借金返済

【経験者が語る】借金を帳消しにする2つの方法

ざび
ざび
ども、ざび(@dr_zawinul )だ。

27歳のときに借金938万円抱えて、自己破産をした。

  • 借金が多くて気が滅入る
  • もう返せない。そろそろ限界

だから借金を帳消しにしたい

でも、そんなカンタンにいくわけはない。

キミもそう考えているだろう。

かつて鎌倉時代から室町時代にかけては「徳政令」といって政府から借金を帳消しにしてくれる制度があった。

歴史の授業で習ったよな?

金子まりお
金子まりお
そんな時代あったのかあ。
ざび
ざび
今も帳消しの制度はあるぞ。
金子まりお
金子まりお
え?うそでしょ。

借金を帳消しにするには2つの方法がある。

  1. 自己破産
  2. 時効の援用

2つとも国が認めている、借金を帳消しにする制度だ

ただし、時効の援用は難易度が高めなのでオススメはしない

知っている人はだいたい自己破産で借金を帳消しにしている。

もちろん、キミに返済能力があるんなら自力で返すのもありだが。

もう自力では難しいと言ってこのページを読んでいるキミは自己破産を考えたほうがいいかもしれない。

ざび
ざび
くわしくみていこう。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

借金を帳消しにする方法1.自己破産

自己破産やり直しできて都会にいる光景

自己破産とは

破産というのは、「財産を配る」という意味だ。

つまり、キミが借金を返せないなら、債権者に財産を配りなさいってこと。

その代わり借金は帳消しにするよと

金子まりお
金子まりお
え、そんな全財産とられるの?
ざび
ざび
キミが履いた靴下はさすがに取られない。

自己破産をしても、生活するために必要な最低限の財産は残すことができる

ぶっちゃけ、家や車など目立った財産がないなら、取られるものは何もない

どうだ?少しは自己破産のイメージがついてきたか?

自己破産をしても実際あんまり深刻なダメージはない

では次に、自己破産のメリットとデメリットをカンタンにみていこう。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

自己破産のメリット

  1. 借金を帳消しにできる
  2. 債権者からの催促が止まる
  3. ブラックリストから解放される時期が早まる

自己破産のメリットは借金をゼロにできる、この一点に尽きる

ほかはおまけだ。

念のためくわしくみていこう。

1.借金を帳消しにできる

自己破産をする最大の意味は借金をゼロにすること

  • 友達からの借金
  • 消費者金融からの借金
  • 各種ローン
  • クレジットカードの分割払い
  • 家賃の滞納
  • スマホ料金の滞納
  • 奨学金

ぜーんぶまとめてチャラにする

ただし、税金や損害賠償金、罰金、養育費などは対象外だから注意してくれ。

2.債権者からの催促が止まる

自己破産を弁護士に依頼すると、最短その日のうちに催促は止まるぞ

弁護士のほうから

「○○さんの借金の件はワタシが任された。以後ワタシが窓口になる」

と盾になってかばってくれるから安心。

想像してみてほしい。

毎月決まったタイミングで電話が鳴る‥

出るとローン会社からの催促の電話だ。

ていねいに話しているがトーンは決して明るくない。

だって約束どおり返済できていないんだから。

申し訳なさそうに

「すみません、あと数日で給料入るんで、それで返しますから」

とだけ言って切る。

そのうちイヤになり、着信がきても出なくなる…

この一連のやりとりがけっこうストレスになるよな

でももうその催促の嵐はなくなる

それだけでも生活はだいぶ明るくなるぞ。

3.ブラックリストから解放される時期が早まる

あれ?と思う人もいるかな。

自己破産したらブラックリストに載るんじゃない?と。

たしかにそのとおり。

どういうことかと言うと、借金返済を滞納し続けていると、それはそれでブラックリストに載る

新規の借り入れはできなくなるぞ

きちんと返済しているのならいいよ。

でも粘った挙げ句返せずブラックリストに載り、ズルズルいって債務整理となるとそのぶんブラックリストに載り続けることになる

自己破産すれば基本5年間経てばブラックリストから解放される

早めに結論を出して再スタートしたほうがいいってこと。

弁護士に無料相談して再スタートする

自己破産のデメリット

続いてデメリットもみていこう。

ここでは主なデメリットを3つ紹介する。

  1. クレジットカードやローンが使えなくなる
  2. 家や車は没収される
  3. 整理する借金を選べない

1.クレジットカードやローンが使えなくなる

一番わかりやすいデメリットは、新たな借り入れができなくなること

  • クレジットカード
  • 各種ローン
  • スマホの分割払い
  • 銀行からの借り入れ

このあたりはすべてNGだ。

まあ借金をなくしたくて自己破産をするのに、また借金をするってのはあまり考えにくいがな。

中には生活が苦しくてついどこからか借りたくなる気持ちになる人もいる。

そういう人は生活保護を申請してみよう。

自治体から生活に必要な最低限のお金をくれるぞ。

借金がないのなら最低限の生活費があれば十分なはずだ

関連記事:【借金ダメ?】生活保護を受ける条件と自己破産もするべき理由

2.家や車は没収される

上で書いたように、自分の名義で家や車を持っていれば、ほぼまちがいなく没収される

逆に言えば家族名義のものはそのまま残るから安心してほしい。

ただし、自分名義のものを自己破産直前に他人名義に移すのは犯罪だからやめておけ

賃貸に暮している場合は関係ない。

家賃を滞納していないのならそのまま住める。

滞納している場合は、自己破産するときに滞納した家賃分もチャラになるから、そのぶん出ていけと言われるぞ

関連記事:自己破産すると貯金は全額没収?一つのラインは”20万円”

3.整理する借金を選べない

自己破産はすべての借金を平等にチャラにする制度

だから

「この借金だけは義理があるんで払い続けます」

みたいな個別の対応はできない

たとえば、奨学金の場合、保証人がついている人が多いよな。

自己破産をしたら連帯保証人か保証人に請求がいく

本人が自己破産したので代わりに払ってくださいよと。

「えー、それじゃあ保証人に迷惑かかるから奨学金だけは対象外にしたい」

といっても許されないんだ。

自己破産は、「やるからにはぜんぶまとめてチャラにする」

というのは覚えておいてくれ。

ちなみに、保証人に迷惑をかけない方法は下の記事で書いてあるので参考にしてほしい。

【実体験】自己破産しても奨学金は返済することにした

 借金を帳消しにする方法2.時効の援用

借金を帳消しにする方法2.時効の援用

借金を帳消しにするもう一つの方法は借金の時効を待つこと

ただし、難易度は高い

  • 民法では10年
  • 商法では5年

と借金の時効は決められている。

ざっくりいえば、

  • 民法は個人からの借金
  • 商法は貸金業者からの借金

と思えばOK。

でもただ待っているだけじゃダメで、援用という手続きが必要だ。

弁護士や司法書士のような専門家にやってもらうことになる。

実際には借金の時効は、貸金業者から”妨害”があったりして、なかなか成立させるのが難しい

要するに相手が訴えてきたら時効がまた一からカウントされ直しになるんだ。キリがない。

だからあまりオススメできない方法だ。

関連記事:意外に知らない?借金の時効が5年とか10年とかあるらしい【返済経験者が解説】

まとめ

  1. 借金を帳消しにするには、自己破産と時効の援用の2種類がある
  2. 自己破産は法的な手続き。決してズルくはない。
  3. 自己破産は新たな借り入れはできない、家や車を没収されるなどデメリットもある
  4. 借金の時効は個人間では10年、貸金業者から借りたものは5年
  5. 時効の援用は現実的にはやるのは難しい
  6. 借金を帳消しにするなら自己破産がベストな選択

借金を帳消しにしたいならまずは自己破産を考えてみよう。

自己破産をするには実績のある弁護士に相談してみるのが一番安心

今なら無料相談をしているので気軽に連絡をしてみてほしい。

弁護士に無料相談してみる

ざび
ざび
ざびも最初弁護士に相談してから自己破産したぞ。

自己破産を迷っているなら無料相談してみよう

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。正しい情報を知って、正しい判断をするためにはプロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

裁判所に直接「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所が答えたってことはつまり、公的な機関が認めた、公式の回答だ。

まずは弁護士に相談、これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題はできるだけ早く解決して、次の生活にエネルギーを向けたほうが立て直しも早くなる。

自己破産したいけど、弁護士に頼むのはすごく敷居が高い

そんな人はWebからの無料診断無料相談をするのがオススメ。

まずは小さな一歩から。気軽にはじめみよう。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

関連記事