自己破産の知識

自己破産は誰でもできるわけではない?必要な2つの条件とは

自己破産UR誰でも

自己破産て誰でもできるの?

そんなクエスションを持っている人は多いよな。

日本弁護士連合会の統計だと、自己破産頼むぜと申請した96%が自己破産を認められたぞ。

じゃあどんな人が自己破産できるのか、詳しく見ていくぞ。

自己破産の2条件は”もう払えない”と”マトモな借金”

自己破産するための条件はこの2つだ。

  1. 借金がこれ以上払えない(支払不能状態)
  2. 借金をした理由がマトモ(免責不許可事由がない)

自己破産の条件その1:支払不能状態って何?

自己破産の条件

支払不能状態・・・裁判所が「キミは借金返すのムリだね」と判断すること

支払不能状態とみなされるには以下のことが当てはまればいい。

  • 売り払って金になるような財産がない
  • いろんな手段を使ってでも金を用意するのが難しい
  • 借金の返済が滞っている
  • 今からしばらくの間支払い能力がなさそうだと誰が見ても思える

まず家や車など売れるものがあれば売って、借金返せるようなら自己破産は認められないだろうな。

あとは身内に金持っている人がいればそいつに頼めないかという。まあここはそこまで細かく突いてはこないだろうけど念のため弁護士に確認してみるといいだろう。

ざび
ざび
まだ金払える余力あるのに自己破産はナシよってこと。

自己破産の条件その2:免責不許可事由がないってどういうこと?

免責不許可事由

免責不許可事由・・・免責(借金払わなくていいこと)が認められない原因となる事情

免責許可がおりないと“自己破産しても、借金はそのまま残る”なんていう悪夢の結末になっちまう!

で、その免責が許可できない理由ってのが免責不許可事由だ。種類を見ていこう。

  • ギャンブルやぜいたく品の買い物、株式投資やFXなどに金をつぎこむ(浪費)
  • 財産があるのに隠す
  • 財産をわざと減らす
  • 自己破産前提で、返済する気がないのに借金をする
  • 特定の債権者にだけ返済する(偏頗弁済・・・下記参照)
  • 裁判所にウソの報告をする
  • 一度免責許可された7年以内に、再び免責許可を申請する

どうだ?何か当てはまったか?

まあ安心しろ。もし当てはまったとしても、弁護士の腕前次第でなんとか免責許可までこぎつけることもできるぞ。特に初めて免責許可の申請をするならほとんどの場合通る。

2回目以降の自己破産は必ず弁護士に相談するべし

上にもちらっと出たが、自己破産をして7年間は再び自己破産するのはNGだ。

でも逆に言うと、7年間過ぎたら、二度目の自己破産もできる。ワオ。

ただしだ、免責許可(借金チャラ)の条件は格段に上がっているぞ。なんせ二回目だからな。ユー、前回ちゃんと反省したんだろ!?と厳しく突っ込まれる。

厳しいトライになるから弁護士に依頼するのは必須。あらゆる作戦を練って突破しないとならんぞ。場合によっては自己破産以外の道を探るかもしれん。

やってはいけない?「偏頗弁済(へんぱべんさい)」

偏頗弁済をするかどうか悩む男性

偏頗弁済・・・自己破産などをするときに、特定の債権者にだけ優遇するような支払いをすること。

難しい漢字を使いやがるな。

たとえば、AとBの2つのところから金を借りたとする。

で、Aにだけ返すがBには返さない。

この状態で自己破産して借金チャラっていうのは、Bからしてみれば”Aだけ返してもらって、ずるい!”って思うよな。不公平な偏った返し方は裁判所から見ても許せんということ。

ただ、自己破産をしたあとは返すのは自由だ。返したいところがあれば自分で勝手に返せばいい。

ちなみにオレは奨学金借りたまま自己破産したから保証人のじいちゃんに催促がいっちまった。そのまま年金のじいちゃんに払わせるわけにもいかないから、自己破産した後も奨学金だけは自分で返しているぜ。

 

確実に免責許可をゲットするならプロに相談を

自己破産のプロである弁護士

自己破産で借金チャラをするには裁判所を説得できるかどうかがポイントだ。

手続きの中でちゃんと誠意を示さないと裁判所は納得しないだろう。しかも申請する書類に不備があると免責不許可事由とみなされちまうこともある。

だから、弁護士や司法書士といったプロたちに手続きを頼むのが基本。

自分でやるやつなんて聞いたことがない。よほど自分に自信があるのかケチくさいんだろうな。

それくらい金にうるさければそもそも借金なんてしてないだろうけどよ…

依頼された弁護士は、複雑で見るのもイヤになるような書類の作成を不備なくやってくれる。あと、審尋の前に答えるべき中身やコツをアドバイスしてくれる。

浪費やギャンブルなどで借金をしちまったっていう、免責不許可事由になりそうなことがあっても、裁判所にそれがやむを得ない事情であることをうまく伝えるのも弁護士の腕の見せどころだ。

法律関係の手続きってのはあらゆる可能性を考えて書かれているからとにかく言葉が長いし漢字だらけで表現も難しい。

自己破産と一口にいっても書類や手続きは様々。いくつもの手続きを正確にこなしていくためにはプロである弁護士に丸投げ、とはいかないまでもほとんど任せたほうが安心だぞ。

自己破産できなかったらどうすればいいのか?

自己破産できずに落ち込む男性

じゃあ、自己破産したくても免責は許さんと裁判所に言われてしまったらどうすればいいのか。

ちょっと落ち着いて聞いてくれ。借金を整理する方法は他にもいろいろあるぞ。

たとえば、今ある借金の額を減らし、3~5年かけて返済していく「個人再生」

ギャンブルや浪費が原因の借金でも認められる。ただし、個人再生するためには、継続的に収入が得られて、返済能力があると認められないとダメだ。

なんならアルバイトやパート、年配暮らしの人であってもできるが、自分の定期的な収入がない専業主婦はできない。

収入がないのなら、どこかで少しでも勤めるなりして収入を得てから考えるといい。

自己破産や個人再生みたいな手続きは、個人でなかなかこなすにはハードルが高い。繰り返しになるが、最初から信頼できる弁護士や司法書士のようなプロに頼んだほうが確実だ。

まとめ

いろいろ言ったけど、たいてい自己破産できるぞ.

まあ初回ならよほど犯罪みたいなぶっとんだこととかズルをしていなければ自己破産して免責許可もおりる。つまり借金チャラでおさらばよ。

いつもの決まり文句だが、自分勝手にやらないことだ。弁護士に相談してみるのが最適最速、そしてトータルでみればコストも安くつく。覚えておくんだぞ。

自己破産を迷っているなら無料相談してみよう

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。正しい情報を知って、正しい判断をするためにはプロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

裁判所に直接「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所が答えたってことはつまり、公的な機関が認めた、公式の回答だ。

まずは弁護士に相談、これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題はできるだけ早く解決して、次の生活にエネルギーを向けたほうが立て直しも早くなる。

自己破産したいけど、弁護士に頼むのはすごく敷居が高い

そんな人はWebからの無料診断無料相談をするのがオススメ。

まずは小さな一歩から。気軽にはじめみよう。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

関連記事