

最高効率ではなく、最長継続

これからブログをやる人に捧ぐ言葉だ。っていうか大前提。

基本的には「どうすれば続けられるか」を最重視して、効率は二の次というスタンス

じゃあどうすれば継続するの?って話なんだが、具体的な方法論に行く前に、心構えをみていこう。

ブログの目的はあいまいでいい

ブログは書きたいように書けばいい

特に最初はね。

まず文字を自分で打ち込み、画像を貼り、更新し、それを見てモチベーションを得る

この流れは重要。

一つハードルをクリアしたオレはえらいんだぞ!と自分をほめよう。

テレテレッテッテッテー♪

ドラクエのレベルアップのファンファーレを心の中で鳴らすのだ。

それにWordPressなら、自分の記事がキレイに並べられて眺めるのは気分いい

ハードルはあえて低めにして満足感を味わうのはとても大事なことだ。

ただ、ブログで稼ぎたいと思うのなら、少しは人の役に立つ記事を書かないといけない

自分勝手に書くのは文学作品としてはありかもしれないが、ユーザーのニーズに合った広告を貼って稼ぐブログには向かないからな。

読んでいる人に寄り添ってどれだけ貢献できるか。

でもね、そういうのはあとあとやればいい。

それに慣れてきても自己満の記事は織り交ぜて書くのがいいよ。

じゃないと稼ぐことばかりが気になって、「読者に貢献、お役立ち!」ばかりでは息苦しくなる。

SEOを意識して、キーワード、タイトル、見出し、本文、アイキャッチ、すべて計算してGoogle神にお伺い立てながらブログ運営するってなかなかしんどいよ?

で、結果出ないとくじけるから。

あ、ちなみにこの記事はザビの自己満なんで。いつも以上に文章が散っているのはご容赦を。

繰り返すが、続けたいのなら最高効率は捨てる

ブログ書くのが趣味だっけ?稼ぐためだっけ?くらいでちょうどいい。

やらずにはいられなくなるくらい趣味的に生活へ溶け込ませてしまう作戦だ。

もっと有名なブロガーさんたちの言葉を借りてみよう。

クロネ氏のこの記事がとても参考になる。

ブログを継続したければ、やめたときのみじめさを知る

 

ここで、一つイメージしてほしい。

鉄棒のぶら下がり競争

誰か最後まで手を離さずにいられるかって、アレだ。

ブログはまさに鉄棒のぶら下がり競争

どんどんやめていくから続けたヤツが勝つ世界だ。

ぜっってえ、負けねえ

そう思って鉄棒にぶら下がり続けたんだ。

そしてブログ歴5年・月収100万円の人が”仮想観客”として、こう語りかけてくる。

「さあ、今からキミと同じ時期にブログをはじめる人が数千人いる。

誰が最後までつかまっていられるか、ヨーイ、ドン!

→最初の1週間、順調に進んでるかな?まさかもう下りないよな?

→お、1ヶ月、耐えてるかな?同じ時期に始めた人はもうやめてる人が半分だ。

→いよいよ、3ヶ月、ここ突破すれば習慣化できるぞ!もうはじめから残っているのはキミとあと数人だ。

→もう半年だぞ。そろそろ収益出てくるぞー。

→ついに1年!よくやったな。ブログ更新してるか?ここから爆発するんだぜ。

へ?やめる?

あちゃー、マジで?これ続けたら月収10万円すぐよ?

やめんの?あっそう。

・・・だから言ったでしょ。ブログなんてそんなもんよ。みんなやるやるって言ってね、だいたいの人が途中でやめんの。今まで腐るほど見てきたよ。みーんな勢いは最初だけ。なめてんのよ。しょせんキミもみんなと同じだったね。

ーこんなん言われたらめっちゃ悔しくない?

こんなイメージを頭の中に叩き込んでいる。

急に結果を求めない

ある程度ブログが習慣化したら、次は収益面で不安との闘いがあるだろう。

ブログははじめの数カ月はまったく収益はでない。

ざびは4ヶ月くらいは0だった。数十円とか数百円とかならまだ励みになる。

まったくのゼロだぜ?

最初の数ヶ月はタダ働きだ

でも、あきらめなかった。

ここでのイメージは、仕込んでいる、種をまいていると思えばいい。

手っ取り早く稼ぐならバイトしたほうがいいじゃん。

そのとおり。

小銭を稼ぐならバイトしてくれ。

ブログは事業なんだ。

どんどん収益が拡大していく。

指数関数のグラフをイメージしてほしい。

指数関数的成長グラフ

引用元https://white-circle7338.com/shisuu/

バイトだと同じ労力で同じ給料。しかも働き続けないといけない。

ブログも働き続けるが、働かない”ときでも”お金を生んでくれる

しかも、だんだんその額が増えていくんだ。

ブログをやる最大こメリットはそこにある。

キミもそういう夢ある収入がほしいからブログやりたいんだろ?

じゃあ、最初は辛抱できるよな?

そして、続けようぜ。

やめることをやめさせる一枚の画像

それから、やめることのもったいなさを見事に表した有名な画像がある。

継続することの大事さとやめることのもったいなさを表した一枚

この画像を見て下のあきらめた人になるのはごめんだろ?

あとちょっとでダイヤの山が手に入るのに、本人はそれに気づかず、撤退してしまう。

ゾッとするよな。

人間は本来得をするよりも損をしたくないという欲求が強い

やめるのはデメリットしかない。

自己洗脳しよう。

ブログを継続する3つのコツ

さあ、継続するための心構えがわかったところで、次はもう少し具体的なコツを紹介していこう。

完璧主義は捨てろ

ブログを更新するのはリズムだ。

リズムよくポンポンと記事数を重ねていき、信頼を得ることでだんだんGoogle神からも評価される。

ああだこうだ言いながらブログをリリースしきれず悩むのはリズムを崩す原因になる。

FacebookのCEO、マイク・ザッカーバーグもこう言っている。

完璧を目指すよりまず終わらせろ

細かい文末表現や画像の選定はあとあとリライトして整えればいい。

見直しも最低限でいい。

ざびも一度か二度見直したらすぐリリースする。

「それじゃあ妥協だー」とか変な言葉に惑わされるな。

もちろん、ブログ書くのに慣れてきたら

  • 検索してきた読者に役立つような内容
  • 納得させられるような分量

はしっかりキープするよ。魂を込めて書く。

でも細けえことは気にするなの精神よ。

80点主義でガンガン生産、収益は120点いけばいいだろ?

成果を出すために妥協しなければいい

リズムよくいこう。

数字の動きを楽しむ

最初は収入ないと萎える。

はあ、まだまだ先か。

ほんとにこれで収入でるの?

不安がつきまとう。

そこで、そんな不安を解消するために、役立つのがお金以外の数字だ。

  • アクセス数(PV)
  • 記事更新数
  • SNSのフォロワー数
  • Googleアドセンスの収益

などなど。

数字の解釈のコツは”超楽観モード“。

  • 数字が少ない、低い→「あるある、みんなそういう時期があった、波はある」
  • 数字が大きい、高い→「やべ、オレ成功するんじゃね?」

こういう心持ちで数字を眺めていくと、アクセス数にしろ、アドセンス収益にしろ、だんだん波がありながらも上昇していくから。

イメージは、企業が成長するときの株価だな。

株価のように数字は上がる

オンラインサロンに入る

ブログを今の時期からはじめる人なら、オンラインサロンはもう知っているだろう。

入っている人も多いと思う。

でも、なんのために入っているのか、もう一度よく考えてほしい。

「ブログで成功している人からいろいろ教えてもらえるから」

だいたいの人はこんなふうに思っている。

たしかにそのとおりなんだが、もう少し深く掘り下げていきたい。

オンラインサロンに入る意味は外部の人から意見をもらうこと

つまりダメ出しをもらいにいくんだ。

自分のブログを実績のある人に見せて、

  • 何書いてあるか要点がわからない
  • 分量が足らない
  • そのテーマなら追加でこの情報もほしい
  • 広告のリンクはこの位置に貼ったほうがいい
  • そのジャンル競争激しいからその攻め方は厳しいよ

などなど、自分では気がつかない視点でアドバイスがもらえるのは貴重だぞ。

案外見落としている基本とかも指摘してくれる。

もしそのまま間違った方向に進んでいたらいくらやっても結果がでない。

それに、一度アドバイスを受けたら、恩があるぶん、結果で返そうと自然に思うようになる

くじけそうになっても、「あの人にアドバイスもらったんだから、結果を見せなきゃ」と心がはたらくわけ(情に弱い人は特にそう思うはず)。

「軌道修正」と「コミットする環境」がオンラインサロンの大きなメリットなんだ

「えー、なんか評価されたり、さらし者になるのがイヤだなー」と思うかもしれない。

まあ、その気持ちはわかる。オレもいまだに見てもらうのはドキドキするからな。

ただ、アドラー心理学でも言われていることだが、相手が自分のことをどう思うかは相手の課題で、自分の課題ではないんだ

キミは自分自身がどうなりたいかに集中すればいい

それにみんなたいしてキミのことを気にしていない

仮にサロン上のチャットや掲示板で足りないところを指摘されたところで、だからなんなんだ?

一日経っても気にしているヤツは話題に乗り遅れた人かキミのストーカーくらいだ。

それで正しい方向に進んで、稼げるなら安いじゃないか?

おすすめのオンラインサロン

オンラインサロンは主催者や参加者との相性があるから、ツイッターなどで日頃付き合いのあるフォロワー経由で探すのが無難かも。

ちなみにざびは人生逃げ切りサロンに入っているぞ。

サロンオーナーのりゅうけん氏はブログで月400万稼いでいる猛者。ほかにも月7桁6桁稼いでいる人がうじゃうじゃいる。

もちろん、今からブログをはじめる初心者もたーくさん入っているぞ。

そして今なら大チャンス

人生逃げ切り術を極めたりゅうけん氏はわりとヒマらしいのだ

なのでサロン上でブログのことを質問したらバンバン返信くれるし、最新情報を交えた貴重なアドバイスもしてくれる

2020年中にりゅうけん氏はドイツに移住してしまうので状況も大きく変わる。これまでのように一つ一つ丁寧にアドバイスをくれるかはわからない。

それまでの間にサロンに入ってたくさんアドバイスを受けておいたほうがいいってわけだ。

ブログ継続のため。人生逃げ切りサロン

人生逃げ切りサロンの詳細はこちら

まとめ

  1. ブログの継続のコツは「脱落者のもったいなさ」を知ること、そして何度も刷り込む
  2. 人の意見を気にする人は、逆手に取って外からみじめに言われまいとがんばる
  3. ただし、それだけだともたない。ほかのモチベーションは探しておく
  4. なんのためにブログやるのか、目的はあいまいでいい
  5. 急に結果を求めない
  6. 完璧主義を捨てる
  7. 数字の動きを楽しむ
  8. オンラインサロンに入る