プロフィール

ナイストゥーミートゥー。

ざび(@dr_zawinul )という。よろしくな。

27歳のときに借金938万円抱えて、自己破産をした。

その後ヒモ生活を経て結婚、2児のパパとして正社員やりながらブログを書いている。

で、終了。

だと味気ないので、もうちょいくわしくプロフィールを書いてみた。

ハゲてはいない。幸いなことに

みんなからは”ざびさん”と呼ばれことが多い。

ハゲている某宣教師が元ネタですか?とよく言われるが、シット!やめてくれ。私はハゲていない。

名前は敬愛する音楽家ジョー・ザヴィヌルから取っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご覧いただけただろうか。

 

 

 

やっぱりハゲている。ザビエルも顔負けだ。

 

いや、だから私は違うよ!

やめろ。勝手に人のプロフィールに飛んできてありもしないことを疑い始めるなんて。人としてキミ最低よ。

OK。いいか、突然オネエ口調になるくらい今私はアングリーだ。

 

・・・まあ、いい。今回は許そう。次から気をつけなさい。

では気を取り直して、私の生い立ちをたっぷりとイントロデュースしよう。メモを忘れずに。

 

小国の王へ 幼少時代

ぎりぎり首都圏に食い込む、距離感絶妙な田舎タウンが舞台だ。

私は3人兄妹の長男ボーイとして生まれ、典型的なインナー弁慶だった。

ダディはアメリカをこよなく愛する広告デザイナーだった。ちなみにモーゼの海割りのごとく中央からハゲている。

ということは、つ ま り・・・・・

 

言うな、シャアーラップ!!キミの言いたいことは分かる。でも、想像しないのが優しさよ?

一つ提案がある。思い切って忘れよう。

さあ、フォーゲッットォォ!

今の私にとって切実な問題なのだ。シット!

余計なことを言ってしまった。私の悪いクセだ。

 

本当にまだハゲてはいないのだ。

いや、「まだ」とはなんだ。これからもだ!っざけるな!!

ふぅ、世が世ならキミ、ねえ、斬首ものよ?

ネック、ポロンよ?

 

 

OK。話を戻そう(ハゲネタはもうないよ、メイビー)。

ダディはバブル期に稼いでいて、羽振りのいい時代。私は田舎ではハイグレードな幼稚園へ通うことに(今思うと通っていた連中はそこそこリッチだった)。

小学校ではダディの勧めでベースボールを始め、人数もいない弱小チームだったのですぐレギュラーになれたまあ勉強もできたほうで、学級委員もやったりした。

この頃から小国の王に就く術をナチュラルに体得していった。常に属する組織のトップにいる優越感が私のアイデンティティ。これ、試験に出るからフォーゲットしないように。

苦あれば楽あり 高校時代

高校は隣タウンの進学校へ。本当は1ランク上の高校へ行けたんだが、ぎりぎり受かってヒイヒイついていくより無難な高校でトップ取ったほうがプライドが保てると思ったのだ。ナイスジャッジ。

やはり小国の王は居心地がいい

この頃から“人生苦あれば楽あり”と悟るようになった。

食事も野菜から食べ、肉や魚は最後。人生も同じ。先に勉強を済ませてから自分の時間を確保する。

確保した時間はどうするか、というのは愚問だろう。高校生といえば、多感な時期だ。まああの頃は初代スマブラが最強コンテンツだったかな。

青春の数多い誘惑に負けず”苦あれば楽あり”のマインドで勉強はがんばった。学年トップの成績で、秋には指定校推薦の選考を勝ち取りフツーの私立ユニバーシティへ

まあその成績ならもっといいところに入れたんだけど、あえてだなぜかわかるかい?

ここだけの話、当時三度のミールより楽しみにしてたゲームソフトの発売が控えていて、受験勉強なんてまっぴらソーリー、さっさと進路決めてバイトしてゲームを買いたかったのだ(マミーに知れたら大変なことだが隠し通せた)

まさに苦あれば楽あり。

とはいえ、目先のゲームで人生の大事な進路を決める、キミはできるだろうか?

我ながらクレイジーだったよ

”死”と借金

大学に入って間もなく、借地権のいざこざで実家を手放すことになり、隣町へ引っ越すことに。

金に無関心な私でも異様に家計がデンジャーということが分かるようになってきた。

ダディはお金に無頓着でマミーに任せきりで、バブルが弾けて会社が倒産した後バイトを転々マミーもあらゆる消費者金融から金を借り、ダディ名義でやっていた契約もあるくらいだった

子供ら3人の学費もある。でも平静を装うマミー。

当時の苦悩をもっと早く分かってやれれば。人生で一番の後悔だ。もしバックトゥザフューチャーできるなら間違いなくこの時にする。

数年後、マミーは気苦労からかガンを発症し、なんと1年ともたず亡くなってしまう。

まだ40代だった。信じられるかい?最愛のマミーの死はあまりに大きくて、心にぽっかり穴が空いてしまった。

まさか死んでしまうとは思わないから心の準備ができない中、おいおい悲しむのも長男としてのプライドが許さず、ただ淡々と自分の気持ちを押し殺して生きてきた。

保険金も出なかったので(マミーは生保レディをしていたのになんという皮肉!)家計は破綻寸前だった

このとき人生、金がないと終わると実感したんだ。

現実逃避から欲望の渦へ

OK。暗い話はこれくらいにしておこう。

大学を卒業後、とりあえずダディ名義の借金は見て見ぬふり、なんとかなると思い、中堅IT企業に就職。

この辺が妙にポジティブというか詰めが甘いもいうか自分でも不思議だ。

イメージだけで”都内の綺麗なオフィスでパソコンなんてクール!”とSEを志望。

研修から半年、ようやく出向で某巨大企業の系列会社へ配属が決まった。そこで太古に作られた化石的な物流ステムの運用を任せられる。真っ黒の画面に緑の文字。ホワット?

でも慣れたらクッソ暇でため息さ。何ならエロブックを読んでいてもいい。いやだめだ。

とにかく、朝来て異常ないかチェック、夕方の出荷処理をツールでポチポチ、ものの5分。

以上。

もう一度言う、以上だ。本当にそれだけよ?

こんなん人を雇ってやらせる仕事じゃねえだろ?ホワイ!!???

当然プログラミング要素ゼロでスキルなんて何もつくわけがない。来る日も来る日もネットサーフィン三昧。

そして暇というのは恐ろしい。スペースがある分、変なものがインしてくる。

あるとき本屋で、「金持ちダディ、貧乏ダディ」を見つけてハマり、不労所得を目指してまんまとネットワークビジネスの世界へ入ってしまったのだ。

やっぱり人生金だと目覚める。

This is チャラ

ところが、だ。なかなかそうはうまくはいかない。

ネットワークビジネスはかなりの金と時間を費やすも元々シャイな私は芽が出ず、仕事では本社に戻されてから受託開発に駆り出され猛烈に忙しくなる。私は、不意にミッション・インポッシブルだわと悟った。

そこで何を思ったのか無計画に会社を辞めてネットワークビジネスに本腰を入れようとジャッジ。

オーマイガー。誰の目からも明らかなように、そっちのほうが余程インポッシブルだった。

いやもうね、人間焦ってるとジャッジがめちゃくちゃになるよ、ほんとに。

すでにそのとき詐欺に遭ったり自己啓発商材にローンを組んだりして借金は総額600万円以上に膨れ上がっていた。返すあてもナッシング。

高時給なパチンコ屋のバイトをチョイスしたもののネットワークビジネスのほうでは1セントも稼げず。ついに金が回らなくなり、他にあてもなく悶々とする日々。

するとセミナーで知り合った金融マンの方にアドバイスされ、弁護士に相談することに。

数日後、渋々私はとある法律事務所を訪ねた。

「ふっ、ジョークだろ先生?この私が債務整理なんて。こんな借金楽勝よ。ノープロブレム、ノーサンキュー」

数分後

「・・・わかりました、先生」

 

 

 

 

 

さくっと自己破産をチョイス。

 

まるでブルックリンのカフェで頼むチェリーパイのごとく、さくっとだ。

たださすがにこれは堪えたよ。元々責任感ある長男ボーイだし。

借金を返せなかった情けない自分、成功ストーリーから完全に外れたダメな人間

そういうレッテルを自分に貼って罪悪感との闘いだった。ここが人生の最ボトム。

逆襲開始

破産当初は社会から隠れるように生きてきた。当時付き合っていた彼女のホームに転がりこんでヒモ生活。

しかし、ふと知り合いから歩合制のバイトに誘われ、マインドが合っていたのかちょこちょこ稼げるように

しばらくするとワァオ、正社員のオファーがあり速攻パチンコ屋を辞めて、ワン、ツー、スリー、とんとん拍子にマネージャーに就任。

人生本当に分からない。捨てるゴッドあれば拾うゴッドありだ。

当時創業者のボスと私オンリーだったのでそこからバイトを雇って少しずつスケールしていくことに。つまりここでも小国の王的ポジションに返り咲く。私は破産前にこう言った(ことにする)。

アイル・ビー・バック!!

 

それから2年後、彼女と結婚。破産する前からヒモになり助けられた。まあよくついてきてくれたもんだ。

いつも腐りかけの私に叱咤激励してくれて、リアルに今の私があるのは間違いなくワイフのおかげ。

その後息子と娘を授かり、現在は会社のアドバイザーをやりながら、人生のボトムを見た立場から破産と心理学を関連付けた研究をしている。もちろんここでも独立して、着々と小国の王になりつつある。

わりに

振り返ると人生が好転し始めたのは自己破産をチョイスしてからであった。

あのままずるずるお金に追われる人生だったら今ごろメイビー樹海でカラスの餌になっていただろう。

人生諦めがジャスティス。今思えば自己破産は決して恥ではない。私はこの制度に救われたと思っている。

夢も希望もないまま粘るのは美徳ではなく、ただの自己満足だ。

自己破産してもヒモになっても小国の王として謳歌する人生。それはインポッシブルではない。

今はただの小国だが、いずれシンガポールのように小国でも経済的にずば抜けた国を目指したいと思っている。

自分が一つのモデルになって同じような禿げ予備軍、ではなくお金に困っているピープルにお金の攻略法を広げていくために、これからもさらに研究をし、体系化していくつもりだ。

キミも私の研究にジョインしたかったらいつでも声をかけてくれ。相談もウェルカムだ。

ネックを長くして待っている。

 

タフな長文読んでくれて本当にサンキュー・ソーマッチ。

 

自己破産を迷っているなら無料相談してみよう

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。正しい情報を知って、正しい判断をするためにはプロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

裁判所に直接「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所が答えたってことはつまり、公的な機関が認めた、公式の回答だ。

まずは弁護士に相談、これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題はできるだけ早く解決して、次の生活にエネルギーを向けたほうが立て直しも早くなる。

自己破産したいけど、弁護士に頼むのはすごく敷居が高い

そんな人はWebからの無料診断無料相談をするのがオススメ。

まずは小さな一歩から。気軽にはじめみよう。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション