MENU
自己破産

自己破産ができないケースまとめ

自己破産できないケースまとめ
ざび
ざび
ども、ざび(@dr_zawinul )だ。

27歳のときに借金938万円抱えて、自己破産をした。

自己破産ができないケースってあるのか、と聞かれることがある。

基本的には自己破産は最終手段だから「できないケース」は少ない

もちろん例外はあるけどね。

たとえば、借金が50万円くらいとかだと自己破産できない。少なすぎるんだ。

じゃあどれくらいからできるのかというと、100万円がひとつの目安。

ほかの例外も解説していくので心配な人は目を通していってほしい。

関連記事:

【経験者が解説】自己破産の免責ってなに?チャラにならないの?

自己破産できないケースは3種類

自己破産できないケースは3種類

自己破産できないというのは大きく分けて3つに分かれる。

  1. 借金が少なすぎて自己破産できない
  2. 自己破産の申し立てが却下される
  3. 自己破産自体はできるが、免責許可がおりない

それぞれ説明していこう。

1.そもそも借金の額が少ない

一般的に借金総額が100万円以下だと自己破産はできない。

「それくらいなら3年くらいで返せるでしょ」と追い返されてしまうんだ。

月数万円で3年で返せる額っていうのがひとつ基準になっている。

ただ、これもケースバイケースで、収入が極端に低い貧困家庭だと認められるケースもある

たとえば、毎月収入が10万円しかないなら食費や家賃を引いて、そこから3万円を返済に充てるのは難しいからね。

2.自己破産の申し立てが却下されるケース

破産手続きの申し立てが却下される、つまり門前払いされてしまうケースがある。

言うまでもないが、申立書自体に不備があった場合、決められた期限内に直して提出しなければ却下されるぞ。

それ以外での却下の理由は以下の3つのどれかだ。

  1. 破産手続き費用の予納金が払われていない
  2. 不当な目的で申し立てをされたとき
  3. その他申し立てが誠実にされたものでないとき

実際にあった却下の判例が参考になるので示しておこう。

判例1.

債権者側が威嚇して、債務者から財産を取るために強引に破産申立をしてきた。

これは「申し立てが誠実でない」例だ。

「債権者が」ってのはわかりづらいと思うが、要は「貸し手から自己破産を申し立てる」パターンだ。

破産は実は借りている本人だけでなく、お金を貸している側からもできる

これを債権者破産という。

ざび
ざび
本人から申し立てするのが自己破産。

まったく返済する気がなくて業を煮やした貸し手が、「ええい、自己破産やってやる。そしたら財産もらえるだろ」と思って踏み切ったってわけだな。

申し立てをするときには段階を踏んで手続きをしないといかないのだが、どこかで強引にやろうとして引っかかったんだ。

判例2.

自己破産申立後に申立人が行方不明になった。

これも「申し立てが誠実でない」例だ。

何かまずい点でもあったのかもしれない。

基本的に自己破産の申し立て後、手続き中は居場所を変えちゃいけない

引っ越しをしたり、遠方へ旅行に出かけるときは裁判所の許可が必要だ。

判例3.

遺産相続をめぐる争いで有利になるために申立をした。

これは「不当な目的」の例だ。

自己破産は本来、「もう返済できないからお願い、チャラにして」という目的のためにやるもんだ

遺産がどうとか、財産の増える増えないの目的でやるもんじゃない。

判例4.

裁判所から指摘された財産について、使い道の説明がコロコロ変わり、誠実に説明しようとする姿勢がなかった。

これは見てのとおり「申し立てが誠実でない」例になる。

説明がコロコロ変わるって印象最悪だよな。

ちゃんと弁護士がついていれば良かったのかもしれないが。

以上、4つのケースについては実際の判例があるから確実に却下されると思ってまちがいない。

ほかにも

  • 財産を隠した
  • 財産はあるのに、わざと安値で処分してから申し立てをした

などは「不当な目的」、「誠実にされたものではない」と見なされて却下される可能性が高い。

3.自己破産したが免責許可がおりないケース

自己破産の申し立ては通った。

だけど免責許可が通らず借金がチャラにならないケースもある

くわしくは以下の記事を参考にしてほしい。

【経験者が解説】自己破産の免責ってなに?チャラにならないの?

実際に免責許可がおりなかった例は少なくて、99%以上は免責許可がおりる

弁護士もそもそも免責許可が得られないようなケースで依頼を受けたりしないからね。

ほぼ100%勝算があるからこそ自己破産を勧めるんであって。

じゃないと弁護士も報酬もらえないから。

ざび
ざび
そこまで気にする必要はないな。

自己破産できないときの対処法

自己破産できないときの対処法・解決策

ほかの債務整理をする

自己破産以外にも借金を減らす手続き(債務整理)があるのでそっちを試してみよう。

くわしくは以下の記事を参考にしてほしい。

関連記事:【経験者が語る】債務整理って?種類別にメリット・デメリットまとめ

踏み倒す・時効を待つ

どうしても返せないのなら借金の時効を待つという手もある。

でも、そう簡単じゃない。

罪悪感を感じてしまう人ならギブアップしてしまうよ。

メンタルに自信があるならやってもいいがあまりオススメはしない。

関連記事:意外に知らない?借金の時効が5年とか10年とかあるらしい【返済経験者が解説】

まとめ

  1. 自己破産できないケースは借金が少ない時。具体的には100万円以下。
  2. ほかにも、自己破産の申立が却下される、免責許可がおりないケースもあるが、めったにない。
  3. 自己流でやると書類や手続きに不備が生じる可能性が高いから、きちんと弁護士に頼んでやってもらうのが確実。

参考書籍:『破産法の法律相談』青林書院

まだ借金で消耗してるの?

  • 今月も給料入ったら返済しなきゃ…
  • 返しても返しても元本が減らない
  • 延滞してて催促されるのがストレス
  • 借金を家族に隠しているのに疲れた

これらの悩みはすべて解決できる

すでに借金をしている人はムリにお金を作るより、いっそ借金を減らす方法を考えたほうがいい

借金を返すために借金をするなんてバカバカしいことはもうやめよう。

ざびも実際に使った方法で、借金が劇的に減ることで安心でき、ふつうの生活を取り戻すことができた

まずは借金がどれだけ減るのかシミュレーションできるので、一度やってみてほしい。

ざび
ざび
最初はみんなシミュレーションからやってるぞ。

今スグ30秒で借金減額シミュレーション

関連記事