自己破産

【経験者が語る】自己破産したら滞納していた税金はどうなる?

自己破産しても税金は払う必要がある

「自己破産できたぞ~。これで借金チャラのチャラ男だぜ!」

と息巻いているキミ、税金は大丈夫だろうな?

税金をナメてはいけない。

最終奥義:自己破産をもってしてもチャラにないんだ

永遠に追いかけてくるぞ。

  • 所得税
  • 住民税
  • 固定資産税
  • 自動車税

いろいろあるが払っていないと手痛い仕打ちを受ける。

自己破産と税金、そのほかの払わないといけない金について解説していくぞ。

関連記事:

消費税は自己破産でチャラにならない?個人事業主は差し押さえ注意

【フリーランス以外も必読】税金・確定申告で損をしないための本レビュー

自己破産で差し押さえられる年金の種類と対処法を解説

自己破産しても税金は免除されない

税金は支払い義務が消えない

税金(「租税などの請求権」)は非免責債権の一つだ。

(正確にいえば、財団債権となる場合もあるが、支払い義務が消えないのは同じだからここでは省略する)

非免責債権:自己破産しても支払い義務が消えない債権。養育費や各種税金、損害賠償請求権などが代表的。

だから自己破産しても国や自治体の税金を滞納している分は免除されない

税金を納めるのは国民の義務だからな。

払えないなんて駄々こねると、きちんと払っている連中が

”ふざけるな!じゃあ俺たちも免除してもらうわ”

ってなって税金制度が崩壊しかねない。

そうならないために何が何でも税金は払わせるんだ。怖いだろ?

いざとなったら助けてくれそうな国が、最も厳しい取り立て屋になるんだ。

ざび
ざび
税金の滞納分は払うのが絶対。

チャラにならない税金のいろいろ

ざっくり言うと、以下のもの(公租公課)は支払い義務が消えない。

  • 所得税
  • 住民税
  • 法人税(事業者)
  • 消費税(事業者)
  • 相続税
  • 固定資産税
  • 自動車税
  • 不動産取得税
  • 国民健康保険
  • 年金
  • 保育料
  • 下水道使用料

自己破産を申請するときに出す書類で「公租公課一覧表」というのがある。

これは滞納している税金類をまとめたものだ

オレが自己破産したときは債権者一覧表の中に付属してつけた。

実際の公租公課一覧表がこれ。

実際の公租公課一覧表
ざび
ざび
町民税は仕方なく分割して払ったぜ。

社会保険料の滞納も自己破産でチャラにはならない

社会保険料も税金と同じで、滞納していたら支払い義務が残る非免責債権だ。

会社員の場合は給料から天引きされているから基本滞納はないはずだが、自営業とか自分で納めている人は滞納がないか注意したほうがいい。

税金は税務署だが、社会保険料を取り仕切っているのは年金事務所

もし払えない事情があるなら年金事務所のほうに相談しよう。

税金と同じく分納ができるはずだ。

税金が免除されるケース

税金は地獄の果てまで追ってくるのかと思いきや、そうではない。

実は一定の条件を満たすと支払いが免除されることもあるのだ

  1. 差し押さえる財産がない
  2. 財産を差し押さえると生活するのが難しい
  3. 滞納している人の住所も財産もわからない

以上のいずれかに当てはまれば滞納処分の執行停止が始まる。

そして滞納処分の執行停止が3年間続くと支払い義務が消えるんだ。

要するに

「こいつからはどうやっても取れない」

と自治体や国が降参した場合だ。

財産があるのに税金逃れをするのは犯罪だからやめておけよ

雲隠れするヤツもいるが、将来ろくな目に合わないからオススメしない。

自己破産するときに税金の支払いは自由にしてOK

自己破産には、

金を借りた全員へ平等に、返済ストップ

というルールがある。

つまり、一部の人間にだけ金を返して自己破産は、不公平でダメということ(偏頗弁済)

偏頗弁済については下の記事も参照。

関連記事:iPhoneの分割払い途中で自己破産したらどうなる?

しかし税金や社会保険料などは自己破産でチャラになる金ではないから自由に払っていい

というか延滞金も加算されていくので優先的に払うべきだ。

自己破産しても税金払えない場合

自己破産しても税金が払えない場合

税金がすぐに払えない場合は分けて払う方法も

でも安心してくれ。すぐに払えなくても分けて払うこと(分納)もできるぞ。

まずは地域の税務署や各自治体の窓口に相談しにいこう。

何もしないと延滞金が加算されてどんどん膨れ上がる

普通の借金の利息と同じだ。金利は低いけど。

納税の猶予をしてもらおう

お金がどうしてもないときは税金の支払いを1年間延ばしてくれる

これを納税の猶予という。

自己破産をしたのなら、お金が本当に苦しいんだなと認められる可能性はある。

念のため自己破産関係の書類をもって役所で申請してみよう。

注意したいのは、あくまで猶予であって免除ではないこと

だから滞納した税金は1年後には必ず支払わないといけない

税金の延滞金に注意

税金にも延滞金がある。

意外と金利が高いので注意したい。

計算の仕方はややこしいのでめんどくさい人は早見表を見てくれ。

適用期間納税期限から1ヵ月以内納税から1ヵ月以上経過
平成31年1月1日~平成31年12月31日年2.6%年8.9%
平成30年1月1日~平成30年12月31日年2.6%年8.9%
平成29年1月1日~平成29年12月31日年2.7%年9.0%
平成27年1月1日~平成28年12月31日年2.8%年9.1%
平成26年1月1日~平成26年12月31日年2.9%年9.2%
平成22年1月1日~平成25年12月31日年4.3%年14.6%
平成21年1月1日~平成21年12月31日年4.5%年14.6%
平成20年1月1日~平成20年12月31日

年4.7%

年14.6%
平成19年1月1日~平成19年12月31日

年4.4%

年14.6%
平成14年1月1日~平成18年12月31日年4.1%年14.6%
平成12年1月1日~平成13年12月31日年4.5%年14.6%
平成11年12月31日まで年7.3%年14.6%

ちなみにこちらのサイトで計算もできるぞ。

https://keisan.casio.jp/exec/system/14561995336379

延滞金は2か月以上過ぎると、最大で年利14.6%と一気に高くなる。

銀行系カードローンが年利14%だから、もはや消費者金融以上だ。

ちなみに住民税10万円を滞納した場合の延滞金は

半年で3,943円

けっこう高いだろ?

これが1年だと8,405円

2年だと12,868円

重ねるうちにさらに上がっていくからこわい。

当たり前だが、延滞金と合わせて税金を支払えばそれ以上加算されることはない。

税金の未払いを続けると差し押さえられる

税金を払わずに放っておくと、ある日いきなり家に押しかけてきて財産を差し押さえられるぞ

(ま、事前に通知はいくはずだが)。

ほかの借金とちがうところは、自己破産中であっても、滞納していたら差し押さえられる可能性があること。

自己破産する前に滞納していて、以前からの催促を受けている場合は要注意だ。

差し押さえまでの流れ

差し押さえられる流れは以下のようになる。

  1. 納税期限が過ぎる
  2. 督促状で催促
  3. 電話や手紙などで再度催促
  4. 財産調査
  5. 差し押さえ実行
  6. 公売やオークションで換価
  7. 滞納した税金へ充てられる

一つずつ見ていこう。

1.納税期限が過ぎる

たとえ1日でも過ぎると催促される。

もちろん支払えば止まるぞ。

納税期限は納税通知書に書いてある。

2.督促状で催促

納税期限を過ぎてから20日以内に役所から督促状が送られてくる。

3.電話や手紙などで再度催促

督促状を送ったのに滞納を続けて、なんの連絡もしない場合は再度催促される。

電話か手紙がふつうだが、場合によっては役所の職員が家を訪ねてくることもある

4.財産調査

こいつは払う気ないなと思われたら差し押さえの準備に入る。

まずはどれだけ財産があるかシラミつぶしに調べるぞ。

  • 戸籍
  • 不動産の取引
  • 車の有無
  • 勤務先
  • 銀行預金
  • 生命保険
  • その他債権

まあ、家と勤務先と預金を調べられたらだいたい察しがつくよな。

勤務先を調べるのはもちろん給料を差し押さえるためだ。

ちなみに給料の場合、社会保険料によってちがうが、最大で手取り金額の4分の1まで差し押さえられるぞ

5.差し押さえ実行

実行日、職員が家に訪問し、差押書を渡す。

そして人によるが具体的には以下のように差し押さえが実行される。

  • 車がある人はタイヤに器具をつけられ、ロックされる
  • 勤務先へ連絡され、給料も一部差し押さえられる
  • 銀行口座は差押通知をしたあと、ロックされてしまう
  • 一番ひどい場合、家電から日用品まで家にあるモノをとにかくダンボールに詰められて持っていかれる

ロックされた車や口座は滞納された税金が支払われるまで使えなくなるので要注意だ

6.公売やオークションで換価

公売会というイベントを告知し、一般人に買ってもらう。

そうめんや缶詰、米などの食品などを格安で購入できるとあって一部に人気がある。

ある自治体では、公売会で22万円の売上を目標にしていたところ30万円を超す結果になり、盛況に終わったという。

また、家や土地などをネットでオークションに出し、買ってもらう形式もある。

7.滞納した税金へ充てられる

財産がお金に替えられると、そのまま滞納した税金に充てられることになる。

こうして支払い義務を強制的に解消していくのだ。

差し押さえを避けるために役所へ連絡を

実際差し押さえを食らうと日常生活にも支障をきさす。

車が使えないだの、勤務先にバレるだの、たまったもんじゃない。

差し押さえを避けたいのなら、必ず役所へ連絡して、払う意志はあることを伝えておくこと

よっぽど税金を滞納し続けない限りそう簡単に差し押さえはされないのだ。

税金が払えないなら各所へ相談しよう

自己破産しようがしまいが滞納している税金は必ず支払わないといけない

本気で逃れようと思うなら家を持たず、行方をくらますしかない。

でもオススメはしないぞ。

逃げる精神的なプレッシャーも凄まじいからとても幸せにはなれない。

払うのがきつくても分納があるし、役所に連絡してきちんと対応すれば差し押さえとかも基本はしてこない

ざび
ざび
“黙って見て見ぬふり”が最悪だ。

滞納している税金や公共料金があったら後悔する前に関係機関へ相談しよう

ちなみに税金以外の借金があって負担が大きい場合、自己破産などの債務整理をすることでお金が作れる可能性がある。

税金がチャラにならないなら自己破産辞めようかなとあきらめている人はちょっと待ってほしい。

税金は自己破産でチャラにできないが、ほかの借金はチャラになる。

そうなれば滞納していた税金も支払えるかもしれない。

少しでも当てはまる人がいればまずは気軽に相談してみよう。

まず弁護士事務所へ連絡してみるのがいい

今なら無料で相談に乗ってくれるぞ。

まずは無料で法律事務所に相談してみよう

まとめ

  1. 税金は自己破産しても支払い義務が残る
  2. 自己破産の手続き中に滞納している税金の支払いをするのは問題ない
  3. 税金が払えないときは役所へ相談しよう。分納や納税の猶予を1年間もらえることもある
  4. 滞納した税金の年利は14.6%と非常に高いので注意
  5. 税金を滞納し続けていると財産を差し押さえられる
  6. 税金が払えないくらい別の借金をしているなら自己破産でチャラにするのはあり

自己破産を誤解してない??

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。

正しい情報を知って、まちがいない判断をするためには

プロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

以前裁判所に立ち寄って、直接

「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」

ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所も、弁護士に相談するのが基本だという認識だ。

「まずは弁護士や司法書士に相談」

これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”

と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題は早めに解決して、次の生活に集中したほうが立て直しも早くなる。

とはいえ、いきなり法律事務所に行くのも勇気がいるよな。

そんなときはまず電話での無料相談無料シミュレーションからはじめるといい。

本当に自己破産がいいのか、ほかの借金減額の方法があるのか、キミなりの答えがわかるはずだ。

まずは最初の一歩を踏み出してみよう。

借金減額シミュレーションをしてみる

関連記事
ざびの自己破産体験談
ざびの自己破産体験談