お金の価値観をぶっ壊す

鎌倉幕府はなぜ借金を帳消しにしたのか?徳政令の実態に迫る

鎌倉幕府はなぜ借金を帳消しにしたのか?徳政令の実態に迫る

この記事は鎌倉時代に出された借金帳消しの制度、徳政令がどのような理由で出されたのかについて書いた。

借金を帳消し(チャラ)にするって常識では考えられないし、なんで?ってなるよな。

単純に疑問だし、学生ならどういう流れで帳消ししたかわからないと、知識として身につかない。

ここではできるかぎりわかりやすく解説したぞ。

ざっくり言うと、鎌倉幕府はお金に困った家来(御家人)を救うために徳政令を出した。

幕府は借金を帳消しにすることで、少しでも不満をやわらげようとしたんだ。

 この記事で借金帳消しの歴史学べて、現代にも役立つ教訓を得ることができるぞ。

参考書籍:『徳政令 なぜ借金は返さなければならないのか』早島 大祐著

この記事を書いた人

ざび 27歳で938万円の借金を抱え自己破産する。自身の痛烈な体験をもとにネットや書籍など執筆活動を展開。初の著書が2020年4月に出版。

くわしいプロフィールはこちら

鎌倉幕府が借金を帳消しにした流れ

鎌倉幕府はなぜ借金を帳消しにしたのか?徳政令の実態に迫る

御家人が借金をした理由

さて、鎌倉幕府が借金帳消しをしたのは、御家人の不満を和らげるためだった

じゃあ、そもそも御家人はなぜ借金をしていたのか、追ってみよう。

御家人:幕府の家来(武士)

理由は2つ。

1.「お金」の浸透と都市型生活

一つ目は貨幣経済の浸透と浪費だ。

御家人は都市部で生活をするようになり、ぜいたく品にも手を出すため、自然と借金をするようになる。

つまり、お金の使い方、マネーリテラシーがぜんぜんなってなかったんだな。

ざび
ざび
とりあえず現金ないからってアコムで借金してキャバクラに行くようなイメージだな。

おそらく、御家人は戦闘民族だから、お金のやりくりには弱いはず。

というか、そもそも鎌倉時代になってはじめて「お金」が普及していったからね。

学ぶも何も商人以外はみんなよくわからないって感じだったんだろう。

2.ほうびがもらえなかった

御家人が借金をしたもう一つの理由は、ほうびのもらえる戦がなかったことだ。

鎌倉時代、御家人たちは幕府との間で

御恩と奉公

の関係で力関係を保っていた。

つまり、ほうびをやるから戦えという意味だ。

この当時、御家人のほうびは戦(いくさ)で奪った土地だった。

今でいうと、完全歩合制の営業マンのような立ち位置だな。

ところが、鎌倉時代の中盤以降になると平和になり、戦がおこらない。

仕事をしようにも仕事がない状態だ。

ざび
ざび
平和なときの御家人の仕事を、幕府は考えていなかったんだな。

御家人は今ある土地を分割して子どもたちに配るから、土地が増えないかぎり、代がくだるごとに土地は小さくなっていく。

しかも、久々に超どでかい戦に駆り出されたと思ったら、外国だから奪える土地がない、

という大事件があった。

いわゆる元寇というやつだ。

中国から攻め込んできたんだが、勝っても中国の土地を奪えたわけもなかった。

御家人は戦の準備でさんざん借金した挙げ句、何ももらえずとまどった

せっかく頑張ったのに、ほうびがないからお金がない。

生活に困った御家人はさらに金貸しからお金を借りていくんだ。

借金帳消しを決意した鎌倉幕府

御家人からは「いい加減にしろ!」と文句がでる。

土地じゃなくてお金をやればいいんだが、「御恩と奉公の関係は戦と土地」って決まりはなかなか崩せない。

もっとも、元寇で疲れ果てた幕府にもそんなにお金の余裕がなかったんだろう。

もっとも、今みたいに土地自体に価値があったわけではない。

その土地から上がってくる収穫、つまり米や農産物が目当てだったのだ。

だからふだん御家人は自給自足の生活だった。

幕府は米を直接やるわけにもいかないし、どうしたもんかと頭を抱えていた。

そこで、

「とりあえず金貸しからの借金を帳消しにするから許してちょ」

と出されたのが永仁の徳政令だ。

借金帳消しは逆効果だった?

気になる徳政令の結果だが、かえって事態は悪化した

というのも、御家人はいったんは借金がチャラになって喜んだものの、ほうびがもらえないことは変わらず、結局生活に困ってしまった。

そして、お金を借りようとしたら、金貸しがノーをつきつけたのだ

「また徳政令で借金をチャラにされたらたまったもんじゃない。もうあんたらには貸さないよ」

当然といえば当然だ。

金貸しは徳政令をおそれて、お金を貸さなくなった。

御家人は借金さえできなくなって、不満が頂点に達していった。

もう力で訴えるしかなくなっていくんだ。

とうとう関東の御家人はみんな幕府を裏切り、滅ぼしてしまう。

徳政令と鎌倉幕府滅亡からの教訓

ここから読み取れる教訓は、

  1. 国が借金チャラを推し進めると、だれもお金を貸さなくなる
  2. 借金は経済を回し、人々の生活を支えている側面がある
  3. 借金を減らすだけじゃなくて、お金を配る、収入を増やす方法を考えないと問題は解決しない
  4. 人々が困窮して不満が爆発すると、暴動が起こって政治体制がひっくり返る
ざび
ざび
うーん、今の日本政府もこの教訓を学んで実践してほしいよ。とくに③ね。

室町時代の借金帳消し

鎌倉幕府はなぜ借金を帳消しにしたのか?徳政令の実態に迫る

室町時代は一揆による借金帳消しが行われた

鎌倉時代の徳政令があまりに有名なのでそんなに知られていないが、実は室町時代にも徳政令は出されている

1441年に起こった嘉吉の徳政一揆をきっかけに室町幕府が正式に徳政令を出した。

一揆っていうのは今でいう暴動みたいなもんだな。

嘉吉といのは元号で、その前の将軍足利義教が殺されてしまって、元号が変わった。

つまり、嘉吉の徳政一揆は、政治的に混乱にして幕府がバタバタしているのを狙ったものだった。

なぜ一揆が起こったのか?

当時は京都を中心に、土倉と呼ばれる金貸しが発達して、金融業が栄えた一方で、借金をする民衆も増えた。

さらに幕府のやりたい放題の重い課税によって、とくに京都近郊の住民は苦しんだ。

つまり、社会が二極化していたんだ。

情報戦で幕府に勝利し、借金帳消しを勝ち取る

そして、背景には馬借たちの活躍がある。

馬借というのは輸送業者で、今で言うヤマト運輸や佐川急便みたいな人たちだな。

馬借たちも給料が低く、人手も足りなくて不満があった。

ざび
ざび
今の宅配業者と似ているよな。

当時馬借は輸送で各地を回るため、いろんな情報を耳にし、広げる役目も担っていた。

情報ネットワークがすごく発達していたんだ。

その情報網を使って、各地で綿密に計画を練り、一気に蜂起して室町幕府を困らせた。

数で押す一揆軍は怒涛の勢いで京都を攻め、道も完全包囲して京中は食糧難になってしまう。

まさに非常事態だ。

幕府は仕方なく徳政令をだして、事態をしずめようとしたってわけ。

この徳政令は鎌倉時代のものよりもっと大々的なもので、日本全国に広まったぞ。

そのほかの時代の借金帳消し

鎌倉幕府はなぜ借金を帳消しにしたのか?徳政令の実態に迫る

江戸時代の借金帳消し

江戸時代には徳政令はなかったが、似たようなもので、棄捐令というのが出された。

寛政の改革で有名な松平定信が行った。

御家人や旗本といった幕府の家来たちの借金をチャラにするという意味では同じだ。

しかし棄捐令も効果はなかった。

結局金貸しが御家人たちにお金を貸さなくなったので、御家人たちは借りられず生活に困ってしまった。

ざび
ざび
おいおい、鎌倉の徳政令とまったく同じじゃねーか。歴史に学べよ。

現代の借金帳消し

現代では徳政令は出されていない。

今は借金の帳消しといえば、自己破産だ。

自己破産は、御家人全体とか広範囲ではなく、あくまで個人に対して行われる。

そもそも自己破産が定められている破産法は、アメリカの法律をもとに作られているからね。

だからアメリカンで思いっきり個人主義だ。

ざび
ざび
アメリカは個人の自由をめっちゃ尊重するからね。

自己破産した本人だけが、免責(借金チャラ)を認められる。

基本的にはその人の一族や周りの人たちに影響はない。

くわしくは以下の記事でミッチリ解説しているのでみてほしい。

関連記事:自己破産とは何か?めちゃわかりやすく解説【破産経験者】

奨学金徳政令

ちなみに、2020年現在、れいわ新選組という政党が、「奨学金徳政令」を訴えている。

奨学金に苦しむ555万人の借金をチャラに。
教育は完全無償化へ。

引用元:れいわ新選組公式サイト

奨学金破産なんて言葉もよくきかれると思うが、大学生は学費が足りないため、奨学金を数百万借りて、社会人になってからも返し続けないといけない。

これがけっこうつらいんだ。

今の人は就職できてもブラック企業できつかったり、そもそも派遣やバイトで給料が低く、奨学金を返せる余裕すらないんよ。

ざび
ざび
オレもいまだに返している。

こうした中で奨学金が払えないという理由で自己破産をする人が増えている。

関連記事:

「貯蓄ゼロ世帯」の実態を徹底調査【4割も?】

自己破産したら奨学金はどうすればいいのか徹底解説【経験談】

鎌倉幕府はなぜ借金を帳消しにしたのか?徳政令の実態に迫る まとめ

  1. 鎌倉時代の借金帳消し(徳政令)では御家人の不満をしずめるために出されたが、逆にそれ以降借金ができなくなり、失敗に終わった
  2. 室町時代の徳政令は金貸しの発達により、借りた側が苦しくなったことで起こった。この徳政令は日本全国に広まった
  3. 現代でいう借金帳消しは自己破産。徳政令のような民衆一般という広い範囲ではなく、個人の問題として扱われる

まだ借金で消耗してるの?

  • 今月も給料入ったら返済しなきゃ…
  • 返しても返しても元本が減らない
  • 延滞してて催促されるのがストレス
  • 借金を家族に隠しているのに疲れた

これらの悩みはすべて解決できる

すでに借金をしている人はムリにお金を作るより、いっそ借金を減らす方法を考えたほうがいい

借金を返すために借金をするなんてバカバカしいことはもうやめよう。

ざびも実際に使った方法で、借金が劇的に減ることで安心でき、ふつうの生活を取り戻すことができた

まずは借金がどれだけ減るのかシミュレーションできるので、一度やってみてほしい。

ざび
ざび
最初はみんなシミュレーションからやってるぞ。

今スグ30秒で借金減額シミュレーション

関連記事