借金返済

借金を返さないのは罪ではなくて”契約違反”だって知ってた?

借金を返さないのは罪なのか

友達から借りたお金を返せなかったら、「借金を返さないのは犯罪だ。被害を受けたから警察に通報してやる」と言われた。

こういう経験をした人はいないだろうか。

ふつうに考えて、お金を貸して返ってこないわけだから被害がある。なんらかの罪になりそうな気がするよな。

はたして、借金を返さないと罪になるのか。

答えは、ノー

日本では、ただ単に借りたお金を返さないというだけでは罪にはならない。

しかし、悪質な場合は罪になって警察につかまってしまうこともある

キミに返す意思があったのかどうかがポイントになる。

もし最初から返す意思がなく借りていたとしたらだましたわけだから詐欺罪になるぞ

関連記事:

自己破産で個人間の借金もチャラ。貸した側は丸々損?

借金の催促を無視するとどうなる?差し押さえられる前に対策

20代で借金地獄になったオレの恥ずかしい体験を話す

「100万くらい余裕だと思っていた」経験者が借金の恐ろしさを語る

借金や自己破産で苦しんでいる人は筋トレがオススメな理由

借金を返さないのは罪ではない

借金を返さないのは罪ではない

「借金を返さないと罪になる」というのはウワサにすぎない。

たとえば、友達がざびに10万円を貸してくれたとしよう。

ざびは1年以内に返すと約束。しかし、がんばって返そうとしたがお金がたまらず、1年後に「やっぱりムリだ」と友達に告げる。

友達は怒り狂い、警察に「あいつ、貸したお金を返しません。捕まえてください!」と通報しても動いてはくれない。

なぜか。

日本の法律では、借金を返さないこと自体は何か違反しているわけではないからだ

法律違反じゃない以上、警察が動かないのは当然だよな。

お金の貸し借りは個人間の取り決めであって、法律の問題ではない

こういうときは警察ではなく、裁判所の出番になる。

つまり、「こいつはずるい!どっちが正しいか、公平な判断をしてくれ!」と訴えるわけ。

もしそれで貸した友達が正しいのならキミは払わないといけないだろう。

でもそう簡単に裁判には負けなくないよな。

だからみんな弁護士を雇うんだ。

弁護士なら当時や今の状況を冷静に分析して、借りたほうも仕方がなかったと言い訳を編み出してくれるわけ。

ざび
ざび
ただし、弁護士を雇うとなると費用がかかる。お金のことで争うのにお互いお金のリスクは覚悟しないといけない。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

借金を返さないのは契約違反

整理すると、借金を返さないのは罪ではなくて契約違反になる

じゃあ、契約ってなんだろか。

契約:何らかの権利や義務について取り決めること

あれ?これって要するに法律じゃない?

さっき借金を返さないのはに法律じゃないって言ってたけどどういうことか?

そう、取り決めってのはルール。ルールって法律ともいえるかもしれないが、法律はあくまでも国が決めたルールだ。ここが最大のちがい(くわしくは下の「刑事事件と民事事件のちがい」で解説するぞ)。

だから法律に詳しい裁判官や弁護士が出てくる。でも、少し意味合いがちがう。

  • お互いが納得して作ったルールを破ったら契約違反
  • 日本の法律を破ったら罪

たとえば、

  • 「父が病気でお金が必要」とウソをついて友達からだまし取るのは犯罪(詐欺罪)
  • 友達から「仕方ないから1万円貸してやるよ。来月返してね」と言われた借金を払わないのは契約違反

なんとなくイメージはつかめただろうか?

もし書面で取り決めを行って、署名や捺印としているのなら、訴えたときの裁判でも有効になるだろう。口約束でも音声データなどで証拠があれば契約とみなされる。

ざび
ざび
メールやLINE、チャットの履歴なども強力な証拠になるぞ。

返す気がないのに借金すると詐欺罪に

返す気がないのに借金したら詐欺罪に

ただし、最初から返す気がないのに高額な借金をしたのなら、そいつは犯罪に問われる

いわゆる詐欺罪にあたる。

詐欺罪:人をだまして財産上の利益を得る罪

財産上の利益ってのがポイントだ。

単純にウソをついても、お金が絡まないのなら詐欺罪にはならない。

ただし、金銭に直接絡まなくてもウソをついて罪になるケースは多い。

  • 裁判所や国会で証人としてウソをついた→偽証罪
  • 「この人悪いです」とウソついて警察に話す→虚偽告訴罪
  • 医者や公務員などがウソの書類や証拠を作るのも犯罪

ちなみに、もし「そのウソで傷ついた」といえば、損害賠償請求で争うこともできる。

話を借金にもどそう。

「必ず返すから」とお金を借りて返さない場合、相手としては「必ず返すと言ったから貸した。だまされた」と言い分が通るから詐欺罪になる可能性がある

とはいえ、実際になんでもかんでも詐欺罪にはなるわけではない。

関連記事:

【破産詐欺罪】自己破産するときに車の名義変更をしてはいけない理由

弁護士費用を差し引いても割が合うか

もう一つポイントになるのは被害金額

あまりに小さい金額だと警察もなかなか動いてくれない。

ざび
ざび
本来詐欺に金額は関係ないから警察は動くべきなんだがな。いちいち対応してられないのが実状だろう。

目安となるのは、弁護士費用だ。

詐欺罪の場合弁護士にたのむと、ざっくり30万円くらいはかかる。

訴える側としては、その金額の元を取れるくらいの被害があるかどうかで判断する

一般的に詐欺は立証が難しいと言われている。

現実には警察も動いてくれない、弁護士も高いから頼めないと泣き寝入りするケースが多い。

ところが、集団訴訟をすると、警察も動いてくれやすくなり、弁護士費用も割り勘なので一人当たりの負担が大幅に減る。

たとえば、ネットオークション詐欺で同じ被害を受けた人が30人いて、一人あたりの被害額が5万円だったとする。

すると、弁護士費用は30人で割ればいいから一人あたり1万円で済む

それなら訴訟で勝って被害金額が戻ってくるとしたら、5万円-1万円=4万円はとりもどせる。訴えるには十分なモチベーションになるよな。

最近になってenjinという集団訴訟のプラットフォームもできていて、詐欺罪で訴えられるケースは増えてきているんだ。

まとめると、もしキミが

  • 集団ではなく一対一の貸し借り
  • 借りた金額が30万円以下

ならば詐欺罪でつかまる可能性は低い。絶対ではないぞ。

ざび
ざび
相手がよほど憎悪に駆られて「いくらかかってもいい。なんとしてもあいつには天罰を食らわせてやる」と思っていたら別だがな。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

さまざまな詐欺罪

ちなみに「父の治療費のため」と借りる理由がウソだった場合はどうなるか。

お金を借りたあとウソがバレて「お前だましたな!」と言われて通報されたら詐欺罪になる。

それから、自己破産するときに財産隠しをして、差し押さえ金額を逃れるのも財産上の利益を得ているから詐欺罪にあたる(破産詐欺罪)。

関連記事:自己破産すると貯金は全額没収?一つのラインは”20万円”

刑事事件と民事事件のちがい

刑事事件と民事事件のちがい

さっきから警察が動く犯罪損害賠償請求がでてきてごちゃごちゃになるよな。

ここで2つのちがいを改めて整理しておこう。

  • 警察が動く犯罪:刑事事件
  • 損害賠償請求:民事事件

刑事事件:法律にのっとって刑罰を与える。国家による処罰ともいえる。

民事事件:個人間で生じた争いを解決する。お金がらみがほとんど。

詐欺で刑事事件として訴えられて、裁判の結果有罪判決を受けたら文句なしに「罪」といえる。

だが、お金の貸し借りがこじれて民事事件で訴訟を起こされるのは罪ではないぞ。和解したりもするしな。

ちなみにこの2つはお互いに関係していて、たとえば、貸したお金を返せと民事事件で争っていたら、実は詐欺で刑事事件に発展するケースがある。

ざび
ざび
詐欺になるかどうかっていうのは上に書いた通りだ。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

まとめ

  1. 借金を返さないのは罪ではない
  2. ただし、借金を返さないと「契約違反」で損害賠償請求を受けることはある
  3. 最初から返す気がないのに高額の借金をすると詐欺罪に問われることもある
  4. 訴訟を起こされるのは民事事件。和解したり、どちらかが損害賠償請求を受けるなどして決着をつける。犯罪ではない。
  5. 詐欺罪は犯罪で刑事事件。有罪無罪を決め、有罪なら刑罰が与えられる

自己破産を迷っているなら無料相談してみよう

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。正しい情報を知って、正しい判断をするためにはプロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

裁判所に直接「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所が答えたってことはつまり、公的な機関が認めた、公式の回答だ。

まずは弁護士に相談、これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題はできるだけ早く解決して、次の生活にエネルギーを向けたほうが立て直しも早くなる。

自己破産したいけど、弁護士に頼むのはすごく敷居が高い

そんな人はWebからの無料診断無料相談をするのがオススメ。

まずは小さな一歩から。気軽にはじめみよう。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

関連記事