自己破産の知識

任意整理とは何かをわかりやすく解説【流れ・費用】

任意整理とは何かをわかりやすく解説
ざび
ざび
ども、ざび(@dr_zawinul )だ。

27歳のときに借金938万円抱えて、自己破産をした。

任意整理って借金が減るとは聞いたけど、実際どうなの?

と漠然と不安に思っている人も多いと思う。

正直任意整理は弁護士を通していろいろな債権者と交渉するのでいろんなケースがある

ざっくりまとめるのが難しい。

ここではあまり込み入ったことまで触れないけど、代表的な疑問

  • いくら減るのか?
  • メリット・デメリットは?
  • いくらかかるのか?
  • どんな流れでやるのか?

このあたりを中心にわかりやすく解説していくぞ。

また、自己破産とのちがいもみていくから参考にしてほしい。

関連記事:

【経験者が語る】債務整理って?種類別にメリット・デメリットまとめ

債務整理中の不安や疑問への対応策まとめ

債務整理と自己破産の違いを経験者がわかりやすく解説

任意整理とは何かをわかりやすく解説

任意整理とはわかりやすく

任意整理は一番手軽な債務整理

まずは言葉の意味から。

任意整理は債務整理の中の一つだ。

債務整理:法的に借金を減らす手続き。任意整理のほかに特別調停、個人再生、自己破産がある。

任意整理:利息分をカットして借金の返済額を減らすことができる債務整理。

ちと言葉が似ていてややこしいが、覚えてほしい。

債務整理の中に任意整理がある

「野菜」と「キャベツ」の関係だと思ってくれ。

「野菜」が債務整理で、「キャベツ」が任意整理だ。

任意整理は債務整理の中でももっとも多く利用されているぞ

これは弁護士や司法書士らの専門家たちの体感値で、正確な統計データはないんだけどね。

年間300万人ほどが任意整理をしているという予測があるくらいだ。

ざび
ざび
日本人の30人に一人はやっている?

意外に借金が減る?任意整理のスゴみ

もう少し具体的に数字をみていこう。

任意整理をやるとどれくらい借金が下がるのか。

たとえば、ざびのツイッターのフォロワーさんの例だと、

返済総額300万以上→150万円

月々返済10万円→月々3万円

え?そんなに減るの?と思うかもしれないが、これは相手との交渉次第だな

複数借金をしているなら複数の相手と「これくらいなら返せます」とか弁護士が交渉して進めるんだ。

一部の貸金業者が高額な金利を取っていたとしたら半額くらい極端に減るケースもある。

法律で決められている金利の上限は以下のようになっている。

元本10万円未満 20%
元本10万円以上100万円未満 18%
元本100万円以上 15%

元本っていうのはもともと借りた金額のことだな。

もしこれ以上の金利で借りていたとしたら(過払い金)大幅に借金の総額を下げることができる

もちろんこの法律内の金利で借りていたとしても利息分をカットすることで借金は減らせるぞ

まずは弁護士や司法書士に相談してみよう。

現状を把握したあと、どういうプランで返していくかいっしょに作戦を練ってみてほしいんだ。

無料で法律事務所に相談してみよう

任意整理と自己破産のちがい

任意整理とざびがやった自己破産とのちがいをざっくりまとめてみた。

項目 任意整理 自己破産
減らす借金の種類 選べる 選べない
借金の減る金額 20~50% 100%
クレジットカード 一時的に使える 使えない
財産 差し押さえられない 差し押さえられる
官報 載らない 載る

自己破産は全額チャラにできるぶん、デメリットがたくさんある。

関連記事:【20代実家暮らし】自己破産する5大デメリットまとめ

任意整理は自分で減らす借金を調整できるし、裁判所を通さないでやる手続きだからペナルティも少ない。

任意整理のメリット・デメリットまとめ

任意整理のメリット・デメリット

任意整理のメリット

  1. 返済額が大幅に下がる
  2. 催促が止まる
  3. クレジットカードが残せる

返済額が大幅に下がる

先に見てきたとおり、任意整理をすると全体の返済額が20〜50%ほど下がる。

利息分がカットされるからだ。

過去に払いすぎた利息、将来かかる利息、これらを引いて支払っていくんだ。

たとえば月々の返済額でみると、3万円だったのが1万円ちょっとになる可能性もある。

人によって減る額はちがうから鵜呑みにはしないでくれ。

催促が止まる

毎月「返済が遅れています、一刻も早く払ってください」と電話や手紙で”攻撃”してくる。

そんな催促がストレスになるよな。もういやだ。

任意整理を弁護士や司法書士にお願いすると催促がパタッと止む

最速だと頼んだその日のうちに止まる。

毎月の”返済プレッシャー”によるストレスから解放されたい人には本当にオススメだ。

催促されるだけでその日の気分や体調、モチベーションに大きく影響がでるからな。

想像以上に気分が晴れやかになるぞ。

関連記事:借金の催促を無視するとどうなる?差し押さえられる前に対策

クレジットカードが残せる

自己破産とちがって任意整理の場合、減らす借金を選べる。

だからクレジットカード会社は含めず、ほかの借金だけ任意整理すれば、クレジットカード会社にはバレない。

つまりクレジットカードは引き続き持てる。

ただし、カードの更新のときは審査をするのでバレる。

バレたらほぼ確実にカードは持てなくなる。

だから任意整理をしてクレジットカードが持てるのは次の更新時期までだ。

クレジットカードが持てるようになるには任意整理をしてから5年後が目安だ。

ざび
ざび
これは自己破産と共通だな。

関連記事:自己破産して5年経過したらクレジットカードを作ろう【体験談】

任意整理のデメリット

  1. 弁護士費用がかかる
  2. ブラックリストに載る
  3. 引き続き借金返済が続く

弁護士費用がかかる

任意整理はタダではできない。

弁護士にお金を払わないとできない。

あとで詳しく説明するが費用は10〜20万円ほど

これはどの債務整理の場合も言えることだが、特に任意整理の場合は自分で手続きをやる人はほとんどいない。

自己破産の場合は裁判所にお願いして無条件にチャラにしてもらうから手順は決まっている。

任意整理の場合は債権者と交渉しないといけないから慣れない人が自分でやるのは現実的には難しい。

弁護士や司法書士にお願いすることになるから仕方のない出費だ

ブラックリストに載る

ブラックリストに載るとあらゆる審査に落ちるぞ

ブラックリストは世間的な言い方だ。

正確には信用情報機関に債務整理をしたというデータが登録される

そのデータを各金融機関が見て審査するという流れだ。

この信用情報機関のデータは5年間残る。

クレジットカードを作るのに5年かかると書いたのはそのためだ。

引き続き借金返済が続く

これは自己破産と比較した場合のデメリットだ。

任意整理は借金を大幅に減らすことができる。

それだけで十分かもしれない。

が、借金をまだ返さないといけない、しかも減らしたんだから今度こそ返さないといけないという別のプレッシャーがかかる

自己破産の場合は完全にチャラなのでそのプレッシャーがない。

どちらにすればいいかはキミのメンタルの状態や借金の質によって違う

もうつらくてメンタルがやられそうだと思うなら自己破産を選ぶのがベターだ。

でも保証人に迷惑をかけてしまうのがイヤだというなら、保証人には関係ない借金だけ減らす任意整理が適している

もう少し詳しく比較して考えたいのなら一度弁護士に相談してみるのもいい

まずは無料で法律事務所に相談してみよう

任意整理にかかる費用

任意整理にかかる費用

任意整理の場合、裁判所を通さないから裁判所への費用はかからない

代わりに弁護士や司法書士へ費用を払う

任意整理は整理する債権者(減らす借金)の数に応じて決まるのが特徴だ

ざっくり一社あたり2万円が相場。

たとえば消費者金融3社、クレジットカード会社2社の計5社からの借金を減らす場合は10万円かかる。

10社なら20万円だ。

目安にしてくれ。

任意整理の流れ

任意整理の流れと期間など

ここで任意整理をするときの全体の流れをみておこう。

トータルするとだいたい3か月~6か月くらいかかる。

たくさんあるように見えるが手続きのほとんどは弁護士がやってくれるぞ

  1. 弁護士に無料相談する
  2. 弁護士に任意整理を依頼する
  3. 金利の引き直し計算をする
  4. 和解案をつくる
  5. 和解交渉
  6. 合意書をつくる
  7. 和解に基づく支払開始
  8. 完済

1.弁護士に無料相談する

まずは法律事務所へ連絡して無料相談を申し込んでみよう。

ここでまず借金の悩みをきいてもらう。

どういう解決策がいいのか、任意整理よりもほかの案がいいと言われるかもしれない。

それから弁護士や司法書士との相性をチェックするんだ

どうもこの人とは合わないと感じたらやめたほうがいい。

どんなところがいいか迷うが債務整理を得意とする法律事務所がオススメだ

たとえば、ライズ法律事務所は債務整理に力を入れている。

Webから無料相談や借金減額シミュレーションも申し込めるので気軽に進まることができる。

ざび
ざび
サイトもキレイに整っていて見やすい。

ライズ法律事務所に無料相談してみる

2.弁護士に任意整理を依頼する

無料相談してみて、この人たちは信頼できそうだなと感じたら任意整理をお願いしてみよう。

弁護士へ任意整理をお願いするときは実際に法律事務所へ足を運ぶことになる

3.金利の引き直し計算をする

上限金利を超えた金利で利息を取られていた場合、それらを引くとどれくらいの借金になるか計算をする

そのためには貸金業者から開示された取引履歴が必要だ

すべての取引履歴が開示されるまで1〜3ヶ月ほどかかるぞ。

4.和解案をつくり、提示する

引き直し計算の結果をふまえて和解案(返済計画)をつくる。

具体的には返済額と月々の支払額を決めて貸金業者に提示する。

5.和解交渉

和解案をもとに貸金業者と交渉する。

ここで業者と依頼者両方に納得できる交渉ができるか、弁護士の腕の見せどころだ。

だいたいの場合うまくまとめてくれる

貸金業者も

「任意整理?ふざけんな!全額返せ!」

なんて言わない。

このままフェードアウトして全額踏み倒されるより、少しでも返してくれるなそっちのほうがありがたい。

弁護士も貸金業者も任意整理は「よくあるケース」だから慣れている。

ざび
ざび
案外淡々と進むぞ。

6.合意書をつくる

お互い納得がいったら和解した内容を書面に残しておく。

口約束だと言った言わないで揉めるからね。

7.和解に基づく支払開始

和解で決まった返済額を毎月支払っていく。

自分も納得した上での支払いだからそんなにムリな金額ではないはずだ。

もし支払が遅れそうになったらすぐに弁護士や相手に伝えないといけない

ちゃんとした理由があるなら認めてくれるし、誠意が伝わる。

何も連絡しないと相手は今度こそキレて訴えられる可能性がある

8.完済

和解案どおり、すべて支払が終わったらそのまま終了。

晴れて自由の身だ。

まとめ

  1. 任意整理は最も使われている債務整理
  2. 任意整理は借金を20〜50%減らすことができる
  3. 任意整理にかかる費用は10〜20万円みておく
  4. 任意整理か自己破産かは自分のメンタルや保証人の有無など総合的に見て決める
  5. まずは弁護士や司法書士に相談してみることが大事
  6. 和解した後、支払いが遅れそうになったらすぐに弁護士か相手に連絡する

自己破産を迷っているなら無料相談してみよう

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。正しい情報を知って、正しい判断をするためにはプロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

裁判所に直接「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所が答えたってことはつまり、公的な機関が認めた、公式の回答だ。

まずは弁護士に相談、これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題はできるだけ早く解決して、次の生活にエネルギーを向けたほうが立て直しも早くなる。

自己破産したいけど、弁護士に頼むのはすごく敷居が高い

そんな人はWebからの無料診断無料相談をするのがオススメ。

まずは小さな一歩から。気軽にはじめみよう。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

関連記事