自己破産

自己破産したら奨学金はどうすればいいのか徹底解説【経験談】

大学の奨学金で自己破産
ども、ざび(@dr_zawinul )だ。

27歳のときに借金938万円抱えて、自己破産をした。

奨学金も立派な借金というのは知っているよな?

自己破産すると、アコムとかの消費者金融やクレジットカードの未払いと同じ扱いになる。

ってことは奨学金も自己破産するとチャラになる

でも、奨学金は借金の中でも一番手ごわい存在だった

なぜか。

保証人がいるからだ。

キミも親や親せき、兄弟が保証人になっていると思う。

自己破産をすると保証人へ請求がいってしまう

うわあ、それは困る~というのでざびは奨学金だけを自分で返すという道を選んだ。

どういうことかはあとで言うが、自己破産したあとに自分で返すことができるんだ

ここでは自己破産したら奨学金はどうなるのか全体像を徹底解説していくぞ。

関連記事:

奨学金の連帯保証人が危ない理由と対処法まとめ

【体験談あり】連帯保証人とは合法的な”人質”である

【体験したオレが語る】自己破産とは何かをわかりやすく解説

債務整理中の不安や疑問への対応策まとめ

奨学金で自己破産する2つのケース

奨学金で自己破産する2つのケース

奨学金を返済できずに自己破産するケース

奨学金が返せないで自己破産するケース、いわゆる”奨学金破産”は2012年~2016年までの5年間で約1万5000人にのぼる。

ただ、これは奨学金貸与中の人がほかにも借金があって自己破産したケースも含まれているから、必ずしも奨学金が原因とは言い切れない。

もちろん奨学金しか借金はしていないが、やはり負担が大きくて自己破産せざるを得ないって人も数多い。

  • 学費そのものが増えているので借りる額も大きくなる
  • 非正規雇用などが増加して収入が不安定になっている

などが原因だと言われている。

奨学金以外の借金もあって自己破産するケース

奨学金もあるんだが、自己破産した直接の原因はほかの借金だったというパターンだ。

ざびもこちらのケースだった。

ここで注意しないといけないのは、奨学金だけを除いて、ほかの借金だけチャラにすることはできないってことだ。

上に書いたとおり保証人へ迷惑をかけるのがイヤだという人もいる。

もしほかの借金は減らしたいけど奨学金は返したいというのなら、任意整理のほうがいい。

関連記事:任意整理とは何かをわかりやすく解説【流れ・費用】

サクッと2分で借金減額シミュレーション

自己破産したら奨学金の保証人へどんな影響がある?

自己破産したら保証人にどんな影響があるのか。たとえば祖父

奨学金は保証人がいる借金

自己破産で奨学金もチャラでめでたしめでたし。

・・・といきたいところだが、そういうわけにはいかない。

なぜなら奨学金は借りるときに保証人がいるからだ。

なんでせっかく自己破産してチャラになったのにわざわざ奨学金を返し続けるのか?

それは奨学金を契約したときに取り決めた保証人に迷惑がかかるから。

奨学金ってのは連帯保証人保証人がいる。これが厄介なんだ。

自己破産すると保証人にどういう影響があるのか

連帯保証人と保証人へ請求がいく

自己破産するとまず連帯保証人と保証人両方に通知がいく。

あんたが代わりに払えと。

順番としては連帯保証人は借りた人と同じ責任があるから、優先的に返さないといけない。

保証人は、一応

“いや、あんたが返せよ”

と連帯保証人に言い寄れる権利がある。

保証人のほうが連帯保証人よりは責任が少し軽い。

ただ代わりに返さないといけないのは一緒だ。

連帯保証人と保証人の詳しい違いについては下の記事でも解説している。

関連記事:【体験談あり】連帯保証人とは合法的な”人質”である

整理すると、

  1. 本人が払えないと連帯保証人と保証人に請求がいく
  2. 連帯保証人は借りた本人と同じ責任がある
  3. 保証人は連帯保証人よりは責任が軽い
  4. だが本人も連帯保証人も払えないなら保証人が払わないといけない

破産の連鎖も起こりうる

専門家によると、自己破産した本人の連帯保証人も保証人も立て続けに破産するケースは100人に1人の割合だという。

3人とも払えないから連続して破産する

考えると恐ろしいが、借金を数百万円抱えて苦しむよりはかしこい選択だ。

ざび
ざび
借金をチャラにして生活がラクになればいい。

保証人はだれかをまずチェック

自分の奨学金の連帯保証人と保証人は誰なのか、まずチェックしてくれ。

おそらく

  • 両親
  • じいちゃん・ばあちゃん
  • 親戚のおじさん・おばさん
  • 兄弟

のだれかじゃないかな。

分からなければ奨学金の問い合わせ先にきいてみてくれ。

奨学金返還相談センター

TEL:0570‐666‐301(ナビダイヤル)

保証人との関係をどうしたいか

保証人と仲がよく、なんでも話せるなら相談してみよう。

思い切って奨学金を全額払ってもらうのもいい

「いやいや、そんなことできない。そもそも連帯保証人の親もお金ないし」

というのであれば、謝って、自分であとで払うように話をもっていこう。

例を挙げる。

連帯保証人が父で、保証人が祖父としよう。

まさにオレのケースだ。

親に収入があり、子供であるキミに対して快く支払ってくれるなら自己破産してもノープロブレムだろう。

親としても自前の資金だけで大学を行かせてやれなかったっていう負い目があるだろうからな。

そうではなくて親も無職で生活保護を受けていたりすると当然奨学金を払う余裕なんてない

そうなると保証人の祖父が払うことになる。

でも祖父も年金生活で支払うのはとてもじゃないがムリだ

そうなっちまうと、さらに父や祖父が親戚を巡って、金を貸してくれと頼みに回るしかない。

最悪その借金が元になって全員が自己破産するなんてことも

さっき触れた連鎖破産てやつだ。

オーマイガー・・・そんな姿を見たくはないよな?

申し訳ないと思うのが普通だ。

じゃあどうするか。

次の体験談でくわしく話そう。

【体験談】自己破産した後に奨学金は自分で返す

連帯保証人への奨学金の振込用紙

奨学金以外にも借金があった

自分で返す、これがベストだと思う。

でも自己破産は全部の借金をまとめてチャラにすることしかできない

オレのやった借金は、奨学金以外だと

  • 消費者金融
  • 銀行系カードローン数社
  • 信販会社のローン
  • クレジットカードの未払い

など大小さまざまだった。総額938万円。

奨学金だけは除いて他は全部チャラ、とか選べないぞ。

そりゃそうだ。他の金を貸した連中が”奨学金だけ返してもらうのはずるい、じゃあこっちも返せ”と文句を言うからな。

自分で返したくても返せない。さて困ったぞと。

ちなみに保証人がいる借金は奨学金だけだった

自己破産の手続きが終わった後に返す方法

オレがやっている方法はこうだ。

  1. 自己破産したら連帯保証人名義の振込用紙をもらう
  2. 連帯保証人に代わって銀行で支払う
  3. 振込用紙がなくなったら送ってもらう

もうすこしくわしく説明しよう。

自己破産の手続きが全部終わったら、連帯保証人の父名義で奨学金の振込用紙をもらう。

郵送しかないから父の住所を指定。

電話してお願いするんだが、父本人からやってもらう必要がある。

大きな声じゃ言えんが、オレの父親は重い病気で、学生支援機構とのやり取りもまともにできないからオレが代わりにやった。

声なんていくらでもごまかせる。

このとき、父と自分が別で住んでいたとしても同居しているということにして、自分の家の住所を指定してもいい

いちいち実家に振込用紙を送られても、実際銀行行って金払うのは自分だからな。

律儀に本当の実家の住所を言う必要はないわけ。自分が払いやすい環境を整えるんだ。

ちなみに支払うとき、銀行によっては振込用紙に電話番号を書いてと言われることもある。

実家の番号をそのまま書いて特に問題はないだろう。

何か電話がかかってくることはほぼない。

サクッと2分で借金減額シミュレーション

奨学金が原因で自己破産できないのはもったいない

オレの場合は奨学金は借金全体の1/4程度だったから返すとしてもそこまで重荷にはならない。

オレは奨学金を10年以上かけてコツコツいまだに返している。

もう数年で終わりが見えてきた。

他の借金のほうが金利も高いし、催促もくる

それが消えただけで楽になったぞ

ただ今は奨学金が原因で自己破産する人も増えている。

奨学金が主な借金で自己破産を考えている人はその分の負担が保証人に回るので、よくよく話し合うことだ。

親が了承するならいい。

親も分かっているからもし自分らで払えないなら同時に自己破産するだろう。

それもまた人生をやり直すには仕方がない選択だ。

まちがっても自分を責めてはいけないぞ

自分も一生懸命がんばった。

親も一生懸命がんばった。

その結果、仕方がなくする選択なんだ。

同じような選択をする人は毎年何百人、何千人といる。

自己破産は恥ではない

人生をやり直すためのツールだということをよくよくわかってほしい。

サクッと2分で借金減額シミュレーション

自己破産したあとに奨学金は借りれるのか?

今までの話は奨学金を受けている人が自己破産したケースだが、今度は逆。

自己破産した人がこれから奨学金を借りる場合だ

もし親や家族が自己破産したら奨学金を借りることはできないのだろうか。

奨学金を借りる学生本人が自己破産することはないだろうから、問題は保証人だ。

今まで見てきた通り、連帯保証人と保証人は奨学金が払えないときに保証しないといけないから審査が入る

自己破産していたら当然審査は落ちる

じゃあどうすればいいか。

奨学金を機関保証で借りる

機関保証というのがある。

連帯保証人や保証人を家族ではなく業者が保証する方法だ。

業者へ月々数千円払う代わりに奨学生が返済できない状況になったら奨学金を払ってくれる。

どうしても家族が保証人になれない場合は考えてみる価値はある。

まとめ

  1. 自己破産で奨学金をチャラにした場合、保証人に請求がいく
  2. 自己破産では奨学金だけ残してほかの借金をチャラにすることはできない
  3. 奨学金を機関保証で借りている場合は自己破産しても誰にも迷惑はかからない
  4. 自己破産で奨学金の保証人に請求がいく場合、破産した本人があとから払うようにすれば迷惑はかからない

自己破産を誤解してない??

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。

正しい情報を知って、まちがいない判断をするためには

プロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

以前裁判所に立ち寄って、直接

「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」

ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所も、弁護士に相談するのが基本だという認識だ。

「まずは弁護士や司法書士に相談」

これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”

と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題は早めに解決して、次の生活に集中したほうが立て直しも早くなる。

とはいえ、いきなり法律事務所に行くのも勇気がいるよな。

そんなときはまず電話での無料相談無料シミュレーションからはじめるといい。

本当に自己破産がいいのか、ほかの借金減額の方法があるのか、キミなりの答えがわかるはずだ。

まずは最初の一歩を踏み出してみよう。

借金減額シミュレーションをしてみる

関連記事
ざびの自己破産体験談
ざびの自己破産体験談