有名人の借金・破産

酒・ドラッグそして借金~生活に苦しんだジャズミュージシャンまとめ

借金に苦しむジャズトランぺッター

実は借金まみれだった!波乱の人生を歩んだジャズミュージシャンまとめ

ジャズってバーで流れるおしゃれでかっこいいイメージの方が多いですよね。でも昔はアメリカ社会で虐げれてきた黒人たちの欲望うずまく危険な世界でした。トップミュージシャンとなれば当然金遣いは荒くて酒を浴びるように飲み、ドラッグに買春なんて日常茶飯事。そんな中でも特に破滅的で借金に苦しんだミュージシャンたちを紹介します。今の日本人からしたらありえないような痛快な人生をとくとご覧あれ。

チャーリー・パーカー


モダン・ジャズの創始者と言われ、アルトサックスの天才的なアドリブ演奏で後世にも多大な影響を残したチャーリー・パーカー。あの泣く子も黙る”ジャズの帝王”マイルス・デイヴィスも若いころパーカーのバンドに加入したときには強烈なキャラクターにビビッていたと言われています。
とにかく破天荒を地で行く生き方で、プレイはとんでもなく素晴らしいのですが、10代のころから麻薬に溺れていました。ギャングからも目をつけられていてレコーディングで得た収入の大半は麻薬に消えていきました。派手な生活で見ての通り大食漢。白人女性を常時3,4人連れて所かまわずやりたい放題で周囲からも苦情がくるほど。車も大好きでしたが後に借金をこしらえるための担保にしてしまいます。
酒とヘロインを大量に摂取したのが原因で34歳という若さで亡くなってしまいます。パーカーの死に顔を見た人からは60歳くらいに見えたというくらい、ひどいを通り越した不摂生で肉体的にボロボロだったようです。
”太く短く”という言葉が音楽家でこれほど似合う人もいないでしょう。

ジョン・コルトレーン


ジャズでテナーサックスの神様と称えられているジョン・コルトレーンもまたドラッグに苦しみました。
20代の後半、ジョニー・ホッジス率いるバンドに加入して精力的に活動していた傍ら、ヘロインを覚えてしまい重度の麻薬中毒になってしまいます。そのほかにタバコや酒にも手を出し、体力はみるみると落ちていきました。
ブルーノートの名盤「ブルー・トレイン」が作られたときのエピソードで、当時お金に困っていたコルトレーンはブルーノートの創始者アルフレッド・ライオンとレコードを出す契約をし、お金の前借りをしたのでした。当然ヘロイン代に充てるためです。
当時のジャズメンはお金の使い道が先に決まっていて、稼いだお金は一瞬で飛ぶという貯金の”ちょ”の字もない浪費っぷりでした。アメリカ経済にとってはなんとも景気の良い話ですが。
ちなみにこの後コルトレーンはは気力と体力を回復し、アルフレッドの約束をすっぽかし別のレコード会社と契約を結んでしまいます。とはいえのちにブルーノートできちんと録音をし、上述の「ブルー・トレイン」が完成。大ヒットして今でも売れ続けコルトレーンの代表作になりました。
コルトレーンは後に内省的な音楽を追求した(小難しいジャズを作り出した?)”求道者”とも言われている人なのでドラッグ三昧が意外な印象ですが当時のドラッグの広まりは凄まじいものだったんでしょう。

チェット・ベイカー


ジャズ界を代表する破滅型アーティスト、チェット・ベイカーです。破滅的な人生というと東の横綱がチャーリーパーカーなら西の横綱は間違いなくチェットでしょう。ちなみにチェットは1952年にパーカーがツアーでロサンゼルスに訪れた時にオーディションで受かり、バンドに参加していて接点があり興味深いです。
上の二人と違い、チェットは白人の色男で、異常にモテてアイドル的な人気もあったというのですがドラッグは人種や境遇は関係なく人を飲み込んでいくようです。ソフトで歌心溢れるトランペットと甘い囁くようなボーカルで西海岸のトップアーティストにのし上がったかと思うと酒とドラッグに蝕まれて、ついには逮捕されてしまいます。釈放後もドラッグをやめられず、ギャングとのトラブルで顔面を殴られ、前歯を完全に折られてしまうのです。トランぺッターとしての”命”である前歯がないことで演奏ができなくなり、かつてのスターは生活保護を受けるまで転落します。それでもなおドラッグを断ち切ることはできなかったというのですから本当に薬物中毒は恐ろしいですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今の我々日本人からするととんでもない奇行ばかりで同情する余地もないです。ただ、こうした一見好き放題にやっているように見えて、実は奥にそれだけ苦悩が隠されていたのかもしれません。ジャズも苛烈な競争社会ですし、地位や名声、恋愛、才能への嫉妬など人を惑わすもに十分な要素があったはずです。
紹介した3人ともジャズ史に刻まれる超大物でみな1950年代前後から活躍している人です。当時の時代がこういう桁外れなスケールの人物を作り出したのかもしれません。

自己破産を迷っているなら無料相談してみよう

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。正しい情報を知って、正しい判断をするためにはプロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

裁判所に直接「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所が答えたってことはつまり、公的な機関が認めた、公式の回答だ。

まずは弁護士に相談、これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題はできるだけ早く解決して、次の生活にエネルギーを向けたほうが立て直しも早くなる。

自己破産したいけど、弁護士に頼むのはすごく敷居が高い

そんな人はWebからの無料診断無料相談をするのがオススメ。

まずは小さな一歩から。気軽にはじめみよう。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

関連記事