自己破産の知識

自己破産して5年経過したらクレジットカードを作ろう【体験談】

自己破産後5年経過でクレジットカード作ろう

自己破産して5年経過したらクレジットカードが作れる

そんなウワサをきいたことないか?

実際に5年経過すればわりと多くのクレジットカードは審査が通る

ざび
ざび
ん、待てよ。オレ自己破産して7年経つけどこの前カードの審査落ちたぞ。

そう、例外はやっぱりある。

  • 銀行系のクレジットカードは10年経過しないと作れない
  • 一度借金を踏み倒した経験のあるクレジット会社のカードは二度と作れない(社内ブラック)

こういったいくつかのポイントさえ抑えておけば、再びキミもクレジットカードライフを楽しむことができる。

ひとつずつポイントを見ていこう。

関連記事:

自己破産しても楽天カード持ちのオレが語る、審査通過3つポイント

【体験】自己破産の喪明けにYahoo!Japanカードを作ってみた

【自己破産体験者が語る】クレジットカード審査の真実

【余裕?地獄?】クレジットカードの支払いを滞納してしまったらどうなるか

【画像あり】CICに行って自己破産の記録が消えたか確かめてきた

自己破産して5年経過すればクレジットカードは作れる

自己破産して5年経過すればクレジットカードは作れる。OK

初めに書いたように、自己破産が成立したときから5年間経過すればクレジットカードが使える

なぜ5年なのか。

そもそもクレジットカードを作る仕組みを理解しておこう。

クレジットカード会社で申し込むと審査がある。

審査って何を見るのって思うよな?

実はクレジットカード会社や消費者金融、銀行などお金を貸す会社が消費者の情報を共有する組織がある。

「こいつはやべえから貸すな」って感じ。

そいつがCICなどの信用情報機関と言われるものだ。

信用情報機関:消費者のクレジットカードやローンなどの支払い状況が記録されるところ。支払い済み、あるいは支払い遅れや自己破産などの事故情報が記録される。

この信用情報機関に自己破産の情報(事故情報)が記録されるのが5年間なんだ

つまり、5年経過すれば記録は消えるから審査のときに自己破産のことはわからない、すなわち審査が通るという理屈。

気をつけたいのは、自己破産意外のマイナス情報も記録されてしまうこと

たとえばクレジットカードの審査に落ちたというのはバッチリ記録される

審査落ちの場合は、履歴は6ヶ月残るから注意してくれ。

銀行系のカードは10年経過しないとダメ

ただし、大手銀行が発行している、いわゆる“銀行系”のクレジットカードは10年間記録されるから、5年経過しても作れない

銀行系のクレジットカードの例
  • 三井住友VISAカード
  • MUFGカード(三菱UFJ銀行)
  • みずほマイレージクラブカード
  • JPバンクカード(ゆうちょ銀行)

特に三井住友VISAカードは有名だよな。

ざび
ざび
♪三井住友VISAカード~♪中山エミリがCMしてたな。
金子まりお
金子まりお
ちと古くないか?

ざびもキャッシュバック目当てで申し込んだけどさ、自己破産して7年経ったのに見事落ちたぞ

まあ半年前にほかのカード申し込んだから、履歴が残っていたのかもしれん。

審査が通る通らないにかぎらずクレジットカードの申し込み履歴は6ヶ月残るから、多重申し込みになっちまう。

多重申し込みは「こいつ、そんなにカード作りたいのかよ。相当お金に困ってるな」と思われるから審査が通りにくい

やめたほうがいいぞ。6ヶ月経過してからチャレンジしよう。

自己破産でチャラにしたクレジット会社は何年経過してもNG

自己破産で5年経過しても社内ブラックなら永久にムリ。NO

永久NGの”社内ブラック”を知ろう

いくら5年経過しようが10年経過しようが、作れないカードもある。

自己破産のときに踏み倒したカード会社だ

一度自己破産をくらった会社は

「踏み倒すなんてふざけるなよ。二度とこいつには貸さねえ」

と固く決意する。

だから会社独自にデータベースを持っていて、永久に残しておくんだ。

これが社内ブラックの真相。

あきらめてほかの会社でカードを作るしかない。

二度と作れないっていうから、まじか~。厳しいなあと思う人もいるかもしれない。

でも案外カードってほかのところで作ればなんとかなるぞ。

次の体験談でそのあたりを語ろう。

【体験談】自己破産して5年経過したらカードの審査が通った

体験談。自己破産して5年経過でクレジットカードの審査が通った

関連記事:【体験】自己破産の喪明けにYahoo!Japanカードを作ってみた

クレジットカードの審査はあっさり通る?

ざびが自己破産して7年経過した。

そろそろいいだろうとクレジットカードを申し込んでみたんだ。

そしたら通ったよ。

でも実はプラスに働いた材料があって、その2ヶ月前、Wi-Fiルーターの分割払い契約をしていたんだ

金額にして4万円くらい。

もちろんこの情報も信用情報機関に記録される。

当然カード会社は審査のときに信用情報機関を見るよな?

で、小さい金額でも分割払いの審査が通るヤツだと思われるから審査も通りやすくなるってわけ

キミもカードを作るなら、先に小さい分割払いから始めると、より審査が通る確率が高まる。

Wi-Fiルーターは特殊だが、スマホの分割払いとかはわりとハードル低いから、クレジットカードの前にチャレンジしておくといい。

クレジットカードにこだわりは不要

ざび
ざび
クレジットカードの種類の多さには驚きだぜ。

コラボカードっていろんなのがあるよな。

たとえば、

  • ハローキティ
  • ディズニー
  • ワンピース
  • ガンダム
  • 矢沢栄吉
  • EXILE

なんでもありだ。

「お気に入りのキャラクターとコラボしている限定カードがほしい!だからこの会社じゃなきゃダメ」

って人は仕方ないかもしれない。

でもそのお気に入りのカードを持ったところで更新時期にはまた別のカードにしなきゃいけないんだ。未来永劫持てるわけじゃないからな。

うちのワイフもGLAYの大ファンで彼らがプリントされたJCBのカードをずーっと使っていた。

ところが、更新時期が来て仕方なくふつうのカードに取り換えた瞬間、愛着が湧かなくなって、別のカードに切り替えてしまったぞw

今自分がよく使っているサービスに合ったカードを作っていくのが無難だ

Softbank、Yahoo系のサービスを使っているならYahoo! JAPANカード、楽天系なら楽天カード、といった具合に。

ちなみにざびは今でも楽天カードをメインに使っている。

(楽天モバイルに変えた瞬間、楽天経済圏に取り込まれたんでな。うまいなあ、楽天は)

ざび
ざび
結局キャンペーンとかでお得に作れて、たくさんポイント還元のあるカードにみんな流れていく。

5年経過したら信用情報を確かめてみよう

CIC相談コーナー

関連記事:【画像あり】CICに行って自己破産の記録が消えたか確かめてきた

クレジットカードの審査に使われる信用情報機関がCICだ。

ここの情報さえ抑えておけばほぼ大丈夫。マイナスな情報がなければオーケー。

誰でも情報開示できるから申し込んでみよう。

ちなみにネットだと1000円、営業所に直接行けば500円で情報がチェックできる。

上の関連記事に実際CICから取り寄せたときのレポートがあるから参考にしてみてくれ。

情報の見方とかくわしく書いてあるぞ。

自己破産直後はクレジットカードの代わりにコレを使え

自己破産直後にはデビットカードを使え

自己破産直後はどんなにがんばってもクレジットカードは作れない

今はグーグルやアマゾン、PayPal、アップルなど海外のサービスを使うことも多い。

カードがないと決済できなかったりして不便だ。

そこで、役に立つのがデビットカード

デビットカードは、銀行口座と連結して、決済したら残高から即座に引き落とされるしくみ

足らなかったら決済できないから残高の分だけ。クレジットカードのように後払いではなく、即払い。

だから審査をする必要がないから自己破産をしても申し込める

今挙げたアマゾンやPayPalなどほとんどの決済で使えるぞ。

もちろん国内のサービス、楽天とかのネットショッピングでも使うことができる。

楽天銀行のデビットカードはポイントも貯まるからお得だぞ

ざび
ざび
ふつうはデビットカードってポイント還元ないからな。

まとめ

  1. 自己破産して5年経過すればクレジットカードは作れる
  2. ただし、銀行系のカードは自己破産後10年経過しないと作れない
  3. 自己破産したときにチャラにした会社や同列グループの会社では社内ブラックになる。そのため5年以上経過しても新たな借り入れはできない
  4. 事故情報が消えたか確かめるにはCICなどの信用情報機関で情報開示をする
  5. クレジットカードの代わりに、デビットカードを使おう。審査なしでネットショッピングはほぼ対応できる

自己破産を迷っているなら無料相談してみよう

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。正しい情報を知って、正しい判断をするためにはプロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

裁判所に直接「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所が答えたってことはつまり、公的な機関が認めた、公式の回答だ。

まずは弁護士に相談、これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題はできるだけ早く解決して、次の生活にエネルギーを向けたほうが立て直しも早くなる。

自己破産したいけど、弁護士に頼むのはすごく敷居が高い

そんな人はWebからの無料診断無料相談をするのがオススメ。

まずは小さな一歩から。気軽にはじめみよう。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

関連記事