マネー・節約

LINEポケットマネーの審査基準と審査落ちの理由を解説【実体験】

LINEポケットマネーの審査基準と審査落ちの理由を徹底解説
金子まりお
金子まりお
LINEポケットマネーって審査があるんでしょ?落ちないかな?
ざび
ざび
過去にクレジットカードの支払いを延滞していたり、オレみたいに自己破産していると落ちる可能性はあるな。

LINEポケットマネーはざっくり言うと、

LINEでお金を借りられるサービスだ

信用スコアに応じて貸付条件が変わるのが大きな特徴だぞ。

ただ、審査があるのでだれでも借りられるわけではない。

どういう基準で、どんな条件で借りられるのか?

落ちるとすれば理由は何か?

気になったので実際にLINEポケットマネーを体験してみた

その体験を踏まえて、今回は前半でLINEポケットマネーの審査について徹底的に切り込んでいく。

そして後半では改めて「LINEポケットマネーってどんな特徴なの?」という基本をまとめていくぞ。

LINEポケットマネーの審査基準と審査落ちの理由

LINEポケットマネーの審査と使い方について徹底解説する

LINEポケットマネーの本人確認と審査を体験してみた

まず、ざびのLINEポケットマネーの体験からレポートしていく。

審査の前にLINEスコアとLINEポケットマネーの申し込みを済ませておく。

LINEスコアはLINEアプリから入って15コの質問に答えれば出てくる

LINEスコアのことは記事の後半でくわしく話すぞ。

さて、LINEポケットマネーに申し込むには本人確認が必要になる。

こいつがクセモノで意外と難しい。

本人確認にはやり方が2通りある。

  1. 本人確認できる書類のアップロード
  2. 郵送

ざびは本人確認書類のアップロードを選んだ。

自分の顔や免許証など写真を何枚か撮る必要があるぞ。

写真の角度がうまくいかなくて、何度もやり直すはめになった

LINEポケットマネーを利用するうえでの最初の難関?かもしれない。

免許証は厚みが大事らしいので、側面の撮影をするときは、

手裏剣を投げるがごとくカードを倒して

「厚み」を撮ってみてくれ。

ざびも側面の意味がわからず裏面を撮ってしまって何度も

本人確認ができませんでした

と通知をくらった。

ざび
ざび
厚みを撮るってなかなかないよね。

そして人によっては会社の在籍確認があるから注意してくれ。

ちなみにざびの場合、在籍確認はなかったぞ。

LINEポケットマネーの審査時間

LINEポケットマネーのコンセプトは「急な出費に対応する」。

審査もすばやく行うそうだが、果たして本当なのだろか?

いざLINEポケットマネーに申し込み!

さあ、AIよ、一瞬で審査結果を出してくれ!

と思いきや、なかなかこない。

AIによる自動判定をウリにしている割には遅い

まず本人確認に半日近くかかる。

ガーン…

18:05に本人確認書類をアップロードし、

確認できたと通知が来たのが翌日の14:31だ

ちなみに夜の間も人の手で審査が進んでいるのかどうかはわからない。

おいおい、半日って冗談だろ?

AIがやるってのはウソか?

まあ、スコアはAIで出すけど、本人確認や審査は人間がチェックしているんだろうな

ざび
ざび
ややこしい。

しかも、本人確認が終わったあと、再度申込の手続きをしないと審査が始まらない

本人確認が審査かと思ったぜ。

それに気づいたのが本人確認ができた日の翌朝。

また借入金とか住所を入力させられて、いざ審査へ。

で、申込が6:18に完了して審査結果は8:22に届いた

お、朝早いな。

しかも審査時間自体は2時間

まあまあ早いよね。

でもAIが瞬時に出しているわけではなさそうだ。

とにかく、審査時間そのものより、本人確認のほうが難しくて手間がかかるから注意してくれ

LINEポケットマネーの審査結果

さて、気になる審査結果は…

  • 金利4.0%
  • 限度額30万円

おお、いいじゃん!

仮条件の3%よりは金利上がったが、それでも4%といったらありえないくらい低い!

そんな信用あったかなあ??

(ちなみにざびの信用スコアは後半に出ているのでチェックしてみてくれ)

これなら気軽に借りてもそんなに利息のダメージは大きくないよな。

ちなみに限度額の30万円というのは申し込むときに自分で最初に設定した。

いきなりMAX50万円で申し込んでもあやしまれるかなと思ってね。

ざび
ざび
借りすぎには注意しよう。

LINEポケットマネーの審査基準

LINEポケットマネーは、

  • みずほ銀行
  • オリエントコーポレーション
  • LINE Financial

の3社が共同で出資したLINE Credit会社が運営している。

ということは、

LINEを窓口にして、金融機関がノウハウとデータを伝授している

と見てとれる。

つまり、LINEポケットマネーで審査が通るかどうかというのは、みずほとオリコの審査基準が基本なんだ

ざび
ざび
審査に時間がかかったのも、みずほ側での確認があったからだろう。

じゃあLINEポケットマネーの審査は厳しいのか?

結論から言えば緩いと推測される。

ここで、個人へお金を貸し出すノウハウがあるオリコに注目してみよう。

オリコはみずほ銀行カードローンの保証会社にも入っていて、ローンの審査もするんだ。

また、オリコ独自でも「CREST」というカードローンを展開している。

CRESTの審査基準はみずほ銀行カードローンより緩いとされている。

審査基準が厳しい順にランク付けをすると、

  1. みずほ銀行カードローン
  2. CREST
  3. 大手消費者金融

つまり、オリコ一つとっても審査基準はバラバラなのだ

ただ一つ言えることは、

貸し出すターゲット層に応じて審査基準や貸付条件は変わる

そもそも今回なぜLINEポケットマネーにみずほとオリコが参加しているのかというと、

既存のターゲット層とはちがう層を狙いに来ているからだ

LINEユーザーは若い層が多い

当然お金を借りる経験も少なく、信用も浅い。

だからそういった層でも借りられるようにもっと審査を緩くしてくるはずなんだ

今までの大手消費者金融並みか、信用スコアによってはもっと低い基準で審査を通してくれる期待がある

LINEポケットマネーとJ.Score(ジェイスコア)の審査は同じ?

実は信用スコアで貸付条件が変わるしくみは、すでにJ.Scoreというサービスが2017年から展開している。

関連記事:【スマホでアプリも】J.Score(ジェイスコア)の評判が良い5つの理由

J.Scoreはソフトバンクみずほ銀行が共同出資してできた会社。

あれ?ここでもみずほが出てきたよ。

ということは、J.Scoreですでに借りたことがある人は、LINEポケットマネーも審査が通る可能性はそこそこ高い

おそらくみずほの中でJ.Scoreと審査する部門は被っているはずだからだ。

何もしていない人よりはJ.Scoreで借りて返済した過去がある方が強いのはほぼ確実

「返済実績あり」ということで審査も通りやすいからだ。

LINEポケットマネーで審査落ちになる理由

LINEポケットマネーの審査に落ちたとしたら以下のような理由が考えられる。

  1. 過去に延滞や踏み倒しがある
  2. 総量規制に引っかかっている
  3. LINEのサービスで未払いがある
  4. 収入が低すぎる
  5. 信用情報がまったくない
  6. アクセス過多

一つずつみていこう。

1.過去に延滞や踏み倒しがある

一番可能性が高いのは過去の支払いでやらかしているかどうかだ。

  • クレジットカードの支払いを滞納した
  • 信販会社で組んだローンの返済が遅れた

こういった行為をすると信用情報にキズがつく。

単純に忘れていたとか本人に悪気がなくても、支払いが遅れることが何回もあると事故情報として記録されるから注意だ。

実質審査を担当するオリコ側で、信用情報はバッチリみられる。

当然自己破産などをして借金を踏み倒したりしたら、99%落ちる

ただ自己破産などの記録は5~10年で消えるぞ。

ざび
ざび
ざびの審査が通ったのも自己破産から8年経っていたからだ。

関連記事:【画像あり】CICに行って自己破産の記録が消えたか確かめてきた

2.総量規制に引っかかっている

総量規制:貸金業者からは年収の1/3までしか借りられない決まり。

LINEポケットマネーは貸金業に分類される。

だからキミの年収が300万円だとすると、トータル100万円までしか借りられない。

住宅ローンとかは別ね。

消費者金融から借りる金額のトータルだ

たとえば、

  • アコムで50万円
  • プロミスで30万円
  • レイクで20万円

借りていたとすると、キミはこれ以上借金はできない。

LINEポケットマネーの審査に落ちたとしたら、総量規制に引っかかっている可能性もあるぞ

3.LINEのサービスで未払いがある

LINEのサービスでもし未払いのものがある場合、LINEの社内での信用がガタ落ちだ。

ふつうLINEスタンプとかのLINEサービスはアプリ内のコインなどで支払うので未払いは起きにくいんだけどね。

中にはクレジットカードで決済できるものもある。

一番ありうるのはLINEモバイルの支払いだろう。

滞納するとLINE社内での評価が下がって審査落ちする可能性がある。

4.収入が低すぎる

当たり前だが、収入がない人にお金は貸せない。

目安としては年収で100万円以上はほしいところだ。

審査基準についてはあとで書くが、大手消費者金融の条件と同じくらいと思ってほしい。

5.信用情報がまったくない

今まで何もお金を借りた経験がないと

「返済したことないけどほんとに大丈夫?」

と思われてしまう。

信用情報にキズがつくのはダメだよ?

でも、信用情報がまったくないのもダメなんだ。

とはいえ、

  • クレジットカードを作っている
  • スマホ端末を分割払いしている

この2つのうちどちらかでもやっていれば多少の信用はついているはずだ。

まだの人はLINEポケットマネーで借りる前に信用情報をためておこう。

ざび
ざび
信用情報の履歴をクレヒス(クレジットヒストリー)と言うぞ。

関連記事:【クレヒス・信用情報】自己破産後に最短ルートでローンを組む手順

6.アクセス過多

サービス開始当初はアクセスが多すぎたことが審査落ちの原因だったらしい。

が、今はだいぶ落ち着いてきている。

だからアクセス過多が審査落ちの理由とは考えにくい。

もしかしたらサーバーで障害が起きているのかもしれないから、

念のためツイッターのLINE公式アカウントで情報をチェックしてみてくれ。

LINEポケットマネーの審査に落ちたら借金の整理も考える

LINEポケットマネーの審査に落ちた人は残念だった。

原因をつかんで解消したら再チャレンジしてみてほしい。

だけどもし今キミがすでに借金で苦しんでいるのなら、自己破産を選ぶのもアリだぞ

事実ざびは自己破産して、またLINEポケットマネーで借りられるまでになった。

(借金はしないに越したことはないが)

早めに決断したから、年数が経って信用情報もきれいさっぱりチャラになる

自己破産したら人生終わりなんてウソだよ。

オレ自身が証明している。

まずは今の借金がどれだけ減らせるのか、

果たして自己破産でチャラにできるのか、

無料シミュレーションを試してみてほしい。

2分でサクッと借金減額シミュレーション

ざび
ざび
借金があるなら潔く自己破産したほうが立ち直りも早い。

LINEポケットマネーの審査基準と審査落ちの理由 まとめ

  1. LINEポケットマネーの申し込むときに本人確認は半日、審査は2,3時間かかる
  2. LINEポケットマネーは若い層がターゲットのため審査基準は緩い可能性あり
  3. 審査に落ちる理由はクレジットカードなどの延滞やLINEサービスの未払い、信用情報の履歴がないなどがある。
  4. 審査に落ちて、ほかの借金があるなら債務整理(自己破産)を考える
 

LINEポケットマネーの特徴【おさらい】

LINEポケットマネーとは

LINE公式サイトより

金子まりお
金子まりお
LINEポケットマネーってぶっちゃけ便利なの?
ざび
ざび
ああ、消費者金融やカードローンより金利が安くなる場合がある。手続きもLINEアプリで完結するからカンタンだよ。

改めてLINEポケットマネーの特徴をおさらいしていこう。

LINEポケットマネーはさっきも書いたとおり、

信用スコアに応じて貸付条件が変わる

のが最大の特徴だ。

ただ、そのほかにも押さえておきたい独自の特徴がある。

金子まりお
金子まりお
なんとなく借りようとしたけど、内容をよくわかっていなかった。

という人もいるだろうからしっかり目を通してほしい。

LINEポケットマネーの特徴
  1. LINEスコアによって貸付条件が変わる
  2. 少額の無担保ローン
  3. すべてのフローがLINEで完結する
  4. 現金ではなくLINE Payにチャージされる
  5. 返済方法はリボ払い

一つずつ解説していこう。

特徴1.LINEスコアによって貸付条件が変わる

LINEポケットマネーの最大の特徴が、このLINEスコアによる貸付条件の変化だ

LINEスコアのことに入る前に、まずは基本の貸付条件からおさえておこう。

LINEポケットマネーの貸付条件

金利

LINEポケットマネーの金利は

3.0%〜18.0%

これだけ見ると

「なーんだ、アコムと変わらないじゃん」

と思うだろう。

が、LINEポケットマネーは、LINEスコアの結果で大きく変わる

LINEスコアの数値が高ければ10%以下で借りられる可能性もある

たとえば、アコムで10%の金利で借りようと思ったら、過去に何百万円単位で借りて、きちんと返した実績がないとムリだ。

無担保ローンで金利10%

と言ったらふつうあり得ないくらい低い。

銀行カードローンでさえ12%がせいぜいだ。

貸付限度額

LINEポケットマネーの貸付限度額は

100万円となっている。

「少額ローン」だから仕方ない。

でも、100万円以下の借金なら借り換えできるんじゃ?

アコムとかなら金利18%だぜ?

仮にLINEポケットマネーで10%で借りられたのなら

アコムに即全額払ったほうが返す利息が減るよな

事実ざびは仮条件だが、3.5%で借りられると表示された。

(実際は4.0%だった)

LINEポケットマネーの審査基準と審査落ちの理由を解説【実体験】
遅延損害金

LINEポケットマネーの遅延損害金は20%だ。

損害金だから高いのは仕方ない。

毎月返せる範囲で借りよう。

ざび
ざび
余裕をもって返そう。

LINEスコアとは

ここからがキーだ。

より具体的な貸付条件はLINEスコアによって決まる。

でもLINEスコアって一体なんだ?

LINEスコアの公式ヘルプには以下のように書いてある。

LINEの利用傾向からLINE独自のスコアを算出し、ライフスタイルにあわせた嬉しい特典をもらえるサービスです。

「LINEの利用傾向」って?

ざっくりすぎてよくわからない。

まあ、その人の

  • 使っているLINEサービス
  • 利用する頻度
  • LINEサービスの支払い状況

などの情報を元にしていると考えていいだろう。

もちろん

  • 年齢
  • 住んでいる場所
  • 年収

などの基本情報も加味された上でのスコアだ。

LINEの公式は柔らかい表現にしているが、もっとドライに言うと、

LINEスコアは、AIがキミの「信用度」を数値で表したもの。

例をあげると、

「あなたのスコアは100です。

だから貸付限度額は10万円まで

貸付利率は18%です」

みたいな結果が返ってくるんだ。

ここの貸付限度額と貸付利率は人によって大きく異なる。

スコアはどうやって決まる?

こればっかりはAIが決めるので基準はわからない。

スコアは15の質問に答えていく中で自動判定される

判定の元となる情報は大まかに言えば以下のようなものだと推測される。

  • 住んでいる場所
  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 家族人数
  • 貯金額
  • 持ち家のあるなし
  • 今ある借入金
  • 交友関係
  • 趣味
  • LINEサービスの使う頻度
  • LINEサービスで使った金額
  • 使っているLINEサービスの種類

などなど。

以上の項目を膨大なデータから統計的に分析して、スコアを出すんだ。

統計的に

「こういう傾向の人は信用できるからこれくらい」

みたいに弾き出しているんだろう。

普通に考えれば、

「年収が高くて、LINEをよく使う人」

のほうがスコアは高くなる傾向にあるだろう。

  • スタンプをよく買う
  • LINE Payで買い物をしている
  • LINEモバイルを契約している

そんな人は何も使っていない人よりスコアは高いはずだ(断定できないけど)。

たとえば、

【年収1000万円のサラリーマン】

  • ゴルフが趣味
  • LINEモバイルを契約
  • LINE Payを使う

かたや、

【大学生のアルバイト】

  • ゲームが趣味
  • ソフトバンクを契約
  • ふだんはPayPayを使う

だとスコアがぜんぜんちがってくるはずだ。

金子まりお
金子まりお
じゃあオレも年収1000万と入力しちゃえ。

と考えるずるがしこいヤツもいる。

でもウソはすぐバレるからやめたほうがいい。

とくに借入金な。

さっきも言ったがLINEのバックにはみずほとオリコがいる。

みずほとオリコは信用情報機関に加盟しているから、

審査のときにどれくらい・どこから借リ入れたかバレるぞ

特徴2.少額の無担保ローン

担保とは借金が返せないときの保証のこと

家があるなら、

「返せないときは家をあげるから」

という条件でお金を借りる。

この場合、「家を担保にする」という言い方をする。

無担保ローンとは、”人質”になるような財産がなくても借りられるお金のことだ

ただし、借りられる金額には限度がある。

LINEポケットマネーでは、貸付限度額を100万円に設定している

アコムや三井住友銀行カードローンに比べてえらい低いよな。

だから少額の無担保ローンと言われているんだ。

なんと1円から借りることができる。

「コンビニで現金やチャージ残高が足りない、

けど銀行から下ろす手間はかけたくない…」

ってときに便利だ。

数百円・数十円足りないときは使える。

ATMだと千円単位でしか引き出せないし、手数料が100〜200円取られる。

LINEポケットマネーなら手数料もないからオトクだよな。

ただし、1万円を借りて年利18%だとしたら、

1ヶ月返し忘れると150円ほど利息つく。

忘れるとめんどうだから注意してくれ。

ざび
ざび
即返せるならLINEポケットマネーで借りちゃえばいいけどね。

どちらが得かの見極めはしっかりやってほしい。

ちなみに金利によるが、

「1万円借りて1日放置するたびに5円取られる」

というのを、一つの目安にしてくれ。

特徴3.すべてのフローがLINEで完結する

LINEポケットマネーはLINE上ですべての操作が完結できるから圧倒的にラク。

ATMに行って返済、なんてめんどうなことはしなくていい。

プロミスなどの消費者金融も「アプリで完結」とうたっているが、まずアプリをダウンロードするのがめんどい。

LINEならほとんどの人が日常使っているから圧倒的にラクだよな。

ざび
ざび
LINEユーザーからすれば便利。

特徴4.現金ではなく、LINE Payにチャージされる

LINEポケットマネーは、LINE Payの機能の一部という位置づけだ。

LINE PayはLINEがやっているスマホ決済サービス

常に何かしらキャンペーンをやっていて、お得に買い物ができる。

コンビニやファミレス、ドラッグストアなど幅広い場所で使えるぞ。

話をもどすと、LINEポケットマネーで借りたらLINE Payの残高にチャージされるしくみになっている

ん??

ということは、LINE Payで払えるところ以外だと使えないじゃん?

コンビニとかファミレスで使うために何十万円と借金するバカがどこにいるんだ。

現金出ないんじゃ意味ないだろ!

と心配のキミ。

安心してくれ。

LINE Payは現金化できる

(ちなみにPayPayはチャージしたら現金化できない。)

出金というのをタップしてやれば、銀行口座に振り込まれるぞ。

カンタンだろ?

ただ、出金手数料に220円かかるから注意してくれ。

特徴5.返済方式は「残高スライド元利定額リボルビング方式」

ざび
ざび
わっけわからない用語が出てきたな。

この「残高スライド元利定額リボルビング方式」、カンタンに言うと、

借り入れ金額に応じて毎月の返済額も決まる方式。

特徴は、

  1. 毎月の返済額は一定で負担が少ない
  2. そのぶん返済期間が長くので返済総額は大きくなる
  3. 毎月の返済額の中に元本と利息が混ざっている
  4. だんだん利息の割合が減っていく
  5. 繰り上げ返済ができる

だから余裕のあるときは多めに返済していけばトータルの負担も少なくなるぞ。

ちょっとイメージしにくいから、実際の例をあげる。

たとえば、金利18%で50万円借りた場合。

毎月13,000円ずつ、ラストは10,057円の計58回払いになる

約5年かけて返すんだ。

毎月の返済金額は以下の表で決まっている。

LINEポケットマネーの審査基準と審査落ちの理由を解説【実体験】

LINEPocket Money 「融資の取り扱いに関する規約」より

LINEポケットマネーの返済期間・回数

以上見てきたように、返済期間と回数も借入金額によってちがう。

  • 契約極度額30万円以下:1~36か月、1~36回
  • 契約極度額30万円超:1~60か月、1~60回

こうして見ると消費者金融より期間は短い。

そりゃ限度額も少ないからな。

LINEは今、LINEポケットマネーをテスト運用しているとの見方もできる。

「このサービスいけるな」と思ったら本格的に貸金事業を展開するだろう。

近い将来に限度額の上限が上がったり、返済期間も大幅に延びる可能性はある

ざび
ざび
最大で5年だがそのうち延びるかも?

LINEポケットマネーと他サービスの比較

LINEポケットマネーはほかのキャッシングとどうちがうのか。

  • アコム
  • 三井住友銀行カードローン

の2つと比較してみた。

まとめると以下の表になる。

項目LINEポケットマネーアコム三井住友銀行カードローン
金利3.0%~18.0%3.0%~18.0%4.0%~14.5%
融資額1円〜100万円1万円~800万円10万円~800万円
融資可能時期即日?即日申込日から2、3日
返済方式残高スライド元利定額リボルビング方式定率リボルビング方式残高スライド元利定額
返済期間・回数最長60か月・60回最長9年7か月・100回5年ごとの自動更新
遅延損害金20.0%20.0%19.94%
返済方法LINE店舗・ATM・インターネット銀行振込・ATM・口座振替
総量規制対象対象対象外

ぱっと見、どれも変わらんと思うかもしれないが、

LINEポケットマネーは上で見てきたとおり、LINEスコアによって貸付条件が変わる。

人によってはありえないくらい金利を下げることもできる

ざびのように4%という低金利で借りられる人もいるぞ。

ざび
ざび
4%と18%じゃ雲泥の差だな。

LINEポケットマネーの使い方

審査が通ったら実際にLINEポケットマネーを使ってみよう。

1円単位から借りられるからテストしてみてもいい

借入方法

借入はとてもカンタンだ。

まずLINEを起動して、下にあるメニューの「ウォレット」→「スコア」→「LINE Pocket Money」をタップ。

LINEポケットマネーの審査基準と審査落ちの理由を解説【実体験】

「利用開始する」をタップ。

 

LINEポケットマネーの審査基準と審査落ちの理由を解説【実体験】

借入金額を入力して「借入する」をタップ。

LINEポケットマネーの審査基準と審査落ちの理由を解説【実体験】

パスコードを入力。

LINEポケットマネーの審査基準と審査落ちの理由を解説【実体験】

これで完了。

1分あればできる。

返済方法

続いて返済方法。

LINE Payのチャージ残高から返済するのがラク

LINEを起動して、「ウォレット」→「スコア」→「LINE Pocket Money」をタップ。

LINEポケットマネーの審査基準と審査落ちの理由を解説【実体験】

「返済する」をタップ

(写真では返済終わったので灰色になっているが、借入残高があるときは緑色)

 

LINEポケットマネーの審査基準と審査落ちの理由を解説【実体験】

返済金額を入力し、「LINE Pay残高」を選択。

LINEポケットマネーの審査基準と審査落ちの理由を解説【実体験】

これで返済完了。

ざび
ざび
めちゃくちゃカンタンだな。

LINEポケットマネーの注意点

セキュリティに穴がある

2019年9月にLINE Pocket Moneyで情報漏えいの事故があった。

LINEポケットマネーの審査基準と審査落ちの理由を解説【実体験】

実際に金額的な被害はないようだが、これから個人情報がどう利用されるかはわからない。

これからもLINEへサイバー攻撃が仕掛けられる可能性はある。

便利だから流出しても仕方がないと割り切るか、やっぱりやめておくかはキミ次第だ。

一つ言えることはどんな大企業でもセキュリティを100%万全にすることはできない。

ざび
ざび
ヤフーや楽天も一度は情報漏えいしているからな。

LINEポケットマネーについての口コミ

2019.12.03追記

2019年11月13日に突然発表された、

ヤフーとLINEの経営統合

ヤフーとLINEが統合合意を正式発表

こりゃ驚いた。

LINEポケットマネーとJ.Scoreが統合される日もくるだろう

両方ともみずほ銀行とタッグを組んでいるし、貸付条件をスコアで変えていくしくみも同じだ。

1つの会社で同じサービスを2つ持つのは意味がないよね。

その統合の前段階として、まずは決済アプリの動向が注目される。

ヤフーが展開するPayPayLINE Payが統合されるとしたら、LINEポケットマネーもその一部として組み込まれることになるだろう。

そのときにはアプリ画面や審査条件、貸付限度額などが大きく変化する可能性がある

LINEポケットマネーの特徴と使い方 まとめ

  1. LINEポケットマネーはLINEスコアによって貸付条件が変わる
  2. 借入限度額は100万円。1円からでも借りられる
  3. LINEポケットマネーで借りたお金を口座へ振り込むときには手数料で220円とられる。
  4. LINEポケットマネーの金利はスコアによって変わり、10%以下で借りられることもある
  5. LINEポケットマネーの返済は毎月定額で、繰り上げ返済もできる
  6. LINEポケットマネーの借入や返済はアプリからカンタンに可能

自己破産を誤解してない??

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。

正しい情報を知って、まちがいない判断をするためには

プロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

以前裁判所に立ち寄って、直接

「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」

ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所も、弁護士に相談するのが基本だという認識だ。

まずは弁護士や司法書士に相談

これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”

と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題は早めに解決して、次の生活に集中したほうが立て直しも早くなる。

とはいえ、いきなり法律事務所に相談するのも勇気がいる。

まずはざびの体験談をカンタンにまとめたので目を通してみてほしい。

こうすりゃよかった!ざびの自己破産体験談

 

関連記事
借金減額シミュレーションはコチラ
借金減額シミュレーションはコチラ