有名人の借金・破産

ホリエモン公認?「自己破産は前向きなチョイスだ」

ホリエモンいわく、自己破産は前向きな機会
ざび
ざび
今日は「有名人の借金・破産」カテゴリだ。

ども、ざび(@dr_zawinul)だ。

今回は、みんな大好き?ホリエモンこと堀江貴文氏の自己破産や借金の考え方を紹介していくぞ。

堀江氏といえば、最近は東大受験に挑戦したり、ロケットを飛ばしたり、大規模なイベントをしかけたりと大活躍だ。

あと本もたくさん出してるよな。ざびも『多動力』をオーディブルで10回以上聴き返しているくらいファンだ。

そんな影響力のある堀江氏の力を借りて?、自己破産や借金についての考えをまとめて、ざびなりの解釈も加えてみた。

借金をしている人や自己破産した人は、従来の考えとは違う視点を楽しんで、勇気をもらってほしい。

ホリエモン「自己破産は前向きな機会」

自己破産は前向きな機会

堀江氏の有名な「ホリエモンチャンネル」で、ちょうど自己破産のテーマがあった。

内容をまとめると、

自己破産するしかない状況なら自己破産したほうがいい。

借金しているとどうしても前向きなことが考えられないから。

クレジットカードを組めないとかの不便が乗り越えられるなら、自己破産したほうが前向きになれるよ。

動画はあっさりしすぎているが、堀江氏らしい。ムダなくシンプル。

借金をするきっかけって、いわゆる悪徳業者につかまって騙されたり、強引に契約されたりするパターンが多い。

もともとが真っ当な借金じゃないわけだから、返せないときは踏み倒すしかない

堀江氏といえば、ライブドア時代から会社経営もして、新しいビジネスに何十社と投資もしている。金融知識も人一倍強い。

会社が倒産したときは自分も破産する可能性が高いから、金融や法律のことを一通り知った上でやっている。説得力があるよ。

自己破産のリスク

金子まりお
金子まりお
でもさ、よく自己破産するなんてクズだって言っている人多いじゃん。

「自己破産は借金を踏み倒すわけだろ?貸してくれた人に申し訳ないと思わないの?思わないとしたらクズだ。」という批判をもらうことがある。

堀江氏に代わってお答えしよう。

 

クズは百も承知。でも背に腹は代えられぬ。

 

クズだと思われることはどうしてもある。

信用ガタ落ちでカードも作れない。自己破産のリスクだ。

「自己破産するなんてクズだ」への反論

ただ、自己破産するくらい返済ができなくなる人間に、金を貸した人間はどこのどいつだ?

そもそも金を貸す側も、一定の人間は返せないことを計算に入れて商売している。だから借金を返せないのは、本来貸す側が負うリスクだ

リスクを承知の上で、貸しているのが金貸し商売だ。だから事前に審査するんだけどな。

極端な話、争いになれば「いや、貸したあなたの責任でしょ?審査が甘かったんじゃないですか?」と言い張ることもできる。

お互いに対等な立場なんだ。

借金を返せないほうが悪いなんて、日本の法律にどこにも書いてない。罰則があるわけでもない。

それどころか、借金は最悪返さなくてもいいっていう時効の制度が商法と民法に定められているくらいだ。

もちろん最初から返す気がなくて、借りた足で持ち逃げするのは詐欺。犯罪だぞ。

でも真面目に返したくても返せない状況なら言い訳はいくらでもできるってこと。

自己破産して前向きになるなら社会のためになる

借金地獄にハマって、どうにもならないと思ったら潮時。

自己破産して再スタートを切るほうがいい。

これが堀江氏の結論だ。

考えれ見れば、自己破産してやり直せば社会全体としても利益になる

たとえば、ざびは27歳で自己破産し、その後人生やり直し、今は結婚して子どもも2人いる。

もし借金まみれだったら間違いなく結婚もしていないし、まして子どもなんて夢のまた夢だったろう。というかざび自身、今この世にいるかどうかさえあやしい。

若者が借金で苦しんでいるときに救済制度があれば、少子化に歯止めをかけられる。少なくとも将来に希望は生まれるよな。

これって社会全体でみたらすごい意味があるんじゃないか?

一つのミスで終わりなんて冷たい世界

たしかに借金をしていて、返せないと前向きな気持ちになれないんだよ。

借金をしたほうも悪いが、リセットできるのが社会の大事な役割だ。

一度失敗したらゲームオーバーなんて、クリボーに当たって死ぬマリオじゃねんだからさ。

もう少しやさしい世界に生きているんだよ、オレたちは。

一度道をまちがえてどん詰まりに来ても、引き返せば元の場所に帰れる。

それが社会ってもんだよ。

動物じゃないんだ人間は。”一つのミスが命取りになる世界”なんて冷たすぎだろ?

もちろん堀江氏の言う通りペナルティもあるよ。

カードつくれないし、ローンも組めない。

十分じゃねえか。それ以上変に罪悪感をいだく必要はない。堂々と自己破産すればいい。

ホリエモンいわく「借金は信用」

借金は信用・信頼の証

堀江氏の借金論をさらに深堀りすると、非常に奥が深い。

ここからはマネーの勉強だ。

本筋とは違うが、とてもいいことを言っているので、載せておこうと思う。

1億円借金できる人は、1億円以上返ってくると思うから、貸すわけで。

車のローンはいい借金。金利が安いから。プライムレート並み。

ふつうは個人でそんな金利で貸してくれない。

だから現金で買うやつはバカ。手元に金は残しておいたほうがいい。

プライムレートってなんだか難しい用語だな。調べてみた。

プライムレート:銀行が一流企業に貸し出すときの一番優遇している金利。プライムレートの動きが日本経済を表すともいわれる。

つまり、個人だちふつうは10%とかでしか金を借りられないんだけど、車なら2~3%で借りられる。

もし200万円の車だったとして、現金一括で買うよりも、ローンで払ったほうが、200万円手元に残る。

もしその200万円を元手に、ほかの投資商品で年利5%もらえるなら、そっちに回すほうが賢い。

しかも、現金で買ってしまい、もし仮に貯金がなく、急な出費で金を借りるとすると、10%以上とかだからあまりにもったいない。

それなら最初から低金利の車のローンをやっといて、現金を手元に残したほうが、借りずに済んで得だよな。

会社員の信用のすごさ

あらためて思う。

ざびはサラリーマンのときに数百万円借りられた。

たかだか大学出てすぐの20代前半の、何も知らない男にだよ?

すごいよな。それだけ会社員、とくに正社員の肩書に信用があるということだ。

なんでかっていうと、正社員で勤めている以上は最低限の給料は毎月振り込まれているわけで、もし本人が返せなくなった場合は、最悪会社の給料を差し押さえればいいからだ

フリーランスだとこうはいかない。自営業だから、もし自分がやる気なくして何も生産活動をしなければ収入はゼロ。家など財産がなければ差し押さえもできない。

ホリエモン自身も借金はあった?今はある?

堀江氏の借金、今はないようだ。

こちらの記事に書いてあった。

ホリエモンにお金について突っ込んだけど、何を聞いても価値観はひとつだった

銀行残高10万円しかなくて、600万円借りて会社をスタートしたと。おそらくその後稼いで返したんだろう。

金がなきゃ借りればいい」が堀江スタイル。

ただ低金利が絶対条件だぞ。

あとは金を使う目的にもよる。ビジネスを立ち上げて、より利益を上げられると計算できたうえで、ならいいだろう。

まちがって浪費のために消費者金融で借りるなんてバカなマネはするなよ。

現在、堀江氏は特に借金をしている様子はなさそうだ。

ざび
ざび
堀江氏は自分の金にはぜんぜん興味ないみたいだな。あるなら使えと。

まとめ

堀江氏の考えでは、「どうしても返せないなら自己破産賛成」。

ただ、どうしても返せない場合、と念を押しているので、当たり前だができるかぎり返す努力はするんだぞ

がんばったけど、借金に追われてどうにかなってしまいそうなら、自己破産を選んだほうがいい。

堀江氏は借金についても否定的ではなくて、低金利のものならどんどん利用すべきという考えだ。

なにごとも、ある程度リスクをとりつつ運用するのが一番得だし、長い目でみると手堅い

自己破産も多少リスクはあるが、あとあとメリットが効いてくるチョイスともいえる。

自己破産を迷っているなら無料相談してみよう

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。正しい情報を知って、正しい判断をするためにはプロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

裁判所に直接「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所が答えたってことはつまり、公的な機関が認めた、公式の回答だ。

まずは弁護士に相談、これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題はできるだけ早く解決して、次の生活にエネルギーを向けたほうが立て直しも早くなる。

自己破産したいけど、弁護士に頼むのはすごく敷居が高い

そんな人はWebからの無料診断無料相談をするのがオススメ。

まずは小さな一歩から。気軽にはじめみよう。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

関連記事