自己破産ライフ

【経験者が語る】自己破産しての結婚、4つの不安とその対策

自己破産しても結婚はできる?4つの不安とその対策を詳しく書いてみた
自己破産したいけど、結婚なんてできるの?
ざび
ざび
自己破産してもぜんぜん結婚できるぜ。実際オレもそうだ。

20代で自己破産して、そのあと結婚も考えている人もいるよな?

結論から言うと、自己破産しても結婚はできる。

とはいえ、不安もあると思う。

そこで今回は、自己破産後の結婚について不安に思うところ、疑問点をピックアップしてオレなりに答えていこうと思う。

この記事を読むとこんなことがわかる。

  1. 自己破産しても結婚するための心構え
  2. パートナーに自己破産の影響があるかないか
  3. 自己破産者の結婚生活の実際

一つずつ見ていこう。

Q1.自己破産がバレると婚約破棄されるのでは?

A.オープンにするのが大前提。破棄されたらそれまでの相手

自己破産しても婚約破棄されたとしたらそれはそこまでの相手ってこと
自己破産がバレるとフラれるから言いたくない・・・
ざび
ざび
オープンに話したほうがいい。話せない程度の仲なら結婚はやめておけ。

長期的に、冷静に考えてどっちがいいのか話し合う

まず、自己破産する前に事前に相手へ相談できればベストだ

じゃあ、もう自己破産してしまった場合どうするか。

まあ実際自己破産がバレると婚約破棄はありえるけどな。特に相手がキミの金を当てにしている場合は。そもそも金目当ての相手と結婚して本当に大丈夫かって話だが。

長い結婚生活だ。一つ忠告しておく。

日々隠すのってすんごいエネルギー消耗するぞ。詐欺師でもないかぎり絶対つらい。

このさいオープンにして、冷静に考えれば問題ないと相手に思わせることだ。

自己破産しても一定期間でカードなど復活できる

どういうことかというと、自己破産は7年間しのげば、だいたいの権利が復活する。

カードも使えるし、ローンも組める。つまり、長期で考えると問題がないケースがほとんど。

キミが借金をこれ以上しない前提だがな。

でも自己破産して結婚まで考えるヤツは覚悟が決まっている。もう借金はコリゴリだと思ってるだろ?

大事なのは「今」経済力があるのか

要は、「今」稼ぐ力があるんなら心配ない。相手にそこをアピールすればいい。

で、自己破産せず借金の利息を払い続けていたとしたら、資産も築きにくい、ってこともあわせて説明するんだ。

相手がキミとの結婚で安定した暮らしを求めているなら、自己破産が近道だってこと。

Q2.自己破産すると相手にも迷惑がかかるのでは?

A.相手や家族に悪影響がでることはない

自己破産してもパートナーに悪影響がでることはない

自己破産して結婚したからといって、何か戸籍上に書かれるわけでもないし、法律上不利になることもない

もし自己破産の手続き中に同居しているのであれば、「同居人」として名前が裁判所の書類に書かれるくらいだ。別に書かれたことが何かに影響することはない。

変な呼び出しや請求がくることは一切ないから安心していいぞ。

Q3.家のローンが組めないのは不便じゃないか?

A.しばらく賃貸でガマン。どうしてもほしいなら相手にローン組んでもらえ

家のローンは自己破産したら当分諦めるしかない
やっぱり結婚したらすぐマイホーム買いたいんだ。
ざび
ざび
持ち家なんて、あまーい。先の話だ。賃貸か実家でガマンせい。

ありきたりな回答だがこれが一番。

自己破産後はどうしたって自分の名前でローンを組むことはできない。現金をもってない限りマイホームはムリな話。

自己破産後7年でクレジット系の信用情報は復活するが、銀行関連の融資になると10年はかかる。

7~10年経ったら一度信用情報を確認してみるといい。

生活環境が変わるからじっくり考えたほうがいい

っていうか、結婚してすぐ家ほしいか?

それこそ金の使い方は慎重になったほうがいいぞ。

賃貸は掛け捨てで資産にならないけど、結婚後生活が安定するまで引っ越しとかもしやすい。

子供ができたりすると生活が激変するから、今住んでいる土地がほんといいのか、自分やパートナーの価値観も変わってくる。二人の勤務地や職も変わるかもしれんしな。

そういうことも視野に入れていくと数年は賃貸でじっくり考えて作戦を練ってもいいんじゃないか?

オレたちも今まさに持ち家を考えててよ。中古物件を探しているんだが、結婚して7年目だ。子供が2人いる。

都市部から離れて不便でも、土地が安くて子育てしやすい環境がいいんじゃないか、とかいろんな考えが出てくるんだ。家を買うのは家族の人数とか、未来がある程度固まってからのほうがいいと思うぞ。

どうしても早く家がほしい場合は、パートナーにローン組んでもらえ。それがムリなら素直にあきらめろ。

Q4.自己破産した自分が結婚生活をやっていけるのか?

A.自信がないのは金のこと?なら具体的に対策を立てよう

自己破産して結婚に自信がないのならプランを考えろ
自己破産した自分が、この先結婚なんてして、それこそいろいろ金がかかるし、やっていけるのかって。
ざび
ざび
漠然とした不安はいつも付きまとう。具体的に見つめて、対策を立ててみよう。

いざ結婚となると不安だよな。

結婚したら、結婚式、新婚旅行、出産費用、ベビーベッド、細かいところだとミルクやおむつ代が毎月かかる。

少なくとも今より自由に使える金は減るだろう。

自己破産した自分=金にだらしない、と自覚があるならまだマシだ。改めていけばいい。

なんで不安なのか、掘り下げて、少しでも対策できることをやっていくんだ。

自分の口座で生活費をまとめる

じゃあ具体的にどう対策するか。

金の管理で、オススメなのは生活費の引き落としはパートナーではなく、全部自分の口座にまとめること

  • 家賃
  • 水道光熱費
  • 子供含めた保険料
  • インターネット回線使用料
  • 生協やウォーターサーバーなど定期宅配系

など、毎月必要なものはぜーんぶ自分のほうで払う。

パートナーのほうではその他の食費や貯金に回す分を管理してもらえばいい。少なくとも自分で管理するより安全だろ?

こうすれば自分の給料はだいたい生活費に消える。否が応でも自分の浪費を防ぐことができるわけだ。

貯金はほどほど、適度に使え

もちろん余った分はギャンブルなどで溶かすんじゃないぞ。

貯金したり、息抜きで趣味に使うのももちろんいい。あとは誕生日プレゼント代や旅行代に積み立てたり、家族のために使うのも忘れずに。

ちなみに、給料入った時点でいくらかを先に貯金用口座に移す(天引きする)のも効果的。ただ最初からそんなに気合入れなくてもいいけどな。

貯金額は目安。気にしない

元から数百万貯金があったところで、長い結婚生活、あっという間に消えちまうもんだ。

大事なのは今どれだけ稼いで、節約して、生活をしていく能力があるかどうか。収支管理ができるかどうかだ。

目先の数百万なんて、今後何十年単位で見たときにたいした差がでない。日々の生活でいかようにでも逆転できる。

逆に言うと、もしキミに浪費癖があるなら、上に書いたように強制的に使えなくなる環境にする必要がある。

「いや、それはイヤだな」と思うならその程度の覚悟ってことだ。厳しいかもしれんが、結婚はやめたほうがいい。

しっかり節約意識があるんなら、OK。準備万端で結婚なんて理想論よ。相手がいいならGOしちまえ。

結婚直後はピンチだった

オレも最初からピンチだったよ。

結婚式も身内だけで、披露宴抜きで小さく収めようとしたけど、なんだかんだ記念写真とかつけてさ、最初の予算の1.5倍くらいになってしまった。

ワイフのカード払いでなんとか支払いを遅らしてもらったけど、危ない綱渡りだった。

結局ね、自分たちの支払い能力ぎりぎりまで、結婚費用は膨れ上がるってことよ。しかたない。変に節約して一生パートナーの恨みを買うよりはマシだ。

【体験談と感想】自己破産後、結婚してみて

自己破産して結婚した感想は、ワイフの強さと感謝の気持ち

運が良かったといえるくらいワイフができる人だった

ウチの場合、ワイフがとにかくできる人だったから、というのに尽きるわけだが、

ワイフのできるポイントを挙げておくと、

  • 惚れているんだから、自己破産は小さい問題という認識だった(らしい)
  • 自己破産とか小難しいことには執着しない性格だった
  • なんなら私が稼いでやるよと言えるくらい仕事をバリバリやっていた
  • ワイフ自身も借金をしていたからわりと寛容だった

自分で書くと照れ臭いが、ワイフはオレにゾッコンだった(今も、だと信じたい)。

なんでそこまで好きになってくれるのか分からんが、まあ基本誠実に生きてたからな。へまして借金地獄にはなったが。

ワイフとともに支え合った結婚当初

上に書いた通り、結婚当初はギリギリの生活だった。

オレの稼ぎもある程度はあったが、成果報酬型で、月の変動が激しいし、ボーナスがない。その点、ワイフは安定した給料+ボーナスがあった

でも実は、ワイフのほうにも借金があって、ボーナスも引っ越し資金と新婚旅行費、ワイフの借金返済に充てられたから思ったほど余裕がなかったぞ。

で、1年ほどして借金は完済できたんだ。大きな区切りだった。

苦楽をともにすると絆が深まる

オレも自分が自己破産してる分、彼女だけは絶対同じ目には合わせないと決めて返済はがんばったんだ。

(さすがに夫婦で自己破産はカードやローンの点で不利かなと。あとは額も100万円台だしそこまできつい返済ではなかった)

何が言いたいかというと、夫婦で覚悟を決めて、協力する体制ができていると結婚しても強いし、よりパートナーシップが磨かれるってこと。

苦楽を共にした仲ってね、やっぱりいいよ。相手の人間性とかぜんぶ見えるしね。

まとめ

結婚は不安の連続だ。完全に不安が消えることはない。金の有無関係なく、結婚する人はみんなそうだから。

”やっていけるかどうか”、じゃなくて”やっていくんだ”と決めるのが結婚だと思う。

準備は必要だが、最低限でいい。

  1. パートナーに正直に打ち明ける
  2. 浪費をしない仕組みを作る

浪費しない仕組みは上に書いた口座のやりくりを参考にしてくれ。

とにかく、具体的にプランすることだ。漠然と考えるのは何もしてないのと一緒と思え。

結婚式にどれだけ金がかかるか具体的にシミュレーションをしてみて、目標に届きそうならさっそく予約して見学してもいい。籍を入れるのは結婚式の準備期間でもいい。

パートナーとじっくりプランを考えてみてくれ。キミたちの幸せを願っているぜ。

自己破産を迷っているなら無料相談してみよう

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。正しい情報を知って、正しい判断をするためにはプロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

裁判所に直接「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所が答えたってことはつまり、公的な機関が認めた、公式の回答だ。

まずは弁護士に相談、これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題はできるだけ早く解決して、次の生活にエネルギーを向けたほうが立て直しも早くなる。

自己破産したいけど、弁護士に頼むのはすごく敷居が高い

そんな人はWebからの無料診断無料相談をするのがオススメ。

まずは小さな一歩から。気軽にはじめみよう。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

関連記事