自己破産の知識

借金40万円なら問題なし。どこから借りるのがいいかまとめてみた

借金40万円なら問題なし。どこからかりるのがベストかまとめ
ざび
ざび
ども、ざび(@dr_zawinul )だ。

借金40万円くらいってどうなの?

初めて借金をする人や学生さんだとわりと大きい金額に思えてくるだろう。

ざびもかつて消費者金融などから借りて、結局自己破産した過去がある。その経験から語っていこうと思う。

この40万円という金額は絶妙なライン。

なぜなら50万円以下なら貸してくれるってところが多いから

これが60万円とかだと、1社じゃ借りれないことも多い。

そうなると2社、3社と渡り歩いて借りることになるから、どんどん返済も滞りやすくなる。

できれば1社でまとめて借金をして、返すのも一か所にしておきたい。

だから40万円てのは枠もギリギリすぎず、返せそうな、いい金額なんだ

何に使うのかは置いておいて、借金すること自体は問題ない

しっかり返済計画は立てるなど、注意点を見ていくぞ。

この記事を読むとこんなことがわかる。

  1. 借金40万円がそんなに負担にならない理由
  2. 借金40万円をしたときの返済計画と注意点
  3. 40万円を借金するならどこがいいか

関連記事:

借金ブロガーしゅうへい氏直伝【はじめての借金注意点】まとめ

【実体験したオレが明かす】借金を返済する本当のコツを伝授

借金を返さないのは罪ではなくて”契約違反”だって知ってた?

借金を繰り返す3つのパターンと改善する方法【体験談】

「100万くらい余裕だと思っていた」経験者が借金の恐ろしさを語る

借金40万円は焦る金額ではない

借金40万円は焦る金額ではない。冷静に

借金が40万円あるのはぜんぜん余裕だろう。

その人の収入にもよるが。

月1万円ずつ返したとして40か月。

3年と4か月で返せるなら、そこまで長期的な負担にはならない。

問題は返済中にお金が足りなくなって重ねて借金をしてしまうことだ

借金が50万円超えるならキャッシング枠に注意

借金の総額が50万円を超えてくると、一つの会社から借りるのがやや難しくなる。

銀行系カードローンとかなら社会人になりたての人でも100万円まで貸してくれるけど、消費者金融だと50万円が一つの限度額になってくるぞ。

そうなると次から次へと消費者金融まわりをしないといけない

一社ならまだ負担は少ないが、2社、3社となると、精神的にもつらくなる。

”多重債務者”として「このままだとやばいな」と自分でも思えてくるんだ。

借金40万円をするならどこがいい?

借金40万円をするならどこがいい

結論から言うと、親からの借金が一番安全安心。金利がないし借りやすいから。

外部から借りるのなら、今だとJ.score(ジェイスコア)がオススメだ。

なぜなら金利が一番安く、スコアが審査を通る最低限あれば、おおよそ50万円まで枠があるからだ。

ただ、スコアを出したり、申し込んでから審査までの時間があったり、めんどうな部分もある。

それぞれケースに応じて次の4つを使い分けてほしい。

親から借りるのが一番

親というのは一番身近で借りやすい存在だ。

一番身近なぶん、甘えてしまって返すのが遅れたり、最悪踏み倒したりする人も多い。

親もそのつもりで貸しているんだろうけど。

でももし親から借金するのなら、なるべく早めに・全額返すことをおすすめする

なぜなら、すんなりと約束どおり返すことができれば、また借りることができるから

しかも無利子

だから親の信用を得るためにも借りたら返すの基本は忘れないでほしい

何度も借りては踏み倒す=金をもらう、を繰り返していると、親もいいけげんにしろと言ってくる。

そして借りられないから仕方なく消費者金融で借金をして、高い金利(18%)を支払うはめになるんだ。

金子まりお
金子まりお
でもさあ、うちは親も病気でお金ないんだよね。
ざび
ざび
親に頼れないならほかを考えるしかない。

親とは仲が悪い、親がお金をもっていないって人も多いだろう。

そういう場合は、外部から借りることも考えよう。

借金をするなら消費者金融が定番

あまりオススメはしないんだが、手軽さでは一番だろう。

審査も比較的通りやすい。

この5社が大手だ。

消費者金融は「サラ金」としてあまりいいイメージがないかもしれないが、大手に関しては法律をしっかり守って対応している。

万が一返せなくなっても取り立てはそう厳しくはない

家に押しかけて怒鳴りこんできたりは絶対ない。

ただ、金利が18%(プロミスは17.8%)とめちゃくちゃ高い。

40万円借金したら、1年で7万2000円も利息を払う計算。合計47万2000円の返済。

返済が遅れたら遅延損害金もかかるからもっとだな。

もし、キミが1年以内にボーナスなり臨時収入なりで50万円入ってくるとわかっているなら40万円を消費者金融から借りるのは十分アリだ。

銀行系カードローンがかつてはベストだった

銀行系カードローンは。かつてはCMをバンバン流していたから知っている人も多いと思う。

  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱UFJ銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン
  • イオン銀行カードローン

金利も14%前後と、消費者金融よりも安い。

また、各銀行のATMで借り入れもできたりするので便利だ

当然銀行系なので、変な取り立てはしてこないので安心できる。

以前であれば、一番金利も安く借りやすい手段だった。

ところが、最近は銀行系カードローンの牙城を崩す画期的なサービスが始まった。

それがJ.score(ジェイスコア)だ。

J.score(ジェイスコア)を使ってみよう

ざっくりとジェイスコアって何かを解説していく(詳しくは下の関連記事をのぞいてみてほしい)。

ジェイスコアは、みずほ銀行とソフトバンクがタッグを組んで作ったスコアレンディング。

スコアレンディング:金融テクノロジーを使って個人のスコア(点数)を計測、スコアに応じて融資を仲介するサービス

ジェイスコアはこのスコアレンディングの先駆け的存在。

今までの消費者金融や銀行系カードローンの場合、審査はブラックボックスで自分の信用力がわからなかったよな。

それに対してジェイスコアの場合、自分自身のスコアがはっきり示されるので、自分がどれくらいの条件で貸付がされるのか、立ち位置がわかるんだ。

能書きはこのくらいにしておいて、実際借りるときの条件がどうかみていこう。

ざびの場合、

スコア 682
金利 11.8%
限度額 50万円

(2019年9月時点)

金利が安いよな。これはもうジェイスコア一択でいいんじゃないかなと思えるくらい。

ただ、スコアが600未満だと信用情報(クレヒス)が良くない限り貸してくれない

クレヒス:クレジットヒストリーの略。クレジットカードの支払い状況やローンの借り入れ状況など信用情報の履歴。CICなどの信用情報機関で保管されている。情報開示請求をすれば自分で見ることもできる。

とにかく、お金を借りたいと思っている人は一度スコアを測ってみるといい。

ジェイスコア公式サイト

ざびは実際ここから50万円借りて、2か月後には全部返せたぞ。

返すめどがあったから安心して借りることもできた。

関連記事:

【体験談】J.score(ジェイスコア)の審査を通して、50万円借りてみた

【スマホでアプリも】J.Score(ジェイスコア)の評判が良い5つの理由

【画像あり】CICに行って自己破産の記録が消えたか確かめてきた

返済が難しいなら債務整理を考えよう

債務整理の基本とメリット・デメリットを解説

借金が40万円を超えたりすると、そこから先どんどん膨れ上がる。止められない人も多い。

ざび
ざび
何を隠そう、ざびもそうだった。

どうしても返済が難しい、この先苦しいと思うなら債務整理に頼るのも手だ。

債務整理:借金を減らす法的な手続き。弁護士にお願いすることが多い。

借金が払えなくて困っている人は大勢いる。

そんな人の負担をどうにか軽くできないものかと考え出されたのがこの債務整理って手続きだ。

法律にしたがって進めるので、ズルでも何でもない。

どんな借金でもたいてい債務整理をすれば減らすことはできるぞ。

ただ人によって条件はちがう。

試しに自分だとどれくらい減らすことができるのかシミュレーションしてみるといい

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

もちろん無料でできるし、弁護士にいきなり相談するよりハードルが低いからおすすめだ。

ちなみに弁護士に相談をするのも無料でできるところがほとんど

最近は債務整理に力を入れている弁護士や司法書士が多いから、親身になって話を聞いてくれるぞ。

ざび
ざび
それだけ債務整理のニーズが多いってことだな。
金子まりお
金子まりお
けっこうみんな使っているんだね。

ぜひ活用してみてくれ。

まとめ

  1. 借金40万円は返せない金額ではない
  2. 焦る必要はないが、これ以上増えないように返すめどはつけておく
  3. 50万円を超えると1社のキャッシング枠などでまかなえきれなくなるので注意
  4. 消費者金融や銀行系カードローンでの借金が定番だが、J.Scoreが優秀なのでおさえておきたい
  5. 借金の返済が苦しくなってきたら債務整理も考える

自己破産を迷っているなら無料相談してみよう

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。正しい情報を知って、正しい判断をするためにはプロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

裁判所に直接「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所が答えたってことはつまり、公的な機関が認めた、公式の回答だ。

まずは弁護士に相談、これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題はできるだけ早く解決して、次の生活にエネルギーを向けたほうが立て直しも早くなる。

自己破産したいけど、弁護士に頼むのはすごく敷居が高い

そんな人はWebからの無料診断無料相談をするのがオススメ。

まずは小さな一歩から。気軽にはじめみよう。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

関連記事