自己破産の知識

自己破産したら損害賠償はどうなる?離婚などケース別に解説

【損害賠償】離婚時の慰謝料も自己破産でチャラに

ども、ざび(@dr_zawinul )だ。

27歳のときに借金938万円抱えて、自己破産をした。

その後結婚、2児のパパとして復活を果たしている。

ざびは離婚での慰謝料や損害賠償請求の経験はないが、似たようなケースに遭遇している(下記参照)。

自己破産したら損害賠償はどうなるのか。

結論を言えば、損害賠償はよほど悪質なケースを除けばチャラになる

が、だからといって払わないのは逆に気が引けるという人は自由に払っていい。

くわしく解説していこう。

関連記事:

【要注意】自己破産しても慰謝料を払わないといけない5つのケース

自己破産で個人間の借金もチャラ。貸した側は丸々損?

【経験者が解説】自己破産の免責ってなに?チャラにならないの?

借金を返さないのは罪ではなくて”契約違反”だって知ってた?

自己破産すると損害賠償はチャラに

損害賠償は基本的に自己破産でチャラになる

基本、損害賠償は自己破産すると免責になる

さきに書いたとおり、損害賠償は自己破産でチャラになる。一部の例外は除く。

損害賠償を請求されている側からすればこんなにありがたいことはない。

相手の車にぶつけてケガをさせ、損害賠償金を分割して払っているなんてケースでは残りのお金を払わなくて済むわけだ。

まあ、しかし実際被害者側からするとすんげえ迷惑、納得のいかない結果だ。

しかも損害賠償金てのは原則一括払いだ。分割払いにすること自体かなり妥協してるのに、残りも払わないだと?ふざけんな!とな。

請求されている側も、それはさすがに申し訳ない。ほかはチャラになっても損害賠償金だけは払いますという人も多いだろう。

だから、自己破産後も話し合って損害賠償金だけは払い切るという選択肢もあるぞ

少しちがうが、オレも自己破産したときに奨学金もチャラに。ただ、奨学金の保証人である祖父へ代わりに払えと請求がいった。

さすがに年金暮らしの祖父に払ってもらうのは申し訳ないと思い、奨学金だけは今でも返済し続けている

自己破産していったん自分の支払い義務がなくなったお金を、再び自分の意思で払い続けることはできるんだ

ざび
ざび
ふつうは和解して支払い続けるほうを選ぶよ。

関連記事:【体験中】奨学金の連帯保証人はキケン。その制度と対処法まとめ

悪質な被害を与えた場合は免責されない

損害賠償がチャラになるといっても例外はある。

それは悪質な被害を与えた場合だ。

たとえば、夫が妻に暴力を振るってケガをさせ、診断書も出ている。

この状態で離婚して慰謝料を請求されている場合。

慰謝料:精神的苦痛に対する損害賠償

DVの場合、夫は悪意を持って被害を与えたと認められるので、損害賠償は免責されない。

逆に、夫が浮気をして嫌気がさして離婚した場合は慰謝料は免責される可能性が高い。よほど相手に害を与える意思がない限りな。

精神的苦痛を伴っているが、悪意を持って浮気をしたとは考えにくい、と法律上は考えられているんだ。

自己破産する側ではなくて、離婚をするときに慰謝料をもらうことを考えている人は注意してほしい。

相手が経済的に苦しいのがわかっている状態で離婚しても十分に慰謝料を払い続けることができないかもしれない。

まあそれでも請求はしたほうがいいがな。もし相手が自己破産をしてしまったらそれ以降はお金は期待しないほうがいい。

離婚時の慰謝料もチャラに

離婚時の慰謝料も自己破産でチャラに

離婚したときの慰謝料は損害賠償請求の一種だ。

慰謝料ってのは上に書いた通り「精神的」苦痛を伴う場合に当てはまる。

損害賠償請求でチャラにならないのは、上記のとおり、明らかに身体に危害を加えた悪意のあるケースとなる

だから浮気をしたとかの精神的苦痛だけでは自己破産でチャラになる可能性が高い

まあこれも結果論だから、チャラになったあとに自分の意思で払い続けるのはありだ。

というか、相手のことを本当に尊重にしているんなら、払い続けるほうを選ぶよ。

相手がよほど憎いのなら別だが。。

関連記事:【要注意】自己破産しても慰謝料を払わないといけない5つのケース

交通事故の損害賠償がチャラになる可能性

交通事故の損害賠償はチャラになる可能性も

損害賠償請求されるケースで多いのが交通事故。

ポイントは2つ。

  1. 物損事故で、相手の身体に被害はないならチャラに
  2. 危険運転致死傷罪にあたるような悪質な事故はチャラにならない

物損事故ならセーフ

物損事故:人を傷つけていない事故(人身事故じゃないほう)。被害は車、家、塀など。

  • 相手の車にぶつけた
  • 家の塀を破損させた

というような物損事故の場合は損害賠償請求されても、自己破産すればチャラになる(免責)。

被害に合った方は「ふざけるな、それとこれとは別だ。払え!」って言いたいだろうが、残念ながらいったんは諦めるしかない。

ただ、自己破産の手続きが終わったあと、民事訴訟に持ち込むって方法がある。

相手の悪質な行為だったことが認められれば非免責債権(チャラにならないお金)を勝ち取れる可能性はあるんだ。

ただし、相手はすでに自己破産をしている身。財産もほとんどなくなった状態で、果たしてどのくらい払ってくれるか。

期待しないほうがいい。

民事訴訟を起こすだけでも費用はそれなりにかかる。元を取れないで損してしまうおそれもある。

損害賠償を請求されている側からするとホッとするかもしれん。

が、可能なかぎり被害者に説明して、支払うようにするのが一番穏便に済む。

ざび
ざび
金額にもよるけど、数十万、数百万円程度ならほかの借金チャラにしたら、のちのち払えるだろ?

危険運転致死傷罪はアウト

危険運転致死傷罪:無謀な運転で死傷事故を起こした罪。

具体的には以下のようなケースで死傷事故を起こしたときに当てはまる。

  • アルコールや薬物の影響でふらついての運転
  • 超ハイスピードで走行
  • 煽り運転
  • 明らかな信号無視

この場合、悪質な行為とみなされて損害賠償は免責されない。

まあ、当然だよな。それぐらい重い罪なんだ。自己破産関係なく償わないといけない。

逆に、ただの不注意で車にぶつけて足を捻挫させた、とかの場合だと悪質度が弱いとみなされ、損害賠償は免責される。

不注意とはいえ相手を死亡させたり、重大な事故の場合は過失運転致死傷罪のほうが適用される。

過失運転致死傷罪のほうが危険運転致死傷罪に比べて刑罰は軽い。

ただ、どちらにしても損害賠償の金額は少なくとも2000万円以上とハンパないぞ。

自転車事故でも死亡事故はたくさん例があるからな。

金額が金額なだけに、ほとんどの場合、被害者側と話し合って分割しての支払になると思う。

ざび
ざび
自己破産したくなるのも分かるな。。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

まとめ

  1. 損害賠償金、慰謝料はよほど悪質なものでなければ自己破産で免責(チャラ)になる
  2. ただし、いったん自己破産で免責されてもその後に民事訴訟されて負けたら損害賠償金は払わないといけない
  3. DVなど離婚相手に悪質な被害を与えた場合は免責されない。
  4. それ以外の理由だと自己破産で免責される可能性が高いので慰謝料をもらう側は相手の借金事情に注意。
  5. 交通事故は危険運転致死傷罪になるようなものだと免責されないが、単なる不注意ならセーフ。
  6. 人に直接被害を与えていない物損事故なら損害賠償金は免責される

自己破産を迷っているなら無料相談してみよう

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。正しい情報を知って、正しい判断をするためにはプロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

裁判所に直接「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所が答えたってことはつまり、公的な機関が認めた、公式の回答だ。

まずは弁護士に相談、これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題はできるだけ早く解決して、次の生活にエネルギーを向けたほうが立て直しも早くなる。

自己破産したいけど、弁護士に頼むのはすごく敷居が高い

そんな人はWebからの無料診断無料相談をするのがオススメ。

まずは小さな一歩から。気軽にはじめみよう。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

関連記事