自己破産の知識

自己破産して賃貸マンションから追い出さるケースと対処法

自己破産後に賃貸に住むときは賃貸保証会社に注意

ども、ざび(@dr_zawinul )だ。

27歳のときに借金938万円抱えて、自己破産をした。

自己破産すると賃貸は追い出されるとしたら大変だ。住む場所がなくなるならそもそも破産しないほうがいいに決まっている。

結論をいうと、家賃の滞納があればアウト。なければセーフ

でも自己破産するとなると、家賃も滞納している人が多いよな。

じゃあ追い出されて路頭に迷ってしまうのか?

あきらめないでくれ。

いくつか対処法があるから具体的に解説していく。

関連記事:

自己破産するとUR賃貸マンションは追い出される?

家賃滞納で自己破産した。保証人への影響はある?

【不安解消】自己破産したらどうなる?3つの軸で総まとめ

【20代実家暮らし】自己破産する5大デメリットまとめ

自己破産しても賃貸なら住み続けられる

自己破産しても賃貸には住み続けられる

自己破産したら家を追い出されるかも。。

と悩んでいるキミ。

基本的に自己破産しても賃貸住宅から追い出されることはない。

大家も知ることがないからな。

ただし、次の2つのケースは危ない。

  • 高額なセレブ的賃貸マンションに住んでいる
  • 家賃を滞納している

あまりに月何十万もするタワーマンションに住んでいる場合、破産管財人が

「お前、そんな贅沢なところ住んでんじゃねえ。マンションのクソ高い家賃払えるくらいなら安いボロアパートに引っ越してそのぶん借金返せや」

と通告してくるかもしれない。

ま、実際そんなに口は悪くないが。

破産管財人:自己破産の申立人の財産を管理・換金する人。

それだけの高額マンションに住めるということはおそらく財産があるはずだから破産管財人がつくケースになる。

贅沢はやめなさいということだわな。

で、問題になるのは家賃の滞納のほうだ。

これは自己破産する人でもかなりの割合でいるんじゃないかな。

くわしくみていこう。

家賃を滞納して自己破産したら追い出される

家賃を滞納していると賃貸マンションから追い出される

家賃を滞納していたら、大家も債権者になるから自己破産した瞬間通知が行く

追い出される目安となるのは3ヶ月分だ。

家賃滞納3ヶ月以上している人は引っ越しを覚悟したほうがいい。

もし実家とか友人宅、恋人宅に転がり込めるならいいが難しい人も多いだろう。

それが難しいのなら、せめて家賃分を払ってくれるように交渉してみるのも一つの手だ。

自分ではなく他人の名義で支払うのなら偏波弁済と見なされず済むかもしれない。

偏頗弁済:一定の債権者に偏って返済すること。ほかの債権者から「そいつだけに返してオレには返さないのか?ずるい」と言われてしまうから禁止されている。破ると、自己破産しても借金がチャラにならない可能性あり。

いやいや、そんなお金払える人なんていないよ、というのなら、

  • 今住んでいるところにいるメリット
  • 自己破産して引っ越したあとの生活のメリット

を比べてみてから決めることをオススメする。

たとえば、都心の格安物件に住んでいて職場も近い、病院やスーパーもあって便利というのなら離れたくないだろう。

とはいえ、借金が返さない身だ。あまり贅沢は言えない。

安いに越したことはないが、少なくとも今よりは安くて不便なところに引っ越すことにはなるだろう。仕方がない。

となると、あとは自己破産してどれだけ不便になるか、だけが心配だな。

駅から遠いとか、不便さはある程度仕方ない。

それより借金から追われることがなくなる、生活が立て直せるというのなら悪くない。

今のままで催促の電話や手紙がわんさか来るストレスから解放されるのと、離れたことで通勤や買い物が不便になるストレス、どちらがおおきいのか、胸に手を当てて考えてみてほしい

おそらく前者のほうが大きいという人が大半ではないかな。

運良く安めの物件が今と同じエリアにあれば、そして審査が通れば万々歳だわな。

そして、引っ越しをすると環境がガラッと変わってリフレッシュ。心機一転がんばろうって気持ちになるぞ

よし、今までとは違う人生にしてみようと決意が固まったらひとまず追い出されることは承知で自己破産してみる。

あとのことは下に書いてある方法で賃貸へ引っ越すことだ。

関連記事:

【体験談あり】親の自己破産が子どもに与える影響まとめ

【体験レポート】業者に自己破産を暴露した結果、妻単独で住宅ローン組むことに

自己破産後に賃貸へ住むときは賃貸保証会社に注意

自己破産後に賃貸に住むときは賃貸保証会社に注意

賃貸に住むには連帯保証人をつけるのが一般的だが・・・

賃貸マンションに住もうとして契約するときに条件がある。

家賃を払えないときの保証だ。

本人が払えない状態になったとき、家賃を払ってくれる見込がないとオーナーは困る。

だから、賃貸に住むときは「私が払えなくてもこの人が払います」っていう人質を用意しないといけない。

ふつう、保証の立て方は2種類。

  • 連帯保証人をつける
  • 保証会社をつける

連帯保証人はたいてい親。それか兄弟姉妹、親戚がなってくれるだろう。

で、問題になるのは連帯保証人がいない場合だ(親がいても高齢だったり収入がない人だと難しい)。

賃貸(家賃)保証会社とは

そこで登場するサービスが賃貸(家賃)保証会社だ。

保証会社ってざっくり言うと、お金を払って保証人になってくれる。

保証料は1年で賃料50%〜100%が多い

家賃8万円なら4万円〜8万円が1年(もしくは2年)ごとに必要になってくる。

決して安くはないが持ち家が没収されて住むところがない以上、自己破産した人にとってはありがたい。

ところが、この保証会社、当然誰でも保証をしてくれるわけではない。

恐怖の審査があるよ。

過去に自己破産した記録があるならバッチリ見られる。

自己破産した記録は5年残るからな。

じゃあ自己破産経験者は賃貸に住めない?どうすればいいのか。

民間系の保証会社に頼もう

民間の保証会社だと信用情報機関に加盟していないところもある。つまり自己破産した記録は見られない

たとえば、日本セーフティー全保連などがある。

民間系の保証会社かどうかの見分け方は、

  • 全国家賃保証業協会
  • 賃貸保証機構

のどちらかに加盟してい会社だ。

加盟しているかどうかは会社のホームページでチェックだ。

会社概要の「加盟団体」とかに載っているぞ。

関連記事:家賃滞納で自己破産した。保証人への影響はある?

【体験談】パートナーに頼んで賃貸契約

パートナーに頼んで賃貸契約してもらう【体験談】

ざびの場合、自己破産する前後に同棲していた彼女(今のワイフ)がいた。

ヒモ同然で転がり込んできたから、当然彼女名義のマンションだ。

新たに結婚して住むことになったマンションも当然彼女名義

そして保証人は彼女のダディだ。

完璧すぎるプランだろ?

なに?なぜ男が契約しないか不審がられる?

オーケー。ざびの場合、マミーは病気でヘヴン、ダディも病気でノージョブ・ノーマネーだったから保証人になれる人がまわりにはいなかったのよ。

苦労しているんだなっていう家庭環境を向こうの両親も認めてくれていたんだ。

実に自然だろ?まあ事実だからな。

もし、キミの両親がピンピンして、バリバリ仕事もしているのなら、彼女に契約だけしてもらい、保証会社をつけるってパターンでもオーケーだ

万が一義理の両親に彼女名義の契約だとバレたら

  • 食費や光熱費などほかの生活費は僕が払って分担している
  • 家賃の引き落とし口座の銀行が指定れていて、彼女のもっている銀行口座がピッタリだった
  • 家賃の引き落としを彼女の銀行口座でやると、〇〇のポイントがたまって有利

などと言い訳を準備しておけば問題ない。

キミにもパートナーがいたらぜひ相談してみてくれ

信頼関係があるなら同居したり、名義を使ってくれることも快く引き受けてくれるはずだ。

関連記事:【体験談あり】連帯保証人とは合法的な”人質”である

まとめ

  1. 自己破産しても賃貸住宅から追い出されることはない
  2. ただし家賃を滞納していたら、追い出される。目安は3ヶ月分。
  3. あまりに高額な賃貸に暮らしている場合、退去しろと管財人に言われることもある。
  4. 自己破産した人は新たに賃貸で契約しようとしても保証会社の審査が通らないことがある。
  5. 自己破産者でも借りやすいのは、民間の保証会社。必ず会社はチェックしよう

今の借金が減るかも?まだシミュレーションをやっていない方はこちらもチェック:

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

自己破産を迷っているなら無料相談してみよう

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。正しい情報を知って、正しい判断をするためにはプロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

裁判所に直接「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所が答えたってことはつまり、公的な機関が認めた、公式の回答だ。

まずは弁護士に相談、これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題はできるだけ早く解決して、次の生活にエネルギーを向けたほうが立て直しも早くなる。

自己破産したいけど、弁護士に頼むのはすごく敷居が高い

そんな人はWebからの無料診断無料相談をするのがオススメ。

まずは小さな一歩から。気軽にはじめみよう。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

関連記事