自己破産

親が自己破産しても子に影響なし。他の借金対策も抑えておこう

親が自己破産したとき子に影響なし。ほかの借金解決方法も抑えておこう

ども、ざび(@dr_zawinul )だ。

親が借金まみれで大変。

ていう人は多いだろう。

オレも経験したことがあるからわかるよ~。

郵便ポストに消費者金融からの催促の手紙がわんさかくる。

親もストレスで病気がちに。

最悪命を落とす。

そんなふうになる前に、子としてはどういう関りをしたほうがいいのか、どういう影響があるのか。

金子まりお
金子まりお
あ~、親父のやろう困ったぜ。経営していた会社が倒産して借金2000万円背負っちまった。

ざび
ざび
ワオ、それは大変だ。返せるのか?

金子まりお
金子まりお
ムリだね。親父も持病が悪化して会社勤めもできないだろうし、新たに商売はじめる体力もないからな。

ざび
ざび
じゃあどうする?自己破産するのか?

金子まりお
金子まりお
うーん、でも子どもに影響ないの?オレだって2000万円なんて大金返せないよ。

ざび
ざび
基本的に親の借金は親の。子どもには関係ないから被らなくて済むぞ。

本当に親が借金しても子どもには関係ないのだろうか。

基本、親の借金を子どもが払う義務はない

ただ例外もあるから、ひとつずつ解説していこう。

親が自己破産をしても子の財産には影響なし

親が自己破産しても子どもに影響なし

親の借金が子どもに関係ないのとおなじように、親が自己破産しても子どもの財産に影響はない。

さっきの話にもあった相互扶助義務のことは自己破産するときにも一応きかれるけどな。

弁護士に、

「ご両親や親族は健在ですか?健在なら援助はしてくれないんですか?」

とね。

まあ、ムリよ。

頼れるんだったら最初からそうしてるわ!

って話。

いや、ほんとに子や親族に少し頼み込んで援助してくれそうな人ならやってみる価値はある。

そんな周りに甘えて迷惑をかけるわけには・・・と考える人もいるが、世間体ってそんな大事かね。

家庭環境は自分の資源だ

使えるもんは使ってしまえ。

本当に大事なものを守るために、自分のプライドを捨てて、親族に頭下げられるかどうかよ。

まあどうしてもいやならやらなくていいが、人生の優先順位はしっかり整理したほうがいい。

連帯保証人になっている

親が自己破産しても子に影響はないと言ったが、例外はある。

それは子が親の借金の保証人になっているケースだ

連帯保証人というのは、本人が払えないときは代わりに払う義務がある

関連記事:【体験談あり】連帯保証人とは合法的な”人質”である

今言っても手遅れかもしれんが、親とはいえ、連帯保証人になるのは考えたほうがいい。

親の借金は返す必要はない

親の借金は子が返す必要はない

そもそも、上に挙げたような連帯保証人でないかぎり、親の借金を子が返す義務はない

法律上では、親と子は別々の主体とされるから

一応民法では「相互扶助義務」の考え方はあるんだ。

民法第877条

直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある。

一言でいうと、「余裕があったら援助してね」っていう、かなーり弱めの義務になる。

「んなもん、余裕あるか!」っていう家庭がほとんどだから、親の借金を返すのに息子が援助しなければいけないなんて規定はない。

ぶっちゃけ、「やだやだ、絶対協力なんてしない」とごねてしまえば返さなくて済む。

法律で「いや、あなたは息子(娘)なんだから返す義務があります」とはならない。そこまで厳しく規定はしていない。

少しは安心したろ?

自主的に援助するのはいいがやりすぎ注意

親の借金を解決する良い方法

もちろんそのうえで自主的に親へ援助をするのはありだと思う。

ただ、あんまりやりすぎると泥沼になるからな

親も調子にのってギャンブルや浪費をしてすぐ子供に頼ってくるパターンもある。

キミ自身が経済的に苦しくなったら連鎖的に借金地獄へ突き落されてしまうぞ

金額が数十万円とかで一回きりならいいが、数百万、数千万円とかあったらキリがないだろう。

親の返済能力もないのなら、早めに親が債務整理をするなどして解決させたほうがいい。

関連記事:【経験者が語る】債務整理って?種類別にメリット・デメリットまとめ

相続をしたら借金払うはめに

親が亡くなって、キミが相続をするとなったら借金も受け継がれるぞ

いわゆる”負の遺産”だ。

ただ、相続放棄をすれば、借金は払わなくて済む

その代わり親の資産も完全に手放さないといけないけどな

この場合、資産と借金でどちらが上かによって決めればいい。

  • 資産のほうが多いなら相続
  • 借金のほうが多いなら相続放棄

たいていこの考え方でOKだ。

相続するにしても相続放棄するにしても手続きがめんどうだ。

時間がなかったりややこしい手続きが苦手な人は相続問題を得意とする弁護士に代行してもらうのもいい。

手続きの代行費用はざっくり3万円が相場だ。

自分でやるなら家庭裁判所に自分で行って手続きすることになる。

そこで書類や書き方などくわしく教えてくれるからそのとおりやればいいぞ。

収入印紙で800円かかるくらいだから、わりとハードルは低い。

借金より資産のほうが多い場合でも相続税や手続きの費用がかかるから、実際もらえる金額は削られるから注意だ

自己破産以外の債務整理

債務整理というのは自己破産を含めた、法的に借金を減らす手続きのこと。

人によっては個人再生や任意整理っていう方法のほうがいいかもしれない。

関連記事:【経験者が語る】債務整理って?種類別にメリット・デメリットまとめ

親が自己破産しても子に影響なし。他の借金対策も抑えておこう まとめ

  1. 親の借金は返す必要はない
  2. 親が借金を残したまま死亡した場合は借金も相続するから返さないといけない。ただ、相続放棄すれば返さなくていい
  3. 親が自己破産しても子の財産に影響はない
  4. ただし、親の借金の保証人になっている場合、親が自己破産すると請求がくる
  5. 本人が自己破産して連帯債務の一括請求を受けた場合、連鎖的に自己破産するケースが多い
  6. 親の借金を解決するにはほかにも個人再生や任意整理といった方法がある。

まだ借金で消耗してるの?

  • 今月も給料入ったら返済しなきゃ…
  • 返しても返しても元本が減らない
  • 延滞してて催促されるのがストレス
  • 借金を家族に隠しているのに疲れた

これらの悩みはすべて解決できる

すでに借金をしている人はムリにお金を作るより、いっそ借金を減らす方法を考えたほうがいい

借金を返すために借金をするなんてバカバカしいことはもうやめよう。

ざびも実際に使った方法で、借金が劇的に減ることで安心でき、ふつうの生活を取り戻すことができた

まずは借金がどれだけ減るのかシミュレーションできるので、一度やってみてほしい。

ざび
ざび
最初はみんなシミュレーションからやってるぞ。

今スグ30秒で借金減額シミュレーション

関連記事