自己破産の知識

【実物画像あり】自己破産の必要書類は9種+α。ポイント解説

自己破産の必要書類をカンタンに解説
ざび
ざび
自己破産するときには提出しなきゃいけない書類がいくつかある。
金子まりお
金子まりお
いくつかってか、めちゃくちゃ多くない?
ざび
ざび
確かに多いな。ただ弁護士に任せれば、そんなたくさん自分で用意しなくていいんだ。

自己破産の必要書類をカンタンに解説するぞ。

何種類もあって大変だが、弁護士に頼めばほとんど準備してくれるから安心してくれ。

自己破産の必要書類はこれ!必須9種+α徹底解説

自己破産の必要書類は必須が9種

自己破産に必要な書類を一覧でまとめた。

書類の名前 説明 対象
破産手続開始・免責許可申立書 自己破産の申込書 必須
陳述書 本人の状況報告書。弁護士が作成する。 必須
家計全体の状況 家計簿。家庭の収入・支出をチェックする 必須
財産目録 銀行預金や有価証券、生命保険、不動産などあらゆる資産を洗い出す 必須
債権者一覧表 金融機関や奨学金など、金を借りた相手全員を洗い出す 必須
源泉徴収票(課税証明書) 職場で発行。 必須
住民票 役所で発行。 必須
給与明細の過去2か月分 コピーではなく原本。月の収入をチェック。 必須
退職金に関する証明書 退職したらいくら金が入るのかチェック。退職金ないなら就業規則などでもOK。 必須
過去2年分の預金通帳のコピー 現金の動きをチェック。表紙も含めて全部コピー 必須
不動産登記簿謄本・居住証明書 住んでいるところをチェック。役所で発行。 該当者のみ
家や車の査定書など 売ったらいくらになるかチェック 該当者のみ

ざっと挙げただけでこんなにある。

金子まりお
金子まりお
めまいがする。。。
ざび
ざび
だろ?実際には全部は用意しなくていいからな。

自己破産の手続きは裁判所でやる。

だからぜんぶ書類は弁護士を通じて、裁判所に提出するためのものだ。

破産手続開始・免責許可申立書

ざび
ざび
えらい堅苦しい名前だが、書類自体はシンプル。

要は自己破産していい?っていう申込書だ。コレがないと始まらない。

申請者の氏名、生年月日、住所などバリバリの個人情報を書くところ。

破産手続開始・免責許可申立書

ちなみに印紙は弁護士のほうで準備してくれる。

上の画像はコピーだ。実際の原本は裁判所に提出した。

陳述書

いわゆる反省文などが含まれる報告書。

数ある書類の中でも一番重要

本人が今までどういう生活をして、どういう理由で借金をして、なぜ返せないのか、今後どうするつもりか、などを答えていく形式

ちと重たいが、弁護士が本人にインタビューしたものをもとに作成してくれるぞ。

個人の情報が事細かに書かれていて、オレ自身今見返しても恥ずかしいんだが、今回は一部だけお見せしよう。

自己破産の必要書類の一つ、陳述書

家計全体の状況

ざっくりした家計簿だ。

左に今の収入、右に今の支出を書く。

ここでウソ書いても、あとで預金通帳のコピーを提出するから、金の動きはバレるぞ。

家計全体の状況

妹への学費もしっかり払ってたんだ。

えらいだろ?

財産目録

キミの持っている資産ぜーんぶ調べられる。

要は、これ見て、「お前、これ売れば、金できるじゃん?」て裁判官に言われるから、しっかりないものはないと書かないといけない。

財産目録

ざびの場合、貸付金てのもあったことはあった。ほとんど巻き上げられたもんだがな。

ただ、そいつも自己破産しやがったから回収できず。結局はゼロよ。

貸したオレも悪いが、20代の無知な若造が元プロレスラーに脅されたら冷静な判断なんてできないっしょ。

債権者一覧表

金を貸してくれた連中がズラッと並ぶ表だ。

これでもって借金の実態がわかる。

債権者一覧表

改めて眺めてみると壮観だな。”消費者金融オールスター”といったところだ。

しかも合計見たら、わお、総額938万円だって!?

そうだ、忘れていた。妹の奨学金の連帯保証人にもなっていたから、その債務も入れてのことだ。

そう、連帯保証人でサインしたものもぜんぶ自分の借金としてカウントされる

気をつけろよ。

連帯保証人は、保証人と名がついているが、”共同借金申込人”だ。金を借りていることといっしょなんだ。

契約する本人と連帯保証人、どっちがメインで、どっちがサブってわけじゃない。

金を貸すほうからすると、どっちもメインだ

今まで自分がした借金を650万くらいと思っていたが、低く見積もっていたぜw

源泉徴収票(課税証明書)

これは収入を厳密にチェックするためだ。

もしたんまり稼いでいるのに自己破産てことになったらおかしいからな。

源泉徴収票は会社で発行してもらうが、難しければ課税証明書を役所に出してもらう。

住民票(戸籍謄本)

「こいつはどこのどいつじゃ?国籍はどこで、ちゃんと存在している人間か?」

をチェックする。

近頃は外国人が多いし、生活保護を受けている連中もいるからな。

ちなみに日本にいる外国人でも自己破産はできるが、ややこしいのでここでは省略する。

今までは役所で発行してもらうことが多かったな。

でも最近はマイナンバーカードがあれば、コンビニでも出せるぞ

ちなみに上に書いた課税証明書もコンビニで出せる。

給与明細の過去2か月分

コピーじゃなくて原本だから注意な。

コピーだと操作できるかもしれんから。

たいてい社判とか押してあるよな。それをそのまま提出する。

難しれば通帳コピーで説明するしかないが、たいてい提出しろと言われるぞ。ほぼ必須。

退職金に関する証明書

退職金見込み証明書は、ぶっちゃけ零細企業だとないところもあるよな。退職金がないケースだ

そういう場合は就業規則や給与規定で、「退職金なんてないよ」っていう記述があるものを提出すればOK。

ざび
ざび
ざびの会社は退職金ないから、就業規則でどうにかなったぞ。

過去2年分の預金通帳のコピー

けっこうポイントになる資料だ。

自分の今までの金の動きが丸見えだからだ。

プライバシーだって?たしかに相当なプライバシーだ。

でも裁判官を説得するには十分な情報を出してあげないといけない

決して悪用はしないから、信じてガマンだ。

不動産登記簿謄本

実際に今どこに住んでいるかのチェック。

持ち家なら不動産登記簿謄本

マンションを借りて住んでいる場合は、賃貸契約書のコピーでも可

実家暮らしの場合は住民票だけでいいので、特に必要がないはずだが、念のため弁護士に確認してみてほしい。

ざび
ざび
ざびは実家暮らしだったから居住証明のための書類は提出しなかったな。

家や車の査定書など

家や車がある場合は、売ったときにいくらになるのかの証明が必要になる。

持っていなければ自分で業者にお願いするしかない。

査定書なら、原則無料で作ってもらえるぞ。

不動産鑑定書になると作るだけで数十万飛ぶから、何のための自己破産かわからんがな。まあ富裕層向けというか、派手な破産(管財事件)の場合だろうな。庶民には関係のない話。

また、生命保険に入っている場合は、保険解約払戻金の証明書生命保険の保険証券のコピーが必要だ。

自己破産の書類はややこしいからプロへ任せる

自己破産の必要書類はプロの弁護士へ任せるべき理由

こうやってみると、「うわ、めんどくさっ」ってなってやる気が起きない。

わかる、すんごいわかる。

でもな、そうやって後回しにして薬をつけず放置していたのが、今の状況なんだぞ。

大丈夫だ。たいていは弁護士が書類の手配をしてくれるし、ほかの自分で用意する書類も役所か会社でだいたいそろう。

まあ退職金の証明書だけがめんどいかもしれんが、きちんとした会社なら総務とかできっちり計算して出してくれるぞ。

ざび
ざび
うちのワイフも大学病院に勤めているが、総務課で出してもらったことがある。

まとめ

自己破産に関する必要書類は、ややこしいところは全部弁護士がやってくれる

作成が必要な書類は弁護士に丸投げで基本問題ない。

キミがやるのは言われた書類を用意して、コピーするだけだ。一気にやれば1日もかからないで済むくらい。

どうしても準備ができないものがある場合は弁護士に相談しよう

いろんなケースを見てきているから、そういう場合はどうしたらいいか、的確に答えてくれる。

 

自己破産を迷っているなら無料相談してみよう

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。正しい情報を知って、正しい判断をするためにはプロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

裁判所に直接「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所が答えたってことはつまり、公的な機関が認めた、公式の回答だ。

まずは弁護士に相談、これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題はできるだけ早く解決して、次の生活にエネルギーを向けたほうが立て直しも早くなる。

自己破産したいけど、弁護士に頼むのはすごく敷居が高い

そんな人はWebからの無料診断無料相談をするのがオススメ。

まずは小さな一歩から。気軽にはじめみよう。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

関連記事