借金返済

借金を繰り返す3つのパターンと改善する方法【体験談】

借金を繰り返すのなら生活再建支援カウンセリングを利用する

「また借金してきたのか、いい加減にしろ! 」

家族から言われて、ではなく、自分の心がそう言っている。

なんでこんなことになってしまったんだろう。

自分や周りが借金を繰り返すのに困り果てている・・・

ども、ざび(@dr_zawinul )だ。

かくいうオレ自身も借金を繰り返していた人間だ。

過去に多重債務で自己破産した経験をもとに、少しでも役に立てればと思い、記事を書いた。

基本的に借金を繰り返すのはそう簡単には治らない

ただ、こんな方法で付き合っていけばいいんじゃないかという方向性は示すことができる

参考にしてみてほしい。

関連記事:

20代で借金地獄になったオレの恥ずかしい体験を話す

借金を返さないのは全然アリ。経験者が語るやるべき2つの行動

借金の催促を無視するとどうなる?差し押さえられる前に対策

債務整理と自己破産の違いを経験者がわかりやすく解説

【体験したオレが語る】自己破産とは何なのか?世界一わかりやすく解説

借金を繰り返すのは【癖】か【病気】か【無理解】か

借金を繰り返すのは癖か病気か無理解か

借金を繰り返している人はだいたいパターンは3つにわかれる。

  • 借金する癖がついている
  • 借金依存症になっている
  • 金融の知識がまったくない

このうち、癖や依存症の場合、すぐには治らない。

癖=行動パターンは手放したくない

癖っていうのは行動パターンともいえる。

ほとんどの場合、行動パターンは自分の中で「こうしたほうが心地よい」と感じるままに作られていくもの。

その心地よさは本人は当然手放したくない。

ただ、代わりとなるような快感が自分の中で生まれたとき、自然と手放している、なんてケースはしばしばみられる。

今まで週末は競馬場に行っていた代わりにテニスやサイクリングなどスポーツに夢中になるのがわかりやすい例だ。

ただ、人というのは行動パターンを変えるのはいやがる

毎週末競馬場に行くつもりで仕事や家事を片付け、人間関係もそのような競馬仲間でつながっていたとしたら、全生活を変えていかないといけない。

労力がかかる。

周囲が強い意志を持ってエンロールメント(巻き込み)をしないと変わらないだろう。

下に書いてあるようなカウンセリングを通して、周囲がサポートする体制を整えることが大事だ。

癖を通り越して、「これは病気では?」と疑い始めたら次のステップにいったほうがいい。

借金依存症になったら

借金依存症:借金をしていないといられない状態。買い物依存症やギャンブル依存症などと同時に起こることが多い

病院ではっきりと借金依存症ですと診断された場合はしっかりと外部機関を頼って治していくことをオススメする。

たとえば、

  • 自助グループでステップを踏んでいく
  • 精神科でカウンセリングを受ける
  • 市町村の保健所で相談をする

などいくつか方法がある。

借金依存症の自助グループ→https://kaimonorouhi.jimdo.com/

借金を繰り返すことに特効薬はないと思っていい。

地道に、気長に取り組んていくしかないのだ。

無理解ならすぐ治せる

借金について名にも分からず、「返せばいいんでしょ?」みたいなノリで借りてしまう人がいる。

何を隠そう若かりし頃のざびがまさにそのパターンだった。

アコムとかレイクとか、消費者金融のATMって機械でカンタンにできるじゃん?

「へえ、お金出てきたよー」と感動したもんね。

気軽にバンバン借りてしまって気がつけば返せない金額になってたわけだが。

消費者金融の金利の怖さについて、知らない人に向けて教えておく。

仮にキミがアコムから30万円借りたとしよう。

金利は18%だ。この数字の意味がわかるか?

一年経って返済しなかった場合、借金はいくらになってると思う?

354000円だ。つまり54000円も増えている。

おそらく30万円を用意できずに借りるような人は5万円を返すことすらきつい。下手したら年間5万円返すのもできないかもしれない。

つまり、利息すら払えずに元本はそのまま残る

ということは永遠に利息を払い続け、返し終わることがないってことだ

ざび
ざび
けっこう絶望するだろ?

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

借金を繰り返す根本的な原因を見極める

肝心なのは、なぜその人が借金をするのか、根本的な原因を突き止めることだ。

  • ギャンブルにのめり込んでいる
  • 見栄を張りたくて買い物してしまう
  • 単に借金について知識がなく、軽く考えてしまう

ギャンブルにのめり込んでいる人は、ひょっとしたら本人はやめたいと思っているけど、仲間が誘ってくるから抜けられないのかもしれない。

買い物をしてしまう人はパートナーからのスキンシップが物足りなくて寂しいのかもしれない。

金融の知識がない人なら、きっちり金利の怖さについて教えてあげたら軽々しく借金をしなくなるかもしれない。

それぞれどういう理由が元になって借金につながっているのか、掘り下げていかないと解決はできない。

そのために必要なのがカウンセリングだ。

関連記事:ギャンブルで借金しても自己破産できる理由

対処法1.生活再建支援カウンセリングを利用する

借金を繰り返すのなら生活再建支援カウンセリングを利用する

日本貸金業協会がやっている生活再建支援カウンセリングというのがある。

事例がかなり具体的で参考になるぞ。

生活再建支援カウンセリング事例

https://www.j-fsa.or.jp/personal/trouble/case_consultation/

やはり周囲のサポートが欠かせない。

とはいっても甘やかしてしまってはいけない。

あくまでも精神的に満足させてあげることが大事になる。満足すればお金を使う動機がなくなるから。

ほかにも弁護士会など様々な相談機関がある。

自分に合った人をみつけて相談するといい。

ちなみに各市区町村でも多重債務で困っている人向けの相談窓口があるぞ。

例:さいたま市の市民相談

https://www.city.saitama.jp/001/012/004/p001597.html

借金を周りが立て替えるのは絶対ダメ

母親など周りが立て替えるのは絶対やめよう

とても困って訴えてきた息子の借金を代わりに立て替える。

よくある話だ。

しかし、親として、周りの人間として、立て替えるのは絶対にやめよう

立て替えるのはサポートではない。本人のためにならないんだ。

そうやって返してくれるバックがいるというのは、金貸し業者からすると絶好のカモになる

「もう二度と借金しないよ。約束する」と誓う息子。

残念ながら借金を繰り返す癖があるなら、どんどん借りて前回よりさらに酷い金額を要求されるぞ。

もう借りられない状況にすることが大事だ

上に挙げたカウンセリングもやってみたがダメだった。

じゃあどうすればいいか。

一つ強力な方法があるから紹介しよう。

劇薬で、効果は一定期間でると保証する。

対処法2.債務整理で強制的に借金ストップ

債務整理で借金を繰り返すのを強制的にストップさせる
  • どうしても借金を繰り返してしまう。
  • 自分の意思じゃどうしようもない。

そんな人は債務整理を考えて見よう。

債務整理っていうのは、合法的に借金を減らす方法だ。

関連記事:【経験者が語る】債務整理って?種類別にメリット・デメリットまとめ

たとえば金利だけカットして元本だけ返すよう相手と話し合ったり、すべての借金をチャラにしたりできる。

だがデメリットとして、一定期間ふつうの金融機関では借金がいっさいできなくなる。

今回はそのデメリットを逆手に取って強制的に借金ができない状況にしてしまうということ。

借金が減って、これ以上借金もできなくなる、こんないいことはないだろ?一石二鳥だ。

でも、債務整理は劇薬であって、万能薬ではない。浮かれ過ぎも禁物だ。

とくに闇金には要注意。

もう消費者金融からも借りられない人にそーっと近づいて「キミでもお金貸すよ」と甘い言葉でささやいてくる。

絶対手を出すな。

凄まじい法外な金利を取られて泣くハメになるぞ。

まずは債務整理するかどうかはおいといて、自分がどれくらい借金が減るのかシミュレーションしてみるといい

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

弁護士を雇う費用もあるから、あんまり借金の減る金額が少ないなら損してしまうかもしれない。そのときは考え直したほうがいいぞ。

目安となるのは、借金100万円以上だ。

それくらいないと、弁護士や司法書士の費用が仮に20万円かかったとして、借金の減る額が20万円も行かないケースがあるからだ。

損してまで強制ストップをやりたくはないよな?

逆に言えば数十万円単位の借金を、完済しては借り、と繰り返している人は軽症だといえる。

一度心を持ち直して返すことができているわけだから、返済能力自体はあるわけだ。

返済能力があるなら借金をするのはなんら問題はない

問題なのは返し切る前に繰り返し借金をして、どんどん借金の総額が積み上がってくる場合だ。

借金自体が恐ろしいオバケになってくるから早めに退治しないとメンタルがやられる。家族にも迷惑がかかる。

さっきの借金減額シミュレーションを試してオバケ退治の足がかりにしてほしい。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

関連記事:

債務整理と自己破産の違いを経験者がわかりやすく解説

【体験したオレが語る】自己破産とは何なのか?世界一わかりやすく解説

まとめ

  1. 借金を繰り返すのは癖。それか病気の可能性がある
  2. 借金の怖さが分かっていないだけなら、わかっている人がきちんと教えてあげる。
  3. 借金を繰り返すのをやめたい・やめさせたいのなら根本的な原因をみつける
  4. 借金をすること以外に熱中するものを見つけてみるのも手
  5. 生活再建支援カウンセリングを利用する
  6. 借金の繰り返しをやめさせるには周りのサポートが不可欠
  7. 家族が借金を繰り返しても立て替えるのは絶対ダメ
  8. 債務整理をして、強制的に借金できなくするのも有効

自己破産を迷っているなら無料相談してみよう

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。正しい情報を知って、正しい判断をするためにはプロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

裁判所に直接「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所が答えたってことはつまり、公的な機関が認めた、公式の回答だ。

まずは弁護士に相談、これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題はできるだけ早く解決して、次の生活にエネルギーを向けたほうが立て直しも早くなる。

自己破産したいけど、弁護士に頼むのはすごく敷居が高い

そんな人はWebからの無料診断無料相談をするのがオススメ。

まずは小さな一歩から。気軽にはじめみよう。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

関連記事