自己破産の無料相談はやっておけ【迷ったらGO】

自己破産におすすめ法律事務所

自己破産を考えているなら小さな一歩からはじめよう

自己破産相談ならこの法律事務所

いざ自己破産をしたいと思って相談したくても、弁護士をどうやって探すのか分からないよな。

ネットでいくらでも出てくるが片っ端から調べたり、電話したりするのも面倒だ。

ここではざびの体験談とそれをふまえて弁護士を選ぶときのポイントとオススメを紹介するぞ。

ざび
ざび
ざびは弁護士の選び方で失敗したんだ。

ざびの体験談

ざびが自己破産をしようとした当時、今ほど情報はなかった。

ネットで深く考えずテキトーに探したよ。

で、ドキドキしながら都内の法律事務所に電話して、

「借金のことを相談したいんですけど」

とだけアバウトに言い、

日時を決めて、後日おそるおそる事務所に行った。

が、正直弁護士の対応はイマイチ良くなかったんだ。

いやいやな感じが透けて見えた。

それに性格が暗めで、メガネくんの典型的なクソ真面目みたいなね。

とにかくオレとはフィーリングがちょっと合わなかった。

けっして悪い人じゃないんだがな。

向こうも忙しいからオレの案件はさっさと済ませたい

と思っていたのかもしれない。

真相はわからないよ。

まあ、こちらもお客とはいえ、借金を解決してもら手前、

どうしても引け目があるから文句なんて言えないけど。

ざび
ざび
けっこう弁護士によって対応が違うぞ

無料でできるシミュレーションを試してみよう

ただ、キミにはビミョーな弁護士に関わって、

「ウーン、なんか不安だな」

っていうモヤっとした気持ちにはなってほしくない

実際会ってみないと相手の印象はわからないから、

一度は無料相談を試してみることをオススメする。

要はテストだな。

自分と弁護士との相性をチェックするんだ

無料相談なら何も負担がないから気軽にできるはずだ。

ざびの知っている人でも3、4社回って弁護士との相性や金額、対応の仕方を見てから決めた人もいる。

でも、

「えっ、いきなり相談?法律事務所に行くの?」

ってなってちょっとこわいよね。

最初はそこまで考えなくてもいい。

今なら借金減額の診断サービスがあるからまずは気軽に試してほしい。

ざび
ざび
本当にあっさり終わる。

2分でサクッと借金減額シミュレーション

シミュレーションの結果は電話で教えてくれるぞ。

このシミュレーションをやっているライズ綜合法律事務所は比較的若い弁護士が在籍しているから20~30代でも気兼ねなく相談できるだろう。

もちろん40代以上の人も相談していい。

こうやってシミュレーションサービスまで提供する法律事務所はそうでないところに比べて債務整理(自己破産)には力を入れている。

だから不安な相談者とも向き合って親身に話を聞いてくれるはずだ。

まずは最初の電話応対のスタッフから相性をチェックしてみてほしい

それでもし無料相談まで進んだとしても、相性が合わなかったらその先ムリにお願いする必要はない。

もちろん地元の信頼できそうな法律事務所があればそこで相談してもかまわない。

どこがいいとか悪いとかはないんだ。

ざび
ざび
自分に合う弁護士と出会うきっかけにしてほしい。

自己破産したオレから言わせて

自己破産は相談

最後に、自己破産をしたオレからどうしても言わせてほしいことがある。

自己破産をした人はほぼみんな「もっと早く専門家に相談すれば良かった」と言っている。

いずれ自己破産をして借金をチャラにするなら、

“今”返済に使っている金ははっきり言ってもったいない。

しかも弁護士に頼めばすぐに返済の催促を止めてくれる。

オレも返済に追われる日々がほんとにしんどかったよ。

だから相談して自己破産できたときは本当に肩の荷が下りた。

もう少し遅れていたら精神的に追い込まれて病気になったり、

夜の仕事に誘われて今とまったくの別人になっていたかもしれない。

今も忘れない瞬間がある。

当時、ざびは借金返済のために新橋のパチンコ屋でバイトしていて、

帰りにJR新橋駅のホームの端っこで電車を待っているとき、

不意に変なことが頭をよぎることもあった。

「ラクになるのかなあ」

今思い出してもゾッとする。

今生きているおかげで妻とも結婚できたし、子ども2人にも恵まれた。

キミが借金に苦しんでいるんなら、

「相談するタイミングは早すぎるということはない」

と断言する。

今は小さな一歩も踏み出しやすいサポート体制が整っている。

まずは無料のシミュレーションからぜひ活用してみてくれ。

ざび
ざび
ここまで読んでいるキミなら正しい判断ができるはずだ。

2分でサクッと借金減額シミュレーション

借金減額シミュレーションはコチラ
借金減額シミュレーションはコチラ