自己破産の知識

【実物公開】自己破産で家計簿を出さないといけない理由と注意点

自己破産で実際提出した家計簿

ども、ざび(@dr_zawinul )だ。

27歳のときに借金938万円抱えて、自己破産をした経験をみんなにシェアしている。

自己破産の手続きでは、いろんな書類がいる。

その中の一つが家計簿(家計全体の状況)だ。

金子まりお
金子まりお
自己破産のときに出す家計簿って、なんの意味があるの?
ざび
ざび
借金を本当にチャラにしていいかどうかの判断材料にするんだ。
金子まりお
金子まりお
収入がめちゃくちゃ高いのに自己破産するヤツは許さないとか?
ざび
ざび
それもあるが、支出も大事だ。収入が10万円でも実家暮らしで支出が5万円しかないなら借金は返せるだろ?
金子まりお
金子まりお
オレ服が好きだから3万円くらい使うけど、それでも5万円は余るかも。でもさ、借金返済が毎月8万円かかるから足りない。
ざび
ざび
じゃあ服買うのやめろよ。って弁護士からも裁判官からもツッコミが入るぞ。せめて月数千円で抑えろ。
金子まりお
金子まりお
ウソだよ。本当はそんなに使っていない。でもさ、それくらい使っているって書けば、苦しさをアピールできるってことじゃん?
ざび
ざび
やめておけ。ウソはバレるぞ。通帳のコピーを過去2年分提出しないといけないんだ。正直につじつまが合うように書くんだ。

家計簿を出すときにウソは厳禁

バレるし、いいことはないのでやめよう。

今回はそのとき書いた家計簿(家計全体の状況)を公開しながら、

  • どんな内容を書くのか
  • 書き方の注意点

を伝授するぞ。

関連記事:

【実物画像あり】自己破産の必要書類は9種+α。ポイント解説

【実物画像あり】自己破産の陳述書の中身を徹底解説

自己破産で通帳を提出するときに気をつけたい6つのポイント

自己破産で退職金見込額証明書がもらえないときの対処法【体験談】

自己破産の債権者集会はこわくない?案外あっけなく終わるワケ

自己破産で家計簿を出さないといけない理由

自己破産で家計簿を提出する理由

自己破産てのは、その人の財産を調べて、

あ~確かにキミは借金払えないからチャラにするね

と決めてくれる手続き。

そのために持ち家、家計、通帳、退職金などあらゆる財産の状況を調べあげるんだ。

漏れてて、「実は財産ありましたー。借金返すのも余裕です。テヘッ」とかやられたら裁判所のメンツがない。

というかお金を貸した債権者が怒りまくるだろ。

だからその一つとして、家計簿も提出しなきゃいけないんだ。

とはいっても自分で書くもの(または弁護士にお任せ)だからそこまで緊張しなくていい。

どうせだいたいは通帳のコピーで辻褄が合う。

だからウソのことを書いて隠すのはやめろよ

正直に書くんだ。いずれバレるんだから

バレたら自己破産しても免責されない。つまり、借金チャラにならないってこともあるぞ

関連記事:自己破産で通帳を提出するときに気をつけたい6つのポイント

自己破産で出す家計簿ってどんなもの?

自己破産で出す家計簿はどんなもの?

なんの変哲もない、収入と支出をまとめた表だ。

裁判所によって多少書式はちがうが、内容はほぼ同じだ。

それぞれの項目を見ていくと、

収入
  • 給料
  • 配当金
  • 仕送り
支出
  • 食費
  • 水道光熱費
  • 電話代
  • インターネット利用料金
  • 日用品
  • 保険料・共済掛金
  • 交通費
  • 被服費
  • 本人小遣い
  • 弁護士費用
  • 繰越

あとで実物も公開するが、だいたいの人は以上のような感じで収まるだろう。

「繰越」っていうのは余った分だ。

だから、「収入」の合計金額と「支出」の合計金額は必ず一致する。

つまり、「収入がいったい何に使われたのか」を一目でわかるようにするのが家計簿の目的なんだ

たとえば、繰越が10万円あったとしたら、「え、それ借金返済に使えるんじゃないの?」とツッコミが入る。

かといって、食費や被服費のような変動しやすい項目をムリヤリ高めに書いて繰越金を「操作」しようとしたら怪しまれるぞ。

毎月カツカツで苦しいのに繰越が多いのなら、何か支出を書き忘れいる可能性が高い。もう一度通帳など記録を見直してみよう。

【実物公開】自己破産で提出した家計簿と注意点

自己破産で実際提出した家計簿
ざび
ざび
これがざびが実際に提出した家計簿だ。

上で書いたとおり、わりと細かく書いてある。

  • 弁護士にインタビューをされて口で言ったものが記録されたか
  • 自分で紙に書いて弁護士に渡したのか

は覚えていないんだが、いずれにしても弁護士がチェックしてくれている

家計全体の状況①と書いてあるよな。実は②もあるんだ。

言い忘れたが、家計簿(家計全体の状況)は2か月分提出する必要がある。

ざび
ざび
内容はほとんどいっしょだ。

収入はシンプル

当時ざびの働き方は多様だった。

  • パチンコ屋のバイト
  • テレアポのバイト
  • ネットワークビジネス

3つの形態で働いていた。

パチンコ屋がメインで週5で働きながら、空いた時間にテレアポのバイトだった。

どちらも給与としてもらっていたからまとめての額になっているな。

ネットワークビジネスのほうは給与ではなくて事業収入になるだろうが、ぜんぜんうまくいかず収入ゼロ。だからあえて書いていない。

もうこの頃は自己破産も考えていたくらい追いつめられていたから、ネットワークビジネスなんてやってられなかったんだ。

ざび
ざび
まじでネットワークビジネスはおすすめしない。難易度が鬼高い。

関連記事:【経験者が語る】自己啓発セミナーにハマる人が自己破産するパターン

【注意】支出は細かくきっちりと

支出のポイントは、さっき言った通帳とのつじつまが合うかどうかだな。

とはいえ、おおよそ合っていればいい。

通帳以外にも現金の流れもあるし、1円単位まで細かくは裁判所も見ない。さすがに。

携帯が2万円近く使っていて高いよな。

当時スマホではなくガラケーで、定額プランみたいなのもなかった。

ネットワークビジネスとかで頻繁に電話していたからさ。単純に通話料が高くついたんだ。

本人も記憶が定かでない項目

最後のほうの「実家への援助」と「〇〇の学費」がわりとポイント。

実家への仕送りと妹の大学の学費を肩代わりしていたんだ。

親に収入がないからさ、兄のオレが払っていた。泣けてくるだろ?(くわしくはざびのプロフィールを参照)

まあ実際には毎月払っていたわけでもないが、定期的に支払っていたから記載してある。たしか当時現金で手渡ししていた記憶がないから、口座に振り込んだはず。

ぶっちゃけざびの場合、「繰越」を少なく見せるためにこの「学費」や「実家への援助」の項目をうまく利用したと思う

「そっか、親も働けなくて収入ない。家族への援助もしている。大変だなあ、キミ」

となれば裁判官への情にも訴えることができるよな。

まあ、ここに書いてあるってことは、おそらく本当に支払っていたんだろな。じゃないと過去2年分の通帳のコピーでウソはバレるから

現金で手渡しした可能性もあるが、どっちにしても銀行からお金を引き出す必要があるから、通帳のコピーに記録は残る。だからあんまり極端なウソはつけない。

ざび
ざび
下手な芝居を打ってもあとでつじつまが合わなくなるぞ。相手をなめちゃいけない。

家計簿でお金まわりを整理する

家計簿でお金まわりを整理する

そこまで変な操作をしなくても、キミが借金の返済で苦しくて、自己破産を考えているくらいなら、自然と繰越金は少ないはず

もし繰越金が多いのなら、たぶん弁護士からツッコミが入るし、まだまだキミにも借金を返す余力があるってことになる。

家計簿的なもので整理すると、漠然と「つらい」と思っていたお金まわりのことがスッキリしてくる

まず弁護士に相談をして、ざっくりとした家計状況を話してみるのも手だ。話すことで客観的に自分の立ち位置がわかるもの。

相談することで自己破産以外の方法も見つかるかもしれない。

弁護士や司法書士に相談するだけなら無料でできる

無料相談もできる借金減額シミュレーションがまだの人はこちらから

まとめ

  1. 自己破産の手続きでは家計簿(家計全体の状況)を2か月分提出しないといけない
  2. 裁判所によって書式はちがうが、書く内容はほぼ一緒。
  3. 特に「支出」を細かくまとめ、「繰越」が少ないことを確認しよう。多いなら何かを書き忘れているかもしれない。
  4. ウソは書かない。バレると自己破産で借金チャラができなくなる恐れも
  5. 弁護士に家計簿をチェックしてもらえればお金まわりもスッキリ整理される

自己破産を迷っているなら無料相談してみよう

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。正しい情報を知って、正しい判断をするためにはプロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

裁判所に直接「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所が答えたってことはつまり、公的な機関が認めた、公式の回答だ。

まずは弁護士に相談、これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題はできるだけ早く解決して、次の生活にエネルギーを向けたほうが立て直しも早くなる。

自己破産したいけど、弁護士に頼むのはすごく敷居が高い

そんな人はWebからの無料診断無料相談をするのがオススメ。

まずは小さな一歩から。気軽にはじめみよう。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

関連記事