自己破産の知識

自己破産したら飼っている犬や猫などのペットはどうなる?

自己破産したら犬や猫などペットはどうなる?
ざび
ざび
ども、ざび(@dr_zawinul )だ。

“自己破産をしたらペットや全ての財産が差し押さえられる”

これは真っ赤なウソ

自己破産をしても最低限の財産は残せるし、もちろんペットも無事だ

ただ、いくつか例外や注意しておきたい点がある。

今回は自己破産の制度と実際没収されるものの種類からペットの処遇について解説していくぞ。

関連記事:

自己破産すると貯金は全額没収?一つのラインは”20万円”

【不安解消】自己破産したらどうなる?3つの軸で総まとめ

【20代実家暮らし】自己破産する5大デメリットまとめ

実家暮らしで自己破産しても、親の持ち家が没収されない理由

自己破産で妻の預金も没収?どこまでが自分の資産?

自己破産しても犬や猫などペットは没収されない

自己破産しても猫や犬は没収されない

自己破産とは

自己破産とは、借金がどうしても払えなくなった場合、裁判所に申し立ててチャラにしてもらう制度

借金の金額と自身の経済状況によって基準が違うが、よほどのことがない限り申し立てを行えば免除される。

債務者にはこれ以上ない有利な制度だが当然デメリットもある。

その代表的なものが財産の没収。

関連記事:【20代実家暮らし】自己破産する5大デメリットまとめ

自己破産で没収される対象

自己破産では家具などは差し押さえられる 財産として没収されるのは20万円以上の価値がある家具やアクセサリーなど。

例えば大型のテレビやアンティーク家具など市場価値があり流通しているものは財産として差し押さえられる。

関連記事:自己破産すると貯金は全額没収?一つのラインは”20万円”

ペットは基本的に没収されない

自己破産で犬や猫は差し押さえられない ペットショップでは平気で20万円を超えるような犬や猫が売られている。

中にはペットローンという借金をしてまで買う人もいるくらいだ。

じゃあ犬や猫といったペットが没収される財産に当たるのだろうか。

さっきも触れたとおり、犬や猫などペットとして飼われていた動物は没収されない。

裁判所ではペットは”物”ではなく”命(家族)”として扱わるので基本的に没収されることはない

ただし、高価で流通しているものは財産と見なされ没収されることも稀にある。

例えば、観賞用の鯉や珍しい熱帯魚、イグアナなど。

ざび
ざび
維持費にもお金がかかりそうなペットばかりだな。

ペットが没収される具体的な線引きはない

絶対の基準はない。

まあ血統書付きの犬や猫もひょっとしたら没収の対象になるかもしれない。

ただある程度の期間飼われている犬や猫は一般的に市場価値が低い

財産を処分する側としてもお金にしにくいのであえて没収するメリットがないんだ。

ざび
ざび
没収される可能性はかなり低いとみていいぞ。

それでも絶対の基準はないので心配な場合は前もって弁護士などの専門家に相談してみてほしい。

無料相談して悩みを解決してみる

家畜とペットの違い

自己破産したら豚などの家畜はどうなる? もう一つ別の視点から考えてみよう。

鶏や豚など、食用などの家畜として飼っている場合。

自己破産すると家畜は当然市場価値があるので没収の対象になる

家畜なのかペットなのかという区切りは最終的に処分するかどうかで決まる

最近では南米の珍しいカブトムシを飼育してコレクションにしている人もいるよね。

もしカブトムシを販売して”処分”しているのなら没収される可能性が高い。

大事なのは自己破産してもペットを飼える経済力

自己破産で犬は差し押さえられない

大事なのは自己破産をしたとして、以後ペットを飼い続けるお金があるかどうか

自己破産をするくらいだからペットのエサ代や道具類をそろえるのもきついだろう。

場合によっては親族などに一時預けるなりして助けてもらい、自分の経済状況が回復してから戻してもらうのもありだぞ

ペットにも自分にもギリギリまで苦しい思いをさせるのは避けよう。

関連記事:【不安解消】自己破産したらどうなる?3つの軸で総まとめ

まとめ

  1. 基本的に自己破産してもペットは没収されない
  2. ある程度買っている犬や猫は市場価値が低いので没収する側もメリットがない
  3. 血統書付きだったり、鯉や熱帯魚、イグアナなど一部の高級ペットは没収される可能性はある
  4. 家畜は市場価値があるので没収される。同様にカブトムシなど市場に流通しているものは没収される可能性が高い
  5. 大事なのは自己破産したあとも飼い続けられるお金があるかどうか。一時的に親せきや友人に引き取ってもらうのも手。

自己破産を迷っているなら無料相談してみよう

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。正しい情報を知って、正しい判断をするためにはプロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

裁判所に直接「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所が答えたってことはつまり、公的な機関が認めた、公式の回答だ。

まずは弁護士に相談、これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題はできるだけ早く解決して、次の生活にエネルギーを向けたほうが立て直しも早くなる。

自己破産したいけど、弁護士に頼むのはすごく敷居が高い

そんな人はWebからの無料診断無料相談をするのがオススメ。

まずは小さな一歩から。気軽にはじめみよう。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

関連記事