自己破産の知識

【経験者が語る】自己破産して制限されること5つ【対策あり】

自己破産すると、家など財産が没収されて、持てるものも制限される
ざび
ざび
ざびは自己破産肯定派だが、人によってはけっこう厳しいかもしれん。

自己破産すると、ふつうに生活できるが、ちょいちょい、いろんなところで制限がかかる。

人によってはライフに重大な影響を及ぼす場合もある。

今回は自己破産したときの制限とその対策について、まとめてみた。

今回の記事を読むとこんなことがわかる。

  1. 自己破産したときの主な制限(デメリット)
  2. 「これはいい」「これはダメ」という制限の線引き
  3. 制限への対応の仕方

制限1.クレジットカードが使えない

自己破産するとカードが作れない制限がある
金子まりお
金子まりお
自己破産したらクレジットカードが使えなくなるって聞いたんだけど。
ざび
ざび
そうだな。5年間は少なくともガマンだ。
金子まりお
金子まりお
えー、5年も?ネットショッピングとか現金だと代引手数料かかってめんどくさいよー。
ざび
ざび
大丈夫。しっかり対策はあるから教えてやる。

やっぱり一番でかいのがカード使えないことだよな。

自己破産するとCICとかの信用情報機関に記録されちまう。

信用情報はクレジットカード会社が審査のときに見放題だから、「あ、こいつ自己破産してるな。ダメー」ってほぼ100%落ちるワケ。

自己破産してから5年間は記録されるから辛抱するしかない。

〈対策〉デビットカードで切り抜けろ

自己破産してもデビットカードは使えるぞ。

デビットカード:銀行口座とひもづけられたカード。決済すると即、口座残高から引き落とされる。

ただし、クレジットカードのようにポイントや特典はないと思っていい

とはいえ、ネットショッピングができるなら十分だよな。

ほぼ全対応だ。amazonだろうが楽天だろうがなんでもOK。

カードの登録方法とかはクレジットカードと同じだからやりやすい。

ちなみにミニマリストとして有名なしぶ氏(@SIBU__)は、決済はほぼデビットカード一枚で済ませている。

しぶ氏は楽天のデビットカードを選んでいる。だから楽天銀行とセットなわけだ。

動画にもあるように、クレジットカードだと1か月先に引き落としだから、心理的に負担にもなる。

だからかえってデビットカードのほうが良いという人もいるくらいだ。

自己破産したときは迷わず、銀行で発行しているデビットカードを試してみてくれ。

債務整理と自己破産の違いを経験者がわかりやすく解説

【見る?見られる?】自己破産データベース ってある?当事者の俺が解説

CICに行って自己破産の跡が消えたか確かめてきた

制限2.ローンを組んで分割払いができない

自己破産するとローンが組めなくなる制限がある

当たり前だが、自己破産したってことは金を借りても返せなかったって証拠だ。

ほかのところでまたローンを組んで分割払いできるわけがない。

クレジットカード同様、最低5年間はローン組めるまでかかると思ってくれ。

〈対策〉家族に組んでもらうか、現金でガマン

ざびの場合はワイフにローンを組んでもらったぞ。

分譲マンションを買うんだが、オレはまだ自己破産して7年程度、不動産会社に伝えると、じゃあ奥様のほうで、と言われて、ワイフ単独で住宅ローンを組むことになった。

たぶん自己破産経験者だと審査が不安だからって理由だ。実際に審査したら通ったかもしれないがな。

あとはローン組むことなんかないだろ?

屋根や外壁のリフォーム?そもそも自己破産したときに家ごと手放しているはずだから、今持ち家じゃないよな?

しばらくは現金支払いで、ガマンだ。節約して家計を立て直していこう。

【体験レポート】業者に自己破産を暴露した結果、妻単独でローン組むことに

自己破産しても最短ルートでローンを組めるようになる方法

iPhoneの分割払い途中で自己破産したらどうなる?

制限3.持てる財産が決まっている

自己破産すると、家など財産が没収されて、持てるものも制限される

自己破産すると財産は没収される

家や車など、20万円以上のモノが対象だ。カネになるからな。

だからスマホや服とか生活に必要なものは取られないから安心してな。

で、あとは現金だ。

現金で持てるのは99万円以下。それ以上は没収

たとえば自己破産前に300万円持っていたら、

201万円は没収、手元に残るのは99万円となる。

でもよ、自己破産しようとしているヤツがそんな金持ってないよな?

あるとしたら隠している場合だ。

隠したのがバレると、詐欺破産罪になるからな。

絶対バレると思ったほうが良い。ズルはやめておけ。

〈対策〉スッキリしたのを機に断捨離を進める

対策といえるかわからんが。

財産があってもどうせ没収されるなら、ついでにがんがん開放してスッキリさせてしまえって考え。

高い家具・家電があって没収されれば、家の中スッキリするだろ?

そうなればシメたもの、残った小物家電も服も靴もカバンもぜんぶ断捨離してみよう。

  • 売っても数百円程度ならゴミにだす
  • 大量にあるのなら買取業者へ
  • 数千円程度ならメルカリで
  • 数万円いきそうブランド品なら大黒屋で

断捨離について、この仙人氏(@tabasukozi)の動画が参考になるぞ。

断捨離すると整理整頓できて、心も落ち着く。

落ち着いたら、節約とか家計管理とか、金のこともしっかり考えられるようになるぞ

再出発には最適なプランだ。

制限4.スマホが使えない

自己破産すると、分割払い中のスマホが止められる制限があるかも

使えないってのは大げさだが、スマホが止められる可能性はあるぞ

スマホの分割払い終わってないヤツ、要注意。

分割払いも立派な借金だ

自己破産すると、スマホ代もチャラになる。

今使ってるそのスマホ、携帯会社の料金と一緒に払ってるよな?当然バレて、使うなよとストップかけられるんだ。

〈対策〉乗り換えキャンペーンを利用する

スマホ分割払い中だから困るって場合は、今のうちに別の会社に乗り換えるといい

乗り換えキャンペーンで機種タダになる場合もあるぞ

初期費用0円!格安スマホ【UQmobile】

今は格安スマホ戦国時代。あの手この手を使って、ユーザーを奪い合っている。

スマホ本体がタダはよくやる戦法だ。

ドコモやソフトバンクといった3大キャリアの人はこの機会に替えてみるといい。月額もだいぶ下がるぞ。

ざびも今使ってるの楽天モバイルだけど、機種は実質タダだったぜ。

制限5.特定の職に就くことができない

自己破産すると警備員など特定の職業が制限される

自己破産すると、一定期間だけ、ある特定の職に就いてはいけないってそれぞれ決まりがある。

大きく金に関わる仕事、信用が必要な商売だからだと思うがな。

特定の職の一例を挙げてみる。

  • 士業:弁護士や税理士、公認会計士など
  • 貸金業
  • 生命保険募集人
  • 警備員
  • 質屋
  • 建築業者
  • 風俗店の経営

職の制限がかかるのは破産手続きの開始から免責決定までの期間だけだからだ。

財産がない人(同時廃止)だと2、3か月くらいで解ける。財産ありだと半年から1年くらいかかるぞ。

〈対策〉自己破産を隠して続けるか、転職する

ざび
ざび
どちらにしてもリスクはあるぞ。

会社に自己破産がバレないならかまわず続けてもいい。

が、バレたら一気に信用度がガタ落ちで、廃業せざるをえなくなる

特に厳しいのが生命保険の外交員だ。

個人事業主なので、自分が信用。自己破産すれば信用はなくす。

所属している保険会社では、金融機関だから確実に官報をチェックしているので、自己破産したかどうかはバレる可能性が高いぞ

万が一キミが保険の外交員なら、個人再生に切り替えて会社にはバレずに済ますか、転職をするかの二択になると思う。

ただオレの経験上、保険の外交員やってる人は歩合制の職業を転々としていることが多い。だからまた別の営業に転職するのはヘッチャラな気はするんだ。

やっぱりねえ、隠しながら仕事するのって超ストレスだよ。絶えず人目を気にするしね。

まとめ

自己破産したときの制限をまとめると

  1. クレジットカードが作れない
  2. ローンが組めない
  3. 財産は99万円以下の現金と20万円以下のモノだけ
  4. 分割払い中だとスマホが止められる
  5. 数か月特定の職業に就けなくなり、場合によっては復帰できない

保険の外交員にはちとハードな制限かもしれないな。

でもあとは実際どうにか生き延びることはできそうなものばかりだろ?

財産だって自己破産するんだから、取られるの当たり前だしよ。

スマホだけ注意すれば自己破産ライフもすんなりスタートできると思うぜ。

自己破産を迷っているなら無料相談してみよう

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。正しい情報を知って、正しい判断をするためにはプロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

裁判所に直接「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所が答えたってことはつまり、公的な機関が認めた、公式の回答だ。

まずは弁護士に相談、これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題はできるだけ早く解決して、次の生活にエネルギーを向けたほうが立て直しも早くなる。

自己破産したいけど、弁護士に頼むのはすごく敷居が高い

そんな人はWebからの無料診断無料相談をするのがオススメ。

まずは小さな一歩から。気軽にはじめみよう。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

関連記事