自己破産ライフ

借金があっても結婚する3つの方法

あなたには今お付き合いしている人はいますか?その人と将来を一緒に過ごすと決めているでしょうか?
もし借金をしていて将来のことについて悩んでいたらこの記事はお役に立てるかもしれません。
結論から言うと借金をしていても結婚はできます。
ただし結婚後も円滑に生活していきたいのならポイントを踏まえないといけないと思っています。
今回は結婚について、借金まみれだった私が結婚まで至った体験も踏まえて手順を3点お伝えします。

借金していると何がダメか

そもそもなぜ借金をしていると結婚に支障が出るのでしょうか。

最も大きいのは将来への不安です。信用がないという点です。
あなたの結婚相手や相手の両親は将来についてこの人なら大丈夫という確約が欲しいんです。

もちろんどんなお金持ちでも確約などできませんが少なくとも経済力は一つの基準になります。
結婚した後は日々の家計はもちろん、出産、育児、教育に加え、親の介護、家族のけがや病気など様々な出費が重なります。
私の経験則からしてもお金についての課題をクリアするのは結婚生活の最重要事項です。
お金の問題に日々ぶち当たり、場合によっては喧嘩になったりもします。それで愛情の変化もあります。
要するにお金を発端に暮らしが不安定になるんです。当たり前ですよね。
借金をしていると返すお金で家計を圧迫する、つまり不安定な機会が多くなりますから結婚する相手としては選びたくないです。
それでも希望はあります。借金はあってもこれからをしっかり考えて信用を積み重ねていけばいいんです。

借金があっても結婚する3つの手順

では具体的に借金がある場合どのようにすれば相手に信頼してもらい結婚できるのでしょうか。
これからご紹介します。

1.借金があることを相手に伝える

まず借金があることをなるべく早く相手に伝えることです。
今自分がどういう問題があって、そのために月々これくらいの負担があるというのを包み隠さず伝えます。
結婚した後に言うとトラブルの元になりますので絶対避けましょう。

当たり前のことなんですが中には隠したがる人もいるのでここは念を押しておきます。
隠し事がある夫婦は破綻しやすいです。隠す労力は思いのほストレスになりますし、ばれた時のストレスもお互い半端ではなく離婚の原因になります。
最初から離婚の原因を抱え込むなんてばかばかしくないですか?
結婚を考える前に何でも言い合えるパートナシップを作ることが先です。
相手を本当に信頼しているなら正直に話しましょう。

もしそこで嫌な顔をされたらあなたに対する信頼や愛もその程度だということです。
ただあくまでも現時点での話です。
何度も言いますが結婚を切り出す前にお互いの信頼を高めるようにしてください。
たとえば、二人で過ごす時間をもう少しとってみるとかお互いのことを話してみるとか。

2.将来の資金計画を相手と一緒に考えて実行する

借金のことを打ち明けたら「じゃあどうしよう」を一緒に考えてみてください。
あなたが正直に打ち明けたのなら相手はきっと協力してくれます。相手が経済力があるのなら遠慮なく頼るべきです。
私は実際妻のほうがはるかに稼いでいたのでほぼ頼りきりでした。(正直今もかないません)

仮に相手がお金で直接援助できなくても具体的にどういうプランで借金を返済していくのか、そのために何が必要なのか、すべて一緒に考えてみると将来の設計図がだんだん見えてきます。

整理する項目は以下のようなものです。

・借金の総額はいくらか
・毎月の返済額はどれくらいか
・今のペースだとどれくらいの期間かかるか
・結婚するとしたらどれくらいの費用がかかるのか(式や引っ越し、出産などにかかる費用)
・そのためにお金はどちらがどれくらい工面するか
・臨時収入があるとしたら何にどのくらい充てるか(例えばボーナスは借金の元金に充てて返済期間を短くする)

一人で抱え込むとさらに借金が増えたり感情が悪化したり事態が悪くなることが多いです。
結婚するなら借金問題をいずれ解決するのは大前提です。今以上にお金がかかりますから。
今すぐ完全に解決できなくても道筋は作っておきましょう。

将来を真剣に考えているのなら必ず話し合ってみてください。

3.弁護士に相談する

もし計画を考えてみてよく分からなかったり自分たちだけでは不安な場合、あるいは金額的に返すのが苦しく、精神的に追い詰められそうなときは無理をせず弁護士に相談したほうがいいです。
プランについてはプロなので分かりやすく今後の見通しを立ててくれます。しかも債務整理に実際着手するまで手数料は無料のところがほとんどです。
ただ結果としては債務整理をしてやり直すのが早いですし、ぐっと楽になります。

私も弁護士に相談しました。このままのペースで借金を返していたら時間もかかりすぎるし、職も不安定で精神的にかなり追い詰められていたので。
結果とにかく早く楽をしたいと思い、自己破産を選択しました。
大きな決断でしたが、一気に楽になったおかげで結婚へ大きく前進しました。
当時30歳手前でしたし、子供も考えていたので早めに決断できたことは今思えば本当に良かったと思います。

中途半端に粘ったところで資金計画がぼやけて将来の不安があるままでは結婚はできません。
そもそも資金計画が明確ならここまで借金で困ることもないはずなので。私自身は恥ずかしながらそういうプランニングができてなかったのが大きい原因でした。
一度リセットしたほうが生活の軌道に乗るのも早くなりますので個人的にはお勧めします。

まとめ

借金があっても結婚はできます。
結局のところ結婚の条件は、借金のあるなしより二人の間の信頼のあるなしだと思います。
そのために借金があることをきちんと伝え、今後どうするか真剣に話し合うことが大事です。
そして具体的にプランを決めてください。「二人でがんばっていこうね」みたいなあやふやな精神論は意味がありません。
いつ、だれが、何を、どうやってを細かく書き出すなりして形に起こしてください。
二人で難しいなら弁護士に頼るのが無難です。

面倒くさいかもしれませんが、はっきり言います。
あなたはそういったやるべきことから逃げ続けてきた結果今があるんです。
このまま時間が過ぎれば婚期は遠のくばかりです。相手もいつまで待ってくれるか分かりません。

頼る人は探せばいくらでも出てきますし、債務整理という認められた手段もあるので活用するべきです。
将来の不安を消して、大好きな人との幸せな生活を手に入れましょう。

陳腐な言葉ですが一歩踏み出すことで人生は変わります。本当に。
この記事からあなたの行動が具体的に生まれることを祈っています。

自己破産を迷っているなら無料相談してみよう

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。正しい情報を知って、正しい判断をするためにはプロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

裁判所に直接「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所が答えたってことはつまり、公的な機関が認めた、公式の回答だ。

まずは弁護士に相談、これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題はできるだけ早く解決して、次の生活にエネルギーを向けたほうが立て直しも早くなる。

自己破産したいけど、弁護士に頼むのはすごく敷居が高い

そんな人はWebからの無料診断無料相談をするのがオススメ。

まずは小さな一歩から。気軽にはじめみよう。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

関連記事