自己破産

自己破産で反省文はどう書くの?徹底解説【例文・体験談あり】

自己破産での反省文の書き方

今回は自己破産したときに書く反省文について解説した。

ざび
ざび
裁判官への印象は大事だからな。

全く反省の色がないと自己破産で借金チャラは認められないこともある。

実のところ、反省している態度を示すことは大事だが、必ずしも反省文という形で出さなくてもいいんだ

自己破産のときに出す書類で陳述書というのがある。

この陳述書の中に反省を織り込めば反省文をわざわざ書かなくてもいい。

今回は

  • 自己破産するときの反省文の必要性
  • 反省文と陳述書のちがい
  • 反省文の書き方

このあたりを取り上げていくぞ。

記事の最後のほうで実際の文章も載せているから見てくれ。

この記事を書いた人

ざび 27歳で938万円の借金を抱え自己破産する。自身の痛烈な体験をもとにネットや書籍など執筆活動を展開。初の著書が2020年4月に出版。

くわしいプロフィールはこちら

自己破産での反省文の書き方と例文

反省文の書き方

もうね、反省文は弁護士や司法書士に書いてもらえ

以上。

いや、マジで。

弁護士とか司法書士に相談して、だいたいは書いてくれるぞ。

万が一自分で書けと言われたらこういうふうに書けばいいと言われた通り書けばそれでいい。

自分で書きたい?

なかなか変わり者だな。

それじゃあ、書き方のポイントと、例文を載せておく。

反省文で書くポイント

反省文は以下のポイントを抑えておけば問題ない。

  1. どういう借金をしたのか
  2. なぜ借金をしたのか
  3. 借金を返せないことへの反省の言葉
  4. 二度としないという決意

そんなに難しくないだろ?

じゃあ今度は例文をみて、参考にしてみてくれ。

ざび
ざび
でもこのとおり書いたからと言って自己破産がうまくいくという保証はないぞ。

反省文の例文

ざびが書くとしたらこんな感じだ。

私、山田ざびは軽い気持ちで多額の借金を抱え、自分の力では返済することが到底難しくなったことを深く反省しています。

最初は親の借金を肩代わりするだけで、自分の収入で地道に返していく予定でした。ところが、将来の経済不安から、仕事以外で収入を増やしたいと思うようになり、甘い言葉に乗せられてビジネスを始めてしまいました。

始めた当初は絶対に成功するとがんばっていましたが、次第にビジネス自体に投資が必要で、自己啓発セミナーや高級スーツに手を出していきました。

「ビジネスのための投資だ」とわりきっていましたが、考えが甘すぎたと後悔しています。自分の現状の力だけでは軌道に乗せることができず、借金がかさんでいきました。

自分の能力をみる冷静さとかけるお金の計画性がなかったことは大いに反省すべきところです。

今後はこのような甘い見通しでお金をかけることのないように、日々節約して生活を立て直していくよう努力いたします。

以上

ざび
ざび
あくまで自分の責任ですと素直に認めることが大事だ。まちがっても他人や状況のせいで終わらせないように。

自己破産で反省文がいらないワケ

基本自己破産で反省文は必要ない。それでOK

ここまで解説してきておいて、誠に言いにくいんだが、

自己破産のときに反省文は必要ないことがほとんどだ

ざび
ざび
少し安心したか?

反省の態度は示さないといけないけど、それは別の書類(陳述書)の中で書けばいいこと

陳述書については後ほど解説する。

ちなみにオレは自己破産のときに反省文なんて書かなかったぜ。

反省の態度を示す文章も弁護士が書いてくれた。

とはいえ、反省文が必要になるケースもまれにある

どんな場合か、念のためチェックしていこう。

反省文が必要なケースとその理由

自己破産で反省文が必要なケース

難しい漢字がたくさん出てくるがかみ砕いて説明するぞ。

まず、反省文が必要なケースは、

  • 免責不許可事由に当てはまる
  • 慎重に対応して損をしないようにと弁護士が考える

この2つが重なったときだ。

免責不許可事由でも借金チャラにするため

免責不許可事由っていうのは、

「そんな理由で借金したの?じゃあチャラは認められんよ」

と思われるような借金の仕方だ。

ギャンブルとか浪費とかね。

ただ、免責不許可事由に当てはまっても多くの場合、おまけでチャラにしてくれるぞ。

ただし、反省の態度は示さないといけない

そのために反省文を書いたほうがいいんだ

裁判所自体の傾向や裁判官自身の思想、弁護士や司法書士の考え方などによってちがってくる。

逆に言えば、担当の弁護士が要らないよと言うんであれば、反省文は書く必要はない

免責不許可事由についてくわしくは下の記事で解説しているぞ。

関連記事:【経験者が解説】自己破産の免責ってなに?チャラにならないの?

管財事件に回されないために

実は反省文を書く理由はもう一つある。

「こいつ、反省の色もないし、あやしい。チャラを許していいものか?」

と思われたら管財事件になってしまう可能性がある。

管財事件:財産の調査をする自己破産の形式。お金が高くつく。

要は、

「こいつ、ズルしてないのか?本当に財産隠してないな?申告している内容にウソはないな?」

と調べあげるのが目的だ。

管財事件に回されると、何がマズいのか。

予納金として20万円も納めないといけないんだ

ざび
ざび
でかいよな。

できれば避けたい。

なんでそうなるかっていうと管財人ていう破産者の財産を調べる人(弁護士)を雇うからだ。

だから、反省文をあらかじめ提出しておいて、「十分反省していますよ」という意思表示をする

まあ、よほどのことがないかぎり反省文はなしでも大丈夫だとは思うんだが。

ざび
ざび
最終的には担当の弁護士や司法書士と相談してみてくれ。

関連記事:自己破産の管財事件ってなに?破産経験者がわかりやすく解説

陳述書とは別に決意を書く場合

弁護士によるが、免責不許可事由に当てはまって、

「こりゃしっかり反省文書いて誠意見せなきゃな」

と判断されたら陳述書とは別に反省文を書くしかない。

そのあたりは弁護士の長年の経験を信じてみよう。

たいていは「こういうふうに書けばいいよ」ってアウトラインを教えてくれるか、ぜんぶ書いてくれるから安心していい

陳述書と反省文のちがい

陳述書は自己破産したときに必要な書類の一つで、

「なんでキミ借金したの?どうした?」

っていう裁判官の疑問に答えるために、自己破産するまでに至る経緯をくわしく書くもの。

  • どこからどのような借金をしたか
  • 借金をした理由
  • 返せなくなった経緯
  • 反省の態度と決意

を織り交ぜた内容になっている。

一番最後の「反省の態度と決意」って部分が反省文にあたるところだ

つまり、反省文は陳述書の一部って思えばいい

だいたいの場合、独立してわざわざ書く必要はない。

実際提出した陳述書
陳述書の免責不許可事由パート1 陳述書の免責不許可事由パート2

ざびの場合、ネットワークビジネス(連鎖販売取引)と、それに伴った集まりがきっかけで強引な勧誘を受けての買い物が原因。

その様子を書いている。

陳述書の中に反省文ぽい内容も含んでいるのがわかるよな。

これで十分なんだ。

ただ、ギャンブルや単なる浪費だけが原因の場合は、もうちょい反省の言葉を足していかないといけないかもしれない。

関連記事:【実物画像あり】自己破産の陳述書の中身を徹底解説

反省文以外に用意する書類は?

自己破産の手続きをするには、反省文以外にも書類を用意しないといけない。

くわしくは以下の記事を参考にしてほしい。

関連記事:【実物画像あり】自己破産の必要書類は9種+α。ポイント解説

ざび
ざび
数は多いけど、一つ一つ準備していけば大丈夫。

中でも退職金見込額証明書はめんどくさいので注意が必要だ。

関連記事:自己破産で退職金見込額証明書がもらえないときの対処法【体験談】

まとめ

  1. 基本的に自己破産のときに反省文は必要ない
  2. 自己破産したときに反省文が必要なのは免責不許可事由に当てはまるとき
  3. 陳述書は全員必須の書類。その中に反省の態度を示せば大抵事足りる
  4. 陳述書と別に独立して、これからの決意を反省文として書く場合もある
  5. 反省文は自分の非を認め、これから借金しないための決意を中心に書く

まだ借金で消耗してるの?

  • 今月も給料入ったら返済しなきゃ…
  • 返しても返しても元本が減らない
  • 延滞してて催促されるのがストレス
  • 借金を家族に隠しているのに疲れた

これらの悩みはすべて解決できる

すでに借金をしている人はムリにお金を作るより、いっそ借金を減らす方法を考えたほうがいい

借金を返すために借金をするなんてバカバカしいことはもうやめよう。

ざびも実際に使った方法で、借金が劇的に減ることで安心でき、ふつうの生活を取り戻すことができた

まずは借金がどれだけ減るのかシミュレーションできるので、一度やってみてほしい。

ざび
ざび
最初はみんなシミュレーションからやってるぞ。

今スグ30秒で借金減額シミュレーション

関連記事