自己破産の知識

自己破産してもURに住むことは可能。メリットとデメリットを解説

自己破産してもUR賃貸に住める
  • 自己破産するとマンションが借りられない、でもUR賃貸住宅だったら大丈夫って聞いたけど・・・
  • 今URに住んでいるけど自己破産したらバレて追い出されないかな・・・

そういう不安を思っているならこの記事を読んで解決しよう。

結論を言うと、URには自己破産をした人でも住めるぞ。

一定の入居基準を満たしていれば問題ない。

くわしく見ていこう。

ざび
ざび
自己破産したからといってあきらめる必要はない。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

関連記事:

家賃滞納で自己破産した。保証人への影響はある?

自己破産したら土地は任意売却するのがベスト?ケース別に解説

自己破産して賃貸マンションから追い出さるケースと対処法

自己破産してもURに住むことはできる

自己破産してもUR賃貸に住める

今書いた通り、URには自己破産をした人でも住むことはできる

URに入居するときの審査で自己破産をしたかどうかは見られないんだ

じゃあだれでも住めるのか?

答えはノー。

やはり入居するには条件がある。

URは入居者に一定の収入がないと入居できない

入居者の月の平均収入が家賃の4倍または33万円以上という規定がある。ワオ。

ちなみに今すでに住んでいる人は住み続けることもできる

ただし、家賃を滞納していないことが条件だ

ではまずその前にUR賃貸住宅について知らない人向けにざっくり解説していくぞ。

そもそもURとは

URとは独立行政法人都市再生機構の略称で、元々”公団”と言われていたからいかにも公的なイメージだよな。
昭和から平成にかけて大規模ないわゆる団地を作っていたんだ。

とはいえ、今のUR賃貸住宅は決して低所得者向けに作られたわけではない

テレビCMで見た人も多いと思うが今はおしゃれで普通のマンションと遜色ないというよりむしろさきがけているくらい洗練されているんだぞ。

UR賃貸住宅の一例 浦安マリナイースト21望海の街 (千葉県浦安市)浦安マリナイースト21望海の街 (千葉県浦安市)

引用元:UR賃貸住宅公式サイト

となると住むことができる層も限られているんではないかと思うよな。

じゃあ次は、UR賃貸住宅と一般のマンションとの比較をしていく。

UR賃貸住宅のメリット

自己破産UR賃貸住宅メリット

メリット1.保証人が不要

UR賃貸住宅は永久に保証人が不要

自己破産をした人にとってはほんとデカイよ。

なぜなら通常は家族とかの保証人か保証会社に依頼しない限りマンションを借りることができないからな

ということは保証会社への本来支払う費用を払う必要がナッシング

少なくとも年に数万円出費を抑えられるので大きいな。

メリット2.手数料がかからない

UR賃貸住宅だと

  1. 礼金
  2. 仲介手数料
  3. 更新料

がいらない。

引っ越しをするときの初期コストを大幅に抑えることができる

頭金をさほど用意する必要がないからすぐに動きやすい。

更新料もかからないので引っ越した後も出費がなく安心だ。

メリット3.高齢者の場合には、家賃減額も可能

低所得の高齢者世帯の場合は家賃の減らしてくれる制度もある。

入居するときに相談してみるといいだろう。

UR賃貸住宅のデメリット

自己破産UR賃貸住宅デメリット

デメリット1.入居するのに収入で条件がある

はじめに書いたとおり、URに入居するためには

月の平均収入が家賃の4倍または33万円以上

というハードルをクリアしないといけない。

なかなか高い基準だよな。

家賃が8万円のところだと32万円以上だ。

でも、割安な物件だとそのぶん収入のハードルは下がる。

たとえば、こちらの物件は以下の条件。

  • 埼玉県坂戸市
  • 東武東上線の「北坂戸」駅徒歩1分
  • 2LDK
  • 築46年
  • 5階
  • 家賃48,500円

引用元:UR賃貸住宅公式サイト

この物件の場合、20万円収入があれば入居できるよな。

ちなみに職に就いてなくて収入がない場合でもUR賃貸住宅の基準貯蓄額がクリアできれば入居ができる場合があるぞ

2.不動産屋ではなくURの営業センターや現地案内所で申し込む

URに入居したいと思っても近くの不動産屋で申し込みするわけではなくUR賃貸住宅の実店舗へ行っての手続きが基本

インターネットなどで調べて、好みの物件がすでに決まっている場合は実店舗に行くのが早いだろう。

だが実際はUR物件を扱っている不動産屋が多く、相談していて数ある物件から結果としてUR物件を選んだ場合、不動産屋で全て契約までできてしまうんだ

URの暮らしぶりを探る

自己破産してもUR賃貸住宅に住める

オレの職場近くのUR賃貸住宅はもうタワーマンションのようなところで、1階に大手スーパーのチェーン(24時間営業)が入っている

UR賃貸住宅の一つ、東池袋ヴァンガードタワー東池袋にあるUR賃貸住宅「ヴァンガードタワー」
UR賃貸住宅 東池袋ヴァンガードタワーの入り口ヴァンガードタワーの正面入り口

引用:UR賃貸住宅公式サイト

なかなかゴージャスだろ?

毎週末昼メシを買いに行くから馴染みあるんだが、住人も羽振りのよさそうな人が多いわ。

カゴいっぱいに、たんまり買い物していくぞ。

で、レクサスやベンツ、アウディといった高級車でよく出入りしている

実は数年前仕事で都内のUR賃貸住宅を内見したことがあって実際内装も綺麗だったぞ

築年数が10年ほどあるせいか押し入れもあって少しだけ古臭い感じもしたがが床が赤っぽい配色で奇抜な印象だった。

もはやデザイナーズマンションに近い。夜は夜景が一望できる。自己破産UR夜景こんな感じだ。ロマンチックだろ?

改めてネットで調べてみると、その建物、案の定”高級賃貸というカテゴリーになっていた。

ちなみにここのお家賃は、

144,100円~328,000円。

うひょー。

ってことはここに住んでいる人は月収で少なくとも60万円以上、多ければ200万円クラスだ

他にも自分の家の周りにURのマンションが案外多くてビックリする。

とくに都心で共通しているのは、

  • 駅近
  • デカい
  • 真新しい

ということ。

オレが見てきた例はやや特殊かもしれんが、とにかく入居できるかどうかは実際UR都市機構に相談してみたほうが無難だ。

自己破産を考えているんなら法律事務所にお世話になると思う。

そこで弁護士によってはUR物件を案内してくれる。

まだ法律事務所を決めていないのなら試しに無料相談から始めてみるのをおすすめする。

無料で弁護士に相談してみる

UR賃貸住宅は全国で70万戸もあるからどこか条件に合うところが見つかるかもしれない。

気になる人は公式サイトから見てくれ。

UR公式サイト

すでにURに住んでいて自己破産した場合

自己破産UR賃貸住宅

よくあるのがURは公的な機関のイメージだから自己破産が知られたら追い出されてしまうのではないかとということ。

たしかに普通持ち家の場合は財産として差し押さえられちまうので別の住居を探さなければならない。

UR賃貸住宅の場合はもともと賃貸契約なので自身の財産ではないから住む権利が奪われることもない。

しかも家賃滞納していなければURに自己破産のことをまず知られないから安心だ。

自己破産をすると官報という国の発行している紙面に自分の名前が載るんだが常にチェックしている人はほぼいない。

ただし、家賃を滞納していれば自己破産したときにURが債権者の一覧に載るので100%バレる

で、滞納家賃について免責を求めるので”出て行ってください”と話が進んでしまう可能性が高い

自己破産をしても住む場所を探すところからだと引っ越し費用が負担になる。

経済を立て直すのに最初からつまずいてしまう。

自己破産を考えているなら極力家賃の滞納は避ける、もしくは優先的に解決してから自己破産を考えたほうがいい

関連記事:家賃滞納で自己破産した。保証人への影響はある?

まとめ

自己破産をしても収入(財産)の条件をクリアすれば新しくUR賃貸住宅に住むことはできる

元々住んでいた場合も自己破産したからといって追い出されることはない。

ただし家賃の滞納にだけは気を付けてくれ

UR賃貸住宅は快適性や利便性だけでなく、一般のマンションより借りやすいところが大きな魅力。

自己破産をした人にとっては救世主になるかもしれない。

自己破産を迷っているなら無料相談してみよう

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。正しい情報を知って、正しい判断をするためにはプロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

裁判所に直接「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所が答えたってことはつまり、公的な機関が認めた、公式の回答だ。

まずは弁護士に相談、これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題はできるだけ早く解決して、次の生活にエネルギーを向けたほうが立て直しも早くなる。

自己破産したいけど、弁護士に頼むのはすごく敷居が高い

そんな人はWebからの無料診断無料相談をするのがオススメ。

まずは小さな一歩から。気軽にはじめみよう。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

関連記事