借金返済

意外に知らない?借金の時効が5年とか10年とかあるらしい【返済経験者が解説】

借金の時効は10年?

ざび
ざび
おい、みんな聞いてくれ。借金にも時効があるんだ。

かなりの事件じゃないか?借金も放っておいていたらチャラになるのか?

しかし、そう単純ではない。詳しくみていこう。

借金の時効「5年か10年か」問題

借金の時効は5年か10年か

借金にも時効はあるのは確かな事実だ(法律で定められているぞ)。

借金の時効は商法だと5年、民法だと10年だ。

じゃあ5年か10年かって何が違うのか?

貸した人間と借りた人間の種類によって違う。

貸した人間か借りた人間のどちらかが、”事業資金”として、営利目的の”商人”として金の貸し借りをしていたのなら「商事債権」として扱われ、時効は5年だ(商法)。

一方個人間の借金は「民事債権」として扱われるので、時効は10年と決まってている(民法)。

まとめるとこうなるぞ。

貸した側 借りた側 時効年数
営利を目的とした商人 営利を目的とした商人 5年
営利を目的とした商人 個人 5年
個人 営利を目的とした商人 5年
個人 個人 10年

 

ただし、信用金庫ろうきんなどからの借り入れは時効が10年。こういう金融機関は、銀行や消費者金融のような「会社」ではないから民事(民法)の時効の対象と判断される。他には農協住宅金融支援機構なんかも10のほうだな。

あとはオレも借りている日本学生支援機構(旧日本育英会)からの奨学金も「会社」ではないから同じく10年だ。

金貸しを”商売”としてやってないところからの借金なら10年て感じだ。なんだか微妙なラインの話だよな。

だからオレのような消費者金融からも借りていて、奨学金の借金もあるなんていうと時効がそれぞれ違ってくるから管理がややこしくなるぞ。

しかも時効のカウントの仕方も借金ごとで違うんだ。次で解説しよう。

借金の時効はどう計算するのか

借金の時効の計算

借金の時効っていってもどこから数え始めるのか。

カギとなるのは借金の返済期日

返済期日を決めている場合

返済期日が決まっている場合は単純だ。返済期日の翌日からカウントするぞ。

たとえば、1月5日が返済期日とするならば、1月6日から5年間もしくは10年間で時効。

返済期日を決めていない場合

逆に返済期日が決まっていない場合も単純。借りた日の翌日からカウントする。

ざび
ざび
借りた日くらいは覚えているよな?

忘れただと?まあいい。

「どうしても正確に時効をカウントしたいから借りた日が知りたい」っていうなら素直に貸してくれたところに聞くのが一番早いかもな。

ざび
ざび
その代わり相手に感づかれるかもれしれんが。

返済を続けていたら無効

返済期日を決めていても決めていなくても、返済をちょびちょびしていたら、その最後の返済した日から時効は数えるんだ。逆に言うと少しでも返済した瞬間時効は0日にもどってしまうぞ!

返済期日がいつになるか分からない場合

分からない場合はちょっとやっかい。

どういうケースかというと、一応「親が亡くなったら100万円返す」とかなんらかのタイミングで返すと約束しているならばその特定の日の翌日から時効のカウントが始まるんだ。

借金の時効の中断とは

借金の時効の中断とは
5年間バックレていればいいのか!おっしゃ、それくらいならやってやろうじゃん。

ざび
ざび
ちょっと待って!そんな単純じゃないぞ。

借金の時効はあるにはあるが、中断することもある。

すんなり5年間もしくは10年間経過すれば借金チャラになる、なんてケースはほとんどないと思っていい。

じゃあどういう場合中断されるのか。

時効中断ケース1:借金返済を再開してしまう

上に書いた通り、途中で1円でも返したら「返す意思がある」とみなされて、時効もまたゼロからのやり直しになっちまう。

催促に屈したら終わりよ。でも利息はどんどん膨らんで怖いし、ついつい返してしまうのが人間の常。

ここは精神力の勝負といえる。

時効中断ケース2:裁判上の請求

貸した側も黙ってはいない。バックレられて金を回収できないなんて絶対したくないからな。

要は貸した側が裁判所に訴えてなんとかしてくれということ。いくつか種類がある。

1.支払督促

比較的よく知られている時効中断のやり方が支払督促

支払督促・・・裁判所が「キミ払いなさいね」と命令を出すこと。

で、支払督促は簡単な書類上のやり取りなので、たいして重大さが分かりにくいんだ。

だがな、裁判所からのれっきとした命令だから無視すると差し押さえされたり、痛い目に遭うぞ。

支払督促が届いてから、時効は中断される。

でも安心しろ。支払督促の最大の欠点は簡単に「異議」が出せること。

借りた側が届いてから2週間以内に「異議あり」と同封された書類に書いて送れば簡単に無効化できてしまう。あっけないくらい楽勝だ。

だからもし万が一支払督促が届いたらナメられていると思ったほうがいい。きっちり”お返し”してやれ。

2.訴えの提起

いわゆる訴訟(普通の裁判)するぞということ。

訴状が裁判所に提出された時点で時効が中断される。

訴訟となると訴える側も費用がかかるし、長期間になるので、あまりやりたがらない手段。

ただ、消費者金融や信販会社は膨大な数の裁判をやり抜いてきているのでテンプレート(仕組み化)ができていて、専門の部署が淡々とこなしているなんてことも。

かなり低い確率だが借りている額によっては仕掛けてくるかもしれない。

3.調停の申し立て

調停・・・裁判所で話し合うこと。

調停の申し立てをしている最中も時効が中断されるぞ。

上の訴えの提起に比べればハードルも低く、貸した側がやってくる可能性はあると思う。

確定判決が出たら時効最初からやり直し

もし裁判上の請求で和解できなかったりして、最終的に確定判決が出たら、積み上げた時効はゼロからのやり直しになる。

まあそこまでいくかどうかだけどな。

ちなみに、一度裁判で和解して「返すよ」と約束したけどまだ返し切ってないなんて場合は時効の直前になってもう一度裁判を起こすパターンがある。「何が何でも返せ」という執念だな。

時効中断ケース3:差し押さえ

支払督促を無視したり和解したのに金を払わなかったりして約束を破った場合、財産の差し押さえ(強制執行)が行われる。

実は支払督促も本当の狙いは差し押さえなのかもしれない。よくわからず無視するヤツが一定数いるから、そいつらから巻き上げる作戦だ。知識っていうのは大事なんだよ。

で、持ち家なら家そのものが差し押さえの対象になるし、勤めているなら給料が差し押さえられることもある。

このときに時効は中断される

実際借金の時効成立は難しい?

時効の成立は断崖絶壁を登るがごとく難しいのだ
ざび
ざび
ふう、なかなかのボリュームだったな。お疲れさん。

こうやって見ると時効を成立させるのはかなりハードだぜ。貸した奴らも必死になってあの手この手で阻止してくる。

実際裁判所に支払催促や差し押さえなど訴えるのも費用はかかるんだが、それによって回収できる額が大きいんであれば是が非でもやってくるだろう。

だいたいお金を貸して戻ってこないとなると毎月の返済額でも相当な額、つまりまとまった金額を貸しているケースがほとんどだ。

貸した側としても少しでも回収してやらねばという思いからいろいろ手段をとってくるわけだ。

まとめ 借金の時効を待つより債務整理がラク

もしキミが借金をしていて、逃げ切れる自信があっても時効を待つのはおススメはしない

オレはそもそも借金に追われるのがイヤだったから自己破産したんだが、とてもじゃないが精神的にやってられなかった。時効なんて全く思い浮かばなかったぜ。

結局貸した側も妥協はするが、時効を阻止しながら攻めてくる。ゼロよりかは少しでも回収したほうがいいからな。

実際商法でも民法でも借りた側は返さないと罰せられるなんて規定はないんだが、貸した側は契約違反でしょと言い張ってくる。

精神的に安定を求めるなら債務整理(自己破産や任意整理など)を選んだほうがいいっていうのが結論だ。多少費用がかかるものの、催促も止まった中で借金を軽くしたり、チャラにできる。

もし時効成立チャレンジするなら、最後も法的な手続きがあるからな。どちらにしても法律のプロに相談したほうがいいだろう。

 

自己破産を迷っているなら無料相談してみよう

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。正しい情報を知って、正しい判断をするためにはプロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

裁判所に直接「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所が答えたってことはつまり、公的な機関が認めた、公式の回答だ。

まずは弁護士に相談、これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題はできるだけ早く解決して、次の生活にエネルギーを向けたほうが立て直しも早くなる。

自己破産したいけど、弁護士に頼むのはすごく敷居が高い

そんな人はWebからの無料診断無料相談をするのがオススメ。

まずは小さな一歩から。気軽にはじめみよう。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

関連記事