MENU
お金のやりくり

クラウドファンディングで借金を返済する方法と具体例を解説

クラウドファンディングのクラウドは群衆の意味だ
ざび
ざび
ども、ざび(@dr_zawinul )だ。

27歳のときに借金938万円抱えて、自己破産をした。

今回はクラウドファンディングで借金返済をする方法について紹介していく。

突然だが、キミは借金があるか?そして時間もあるか?

両方あるなら朗報だ。

ざび
ざび
おい、知ってるか?ネットで金集めて借金を返そうとしているヤツがいるらしいぞ。

クラウドファンディングってきいたことあるか?オレはなんとなくしか分からなかったぞ。

どうやらネット上で金が集まるらしい。

一体どんな仕組みなのか、分かりやすく解説していく。

今スグ30秒で借金減額シミュレーション

クラウドファンディングってなに?

クラウド「群衆」からファンド(資金調達)する

クラウドファンディングとは、ネット上で「資金くれ」と呼びかけることだ。

もともとクラウドは「群衆」の意味で、宗教施設の修繕費用を集めるために信者からお布施をもらうところからきているらしい。

ざび
ざび
オレも勘違いしてたが”雲”のクラウドじゃねえぞ。

リターンをどう設定するかがポイント

ただし、募金を企画する側は、リターン(お返し)を設定しないといけない。

ま、なんでもいい。企画側が自由に決められる。

たとえば、

  • ダンスパフォーマーなら、パトロン(募金した人)にだけ特別なパフォーマンスを見せる動画や舞台のチケットをあげたり・・・
  • 災害に見舞われて支援が必要な農家なら、育った農産物を配ったり・・・
  • アイディアを持った起業家が資金を集めたいなら、出資した人に特別な配当金を与えたり・・・

などなど。面白いよな。

「特別な動画にアクセスできる権利」「一緒にごはん食べられる権利」みたい”権利系”が流行っていそうだ。

ちなみにふるさと納税もクラウドファンディングの一種だ。

ふるさと納税サイトの代表格:ふるさとチョイス

クラウドファンディングでは数千万の資金集めも夢ではない

クラウドファンディングといえば、絵本「えんとつ町のプペル」の資金集めで実に4600万円以上調達したキングコング・西野氏が有名だろう。

ざび
ざび
ニュースとかでも話題になったから聞いたことあるだろ?

西野氏の著書『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』によると、クラウドファンディングは「信用をお金化に両替するツール」の一つらしい。へえ。

信用があればその分お金に替えられる。逆に信用がないとぜんぜん集まらない。必ずしも有名人だからといってたくさん集まるわけではないんだ。

はてさて、今まで自分は何をしてきたのか、今の”信用度”は果たしてどれくらいなのか・・・

クラウドファンディングで借金を返そうとした例

クラウドファンディングで借金返すためにお金を与える人はいるのか

実際借金を返すためにプロジェクトを立ち上げて金を募った人もいる。

これらはCAMPFIREというクラウドファンディングのサイトから引っ張ってきたもので、現在はすべてプロジェクトが終了している。

例1.「ありえない」開き直りとスペックで勝負

あなたのお金で借金返したい!

クラウドファンディング借金返済例1

引用元:CAMPFIRE

概要:

アラサー独身OL。

奨学金や日々の買い物で借金450万円抱える。

前にほかの人が「人のお金で寿司を食いたい」とクラウドファンディングをしたのを見て思いついた。

人の常識を覆してみたい。

リターン:お礼のメッセージと動画

目標金額:450万円

支援者:3人

到達金額:3万3000円

一人目は開き直った女子っていうネタ要素がある。

カテゴリーも「笑い・ネタ」だからな。

本物かどうかわからないが、顔写真も出している。

そしてアラサー独身OLというスペックがすばらしい。

金を持っているおっさんがホイホイ集まってきそうではないか!

わざとらしい、いやらしいという人もいるが戦略として必要だろう。

ざび
ざび
写真にネコを持ってきているのも何気に「かわいさ」アピールだ。

例2.40代女性のちょっと重たいストーリー

借金完済で人生大逆転を目の当たりにしませんか?

クラウドファンディングで借金返済例2

引用元:CAMPFIRE

概要:

40代独身女性。

親のDV、駆け落ち、結婚と離婚、債務整理

離婚時の住宅ローンと振り込め詐欺で借金512万円負ってしまった。

人生大逆転をお送りするのでその様子を見てほしい。

リターン:現状報告

目標金額:512万円

支援者:4人

到達金額:4万5000円

今度は40代で顔写真もなければ証拠もいっさいない。

ざび
ざび
トーンが真面目すぎて逆に怪しいよな。。

それでも4万円以上集まるから不思議な世の中だよ。

気になるのが、「プロジェクト最後の日」という活動報告の中で、以下のような文章を残していることだ。

一ヶ月前に、プロジェクトを応募して、ご支援とたくさんのご助言をいただいてまいりました。

先が見えない真っ暗なトンネルの中でもがき苦しんでいた私ですが、このプロジェクトを通して腹が決まりました。正直に生きようと思いました。

借金の整理をして、顔を上げて生きていきます。

本当にありがとうございました。

引用元:CAMPFIRE

「借金の整理をして」というのは債務整理のことだろう。

過去に彼女は債務整理をしたとのことだが、任意整理の場合は年数関係なく、再度債務整理をすることができるんだ

とはいえメインの借金は住宅ローンらしいので、そいつを整理したのだろう。

債務整理の中でも自己破産が一番手っ取り早く片付けられる。

ただ一つ問題があって、自己破産をすると住宅ローンはチャラになるが、そのぶん家も手放さないといけない

住宅ローンを払い続けているということは今もその家に住んでいるのだろうか。

彼女がどういう選択をしたのか気になる。

今スグ30秒で借金減額シミュレーション

例3.不運なOLのド直球なお願い

このバカな私をどうか助けてください

クラウドファンディング借金返済例3

引用元:CAMPFIRE

概要:

40歳OL。

騙されて借金500万円負ってしまった。

勤めていた会社も残業が多いので辞め、今はダブルワークで必死に返しているが体力の限界がきた。

どうか助けてほしい。

リターン:感謝の手紙(メール)

目標金額:300万円

支援者:2人

到達金額:8000円

ざび
ざび
すごいよな。さすがのオレも他人の金で借金返すのは思いつかない。

またしてもOLなのだが、みんなOL属性に頼りすぎでは?

まあ、きれいごとは言ってられない。使えるものはなんでも使えばいいね。

でもこの人は時期的に1人目のアラサー女子の二番煎じで、スペックも40歳と少し弱い。

支援額も8000円と不発に終わったと言える。

それでもお金が集まるんだから、やっぱり物好きはいるんだなあと。

自分がクラウドファンディングで借金返すとしたら

オレがやるなら、もう少しストーリー性を持たせて、”今どうしても金が必要”ってところを訴えるかな。もうすぐ結婚や出産を考えているとか。

リターンもよく考えたい。お礼を言うとか単に借金返していく様子を文章にするとかじゃつまらない。

たとえば、

  • ATMで借金返済する瞬間を動画に撮って実況中継し、パトロンに限定公開
  • 30分間、スカイプなどの通話かリアルで話の相手(聞き手)になる権利
  • 行列に代わりに並んだりする”身代わり券”1口につき1回
  • 手作りクッキーをふるまう
  • SNSでパトロンの投稿の拡散用投稿を1口につき3回やる

アイディア次第でどうとでもなる。そう思わないか?

クラウドファンディングで借金返済するときの注意点

希望する金額には届かない

借金を返すのが目的となると、当然目標金額は数百万単位になることが多い

そうでないと目的がウソになるからね。

じゃあ実際どれくらい集まるのかといったら数万円程度だ。

クラウドファンディングでは資金調達で2つの方式がある。

  1. All or nothing 方式:目標金額に到達しないと資金調達もリターンもなし
  2. All in 方式:目標金額に達成しなくても集まった分だけ調達できるし、リターンも行う

最初から数万円程度の資金でも満足するのなら「All in 方式」を選ぼう。

男で募るのは至難の業

今まで見てきた例は全員女性だ。

クラウドファンディングで募るとなると、魅力的なリターンも必要だが、いかに情に訴えるかが勝負になる。

お涙頂戴的な助けてあげたいと思わせられるかどうかがポイントだからね。

男性のパターンはあまり見たことがない。

相当手の込んだ、あるいは斬新なリターンを設定しないと借金返済のためだけに資金を募るのは難しいだろう。

ざび
ざび
借金するようなヤロウにわざわざ支援する人もいないってことか。

今スグ30秒で借金減額シミュレーション

クラウドファンディングに失敗すると借金が増える?

よく

金子まりお
金子まりお
クラウドファンディングでお金を集めること自体が借金じゃないか?

という疑問もあるが、クラウドファンディングは相手への「投資」なので借金ではない

当然利子もない。

ただし、自分のプライベートをある程度さらけだすし、投資してくれた人へのリターンもちゃんと考えないといけない。

まったく何も差し出さずにお金を手に入れられるわけじゃないんだ。

資金だけ集めて逃げるなんてことをしたら、「詐欺師だ」と叩かれ、ネット上に深いキズ跡を残す。

ざび
ざび
今の時代、ネット上でも信用は大事だ。

個人情報の取り扱いに気をつける

支援を受けるには現状を赤裸々に告白する必要がある。

そしてそのためには特定されないまでもある程度の個人情報を流さないといけない。

クラウドファンディングで広くネットに公開されることを考えると、SNSなどと連携している場合、ネット上で付きまとわれる可能性がある。

リターンがあるとはいえ、ハッキリと恩を売ることになるので、最悪それをダシにされて脅されたりもする。

とくに女性の場合はストーカーに細心の注意を払いたい。

クラウドファンディングの可能性

クラウドファンディングの可能性は無限大

ミュージシャンと信用、そして実力

ちょっと脱線するが、オレさ、ジャズが好きでよく聴くんだが、ジョン・コルトレーンて有名なミュージシャンがいてよ。

若手のころドラッグやりまくって金に困ってたんだ。見かねたレコード会社の社長が、契約金としてレコーディングもしてないのに前金をあげたって話がある。

ふつう薬物中毒者にそんな契約するか?しないよな。それだけ才能を見込まれたんだ。あるいはそれまで築いてきた信用があったからお金に替えられたんだ。

コルトレーンはその後ジャズ界の巨人として名を残し、死んだ後の今でもCDが売れ続けているほど影響力のある”カリスマ”ミュージシャンになった。レコード会社としても莫大な利益になっているのは言うまでもない。

クラウドファンディングも信用をお金に替えるという意味で同じだ。むしろ、レコード会社の社長みたいなパトロンを全世界から集められる分、可能性が広がる。

スキルと信用があるなら一度チャレンジしてみよう

金集めがしたいなら一度考えてみるといい。

キミが何かスポーツでも芸術でもプログラミングでも外国語でもなんでもいいが、ある特定の分野のスキルがあるとしよう。

あとは信用がどれくらいあるか。SNSで何百人何千人とフォロワーがいて、応援してくれる仲間がいるならチャンスだ。だれかが才能を見込んでくれるように、もっと外の世界に発信する必要がある。

クラウドファンディングは企画次第でキミへ日の光が当たる。まだ怪しい企画も多いが可能性はあると思うぞ。

もしうまくいって、借金を返せれば自己破産みたいな自体も回避できるかもしれない。

チャレンジしてみて、失敗してもいい。少しでも自分の名前が覚えてもらえれば何かの役に立つ。今のところ、クラウドファンディングに挑戦したってだけで珍しがられるぞ。

まだ借金で消耗してるの?

そうは言ってもクラウドファンディングをやる勇気がないって人はムリにお金を作るより、むしろ借金自体を減らす方法を考えたほうがいい

金子まりお
金子まりお
そんなことできるの?

と思うだろうが、現実にオレもその方法で借金を減らして今こうやってブログを書く余裕までできた。

借金を返すために借金をする、なんてバカバカしいことはしなくて済む。

今なら借金減額ができるのかシミュレーションができるので試してみよう。

ざび
ざび
質問に答えるだけでカンタンだぞ。

今スグ30秒で借金減額シミュレーション

まとめ

やり方次第ではクラウドファンディングで借金を数万~数百万?返せる「かも」しれない。

いずれにしてもクラウドファンディングはこれからもっと広がっていくだろう。ブログやSNSが身近になったようにどんどんハードルが下がっていくと思う。

自分にスキルや信用がありそうなら、一度チャレンジして換金できるのか試してるといい。今の自分の実力も分かる。

ざび
ざび
正直ライバルが少ないうちに仕込んでおくといいかもしれんな。

今の時代、才能や実績、信用がお金に替えやすい。

クラウドファンディングに限らず、SNSやブログなどで発信していくと、思わぬところで助け舟が出たりするもんだ。

金はないが時間はあるというヤツはぜひ試してくれ。

そしてオレに報告してくれるとうれしい。

今スグ30秒で借金減額シミュレーション

まだ借金で消耗してるの?

  • 今月も給料入ったら返済しなきゃ…
  • 返しても返しても元本が減らない
  • 延滞してて催促されるのがストレス
  • 借金を家族に隠しているのに疲れた

これらの悩みはすべて解決できる

すでに借金をしている人はムリにお金を作るより、いっそ借金を減らす方法を考えたほうがいい

借金を返すために借金をするなんてバカバカしいことはもうやめよう。

ざびも実際に使った方法で、借金が劇的に減ることで安心でき、ふつうの生活を取り戻すことができた

まずは借金がどれだけ減るのかシミュレーションできるので、一度やってみてほしい。

ざび
ざび
最初はみんなシミュレーションからやってるぞ。

今スグ30秒で借金減額シミュレーション

関連記事