お金のやりくり

信用スコア、日本のサービスの実態と今後の展望を解説

信用スコア、日本でどうなる
ざび
ざび
ども、ざび(@dr_zawinul )だ。 27歳のときに借金938万円抱えて、自己破産をした。

信用スコアというのはどこかで聞いたことがある人も多いだろう。

近頃はJ.Scoreなどの企業がスコアリングサービスを始めて少しずつ広がっている。

信用スコアはカンタンに言えばスコアを出して、その数値に応じてサービスを提供するしくみだ。

このスコア化が日本ではどれくらい進んでいて、将来我々の生活にどのような影響があるのかを見ていきたい。

関連記事:

LINEポケットマネーの始め方徹底ガイド【実体験】

【スマホでアプリも】J.Score(ジェイスコア)の評判が良い5つの理由

【体験談】J.score(ジェイスコア)の審査を通して、50万円借りてみた

日本の信用スコアサービス

J.Score(ジェイスコア)

J.scoreジェイスコアの紹介画面

引用元:ジェイスコア公式サイト

 

J.Scoreは日本でのスコアリングサービスの先駆け的存在で、話題になった。

どちらかというと信用スコアで何かサービスが差が出るというより、スコアレンディングの側面が強い。

スコアレンディング:個人のさまざまな情報からスコアを算出、そのスコアに応じて金利や極度額を決める融資サービス。

スマホだけでなくパソコンからでもできるのが特徴だ。

登録して氏名や住所、勤務先、年収などの個人情報を入力していき、スコアを1000点満点で表す。

ちなみに金利の条件は

  • 0.8%~12%

ただし、ソフトバンクやヤフーのサービスをフル活用しないと低金利までいかないので囲い込み戦略がちょっとウザい

くわしくは以下の記事で。

【体験談】J.score(ジェイスコア)の審査を通して、50万円借りてみた

J.Scoreはソフトバンクとみずほ銀行という大手2社がタッグを組んで開発したサービスだ。

よく広告も打っているので見たことがある人も多いと思う。

なんせあのソフトバンクがバックについているんだから、たんまりと資金を投入してほかのサービスを飲み込むだろう。

現に後から紹介するLINEスコアは、J.Scoreに統合されるのが濃厚だ

LINEとYahoo(バックはソフトバンク)が統合したことで、実質ソフトバンクのものになったのだ。

ドコモスコアリング

その名の通りdocomoが展開するスコアリングサービスだ。

とはいえ、docomoはJ.scoreとちがって直接融資はせず、融資するための材料を提供するに過ぎない

実際に融資するのは新生銀行だ。

最終的にドコモスコアリングを使って融資するかどうか、どれくらいの条件で融資するのか決めるのは新生銀行なのだ。

新生銀行と言えば外資系銀行で、信販会社のアプラスを擁する。

もしアプラスで過去にローンを組んだり、アプラスのクレジットカードを作ったりして支払い遅れを出している場合は融資に影響が出るだろう。

LINEスコア

LINEスコアの画像

通話アプリでおなじみLINEが仕掛けるスコアリングサービスがLINEスコアだ。

関連記事:【2019年10月版】LINEポケットマネーの始め方徹底ガイド

LINEアプリですべて完結できるのが特徴だ

なのでふだんからLINEありきの生活をしている人にとっては便利でとっつきやすいだろう。

ざびも実際使ってみたが消費者金融よりもはるかに金利が安く借りれたので試してみる価値はある。

実際どれくらい借りられるのかつかんでおくのもいい。

ただし、上で述べたとおり、LINEがYahooと統合したことで、LINEスコアも今後は規模で勝るJ.Scoreに吸収されるのではないかと予測される

ざび
ざび
LINEがすぐにソフトバンクに飲み込まれるわけじゃないけど、時間の問題だろう。

Rerep(リリップ)

DeNAが展開するRerep(リリップ)

引用元:リリップ公式サイト

RerepはDeNAが展開する信用スコアサービスだ。

今まで見てきたサービスの中で一番新しい。

Rerepは経歴や年収といったステータス的なものではなく、日々の行動パターンで信用スコアを弾き出すという。

「ポジティブな融資体験」と謳っているのだが、どういう意味だろうか。

  1. 日頃からアプリ上で出させれるミッションをクリアすることでスコアがたまる
  2. 一定スコアがたまると、借り入れた金利が下がる
  3. 下がった差額がキャッシュバックされる

一定条件で借りたら固定、ではなく、借りたあとから信用に応じて金利が上下するというフレキシブルなしくみなんだな。

ざび
ざび
けっこう斬新かも!

提供を受けるのは山口銀行、もみじ銀行、北九州銀行の地方銀行3行だ。

まだ発表されたばかりなのでくわしい情報はわからないが、ドコモスコアリングと同じように信用スコアのデータを銀行に渡して与信に使われる。

今後提携する金融機関は増えると予測される。

信用スコアとは

信用スコアと借金の関係

信用スコアが高いと借金するにも有利だ

信用スコアが高ければ高いほど、たくさん・低金利で借りられる

返してくれる可能性が高いと判断するわけだ。

ざび
ざび
借金するためには信用スコアが大事な時代!

信用スコアとクレヒスの関係

信用スコアはCICなどの信用情報機関で管理されている、いわゆるクレジット・ヒストリー(クレヒス)とは異なる。

信用スコア

  • 提供する会社の関連サービスの利用期間
  • 契約内容
  • サービス利用状況
  • 関連サービスの支払い履歴
信用情報(クレヒス)

  • 各金融機関での借り入れ状況
  • 支払い履歴
  • 支払い遅延や滞納、踏み倒しの記録
  • ローンなどの審査結果

信用情報は信用スコアの一部に含まれる、という関係だろう。

もちろん信用情報を考慮しない信用スコアサービスもある。

実際問題融資を受けるときには信用情報はほぼ確実に見られるだろう。

信用スコアは他の国でどれくらい進んでいる?

信用スコア先進国:中国の実態

信用スコアの実態を見ていくには導入が進んでいる国を見ていけばいい。

まずは中国に注目しよう。

中国といえばIT先進国で信用スコアも驚くほど浸透している。

中でも圧倒的な存在感を見せるのが芝麻信用(セサミクレジット、ジーマーシンヨン)だ。

世界的な企業として知られるアリババが展開するサービスとして知られる。

ざび
ざび
アリババの会長であるジャック・マー氏は世界の富豪番付で中国人トップにもなっているほどだ。

総務省のHPでは信用スコアの事例として以下のように紹介されている。

芝麻信用はアリババグループのアント・フィナンシャルサービス傘下の独立した信用サービス機構であり、2015年1月に中国人民銀行が個人信用スコアサービスの開業準備を認めた8社のうちの1社である。芝麻信用はクラウドコンピューティングと機械学習、AIなどの先端技術によって個人や企業の信用状況に対して評価を行っており、クレジットカード、消費者金融、融資・リース、担保ローン、ホテル、不動産、レンタカー、旅行、結婚恋愛、学生サービス、公共事業などに信用調査サービスを提供している。

総務省 平成30年度版情報通信白書

要するに中国の政府が認めた信用スコアサービスで、各種サービスの優遇・冷遇の判断材料に使われる

信用スコアの出し方は

  1. 学歴・勤務先・高級品消費などのステータス
  2. 過去の支払履歴
  3. 信用情報(クレジットヒストリー)
  4. 人脈・交友関係
  5. 行動(ショッピング・金融商品の利用状況や公共料金支払い状況)

の5つの指標の組み合わせで計算していると公表されている。

まあ自己破産してブラックになったら「信用情報」が大減点だから信用スコアもめちゃ下がるよな。

信用スコアは中国人の生活に密着している。

たとえば、芝麻信用の信用スコアによってはローンの金利が安くなったりする。

もちろんアリババグループの関わる金融商品だけどね。

でも借金をする側からするとスコアを上げるだけで金利が安く済むならいいよな。

そして芝麻信用のスコアを高めるために必須なのがアリペイ(支付宝)だ。

アリペイのロゴ

このマーク、見かけたことあるよな?

言ってみればPayPayや楽天ペイの中国版で、スマホアプリ決済の定番になっている。

むしろこっちのほうが先に普及したからスマホ決済の本家ともいえる。

アリペイで決済すれば、先ほど見た指標のうち「行動(ショッピング)」を大きく伸ばすことができるのだ。

中国人が日本で買い物をするときもアリペイで払いたがるのはスコアアップの意味合いも大きい。

信用スコアと決済アプリ、この2つは切っても切れない関係なんだな。

信用スコアの元祖はアメリカ?

そもそも信用スコアの原型となる考えはアメリカで生まれた。

アメリカの信用スコアサービスで有名なのがFICOスコアだ。

FICOスコアはフェア・アイザック社が1981年から始めたサービスで1991年にはアメリカの三大信用調査機関でスコアが採用された。

これによって信用スコアが一般に広がるようになったんだ。

ざび
ざび
ずいぶん前から信用スコアが始まっているんだな。

スコアの出し方は中国の芝麻信用とほぼ同じで

  • 返済履歴
  • 借入残高
  • クレジットヒストリーの長さ

などから算出される。

ただ、芝麻信用とちがって、年齢や性別、勤務先などの個人情報はスコア算出に使わない

ちなみにFICOスコアでは300点~850点で採点され、それぞれランクがあるぞ。

  1. 760点以上・・・excellent(最優良)
  2. 725点以上・・・verry good(とても良い)
  3. 660点以上・・・good
  4. 660点未満・・・サブプライム層

リーマンショックのときに問題になった「サブプライム・ローン」という言葉はここから来ている。

要は信用力が低い人向けの住宅ローン商品を売りさばいたのだ。

信用スコアが低いとどうなるのか。

たとえば、電気などの契約のときに多額のデポジットを必要とする。

デポジット:保証金、前受け金、預かり金のこと。サービスが終わると返金されたり、相殺されることが多い。

あとは会社が従業員を採用するときにもこのFICOスコアが使われる

もちろん評価の一部分だろうけど点数でバッサリ切るというのがなんともアメリカ的だよな。

このようにアメリカの生活では信用スコアがかなりウェイトを占めている。

信用スコアの問題点

信用スコアを出せない人がいる

信用スコアは若年層の場合、クレヒス(信用情報)のデータが少ないので、スコアが算出できないという弱点がある。

そりゃそうだよな。

まだ若いからローンやクレジットカードの申し込み履歴もほぼないだろうし、返済記録もそう多くはない。

日本でもスーパーホワイトといって、クレヒスがまったくない人は審査落ちするという現象があるよな。

関連記事:自己破産後に最短ルートでローンを組む手順とクレヒスを解説

信用スコアを悪用した詐欺に注意

すでに中国で問題になっているのが”信用スコア詐欺”だ。

手口はこうだ。

まず購入した商品のカスタマーセンターを装った電話があり、

詐欺師
詐欺師
先日購入いただい商品に不備があったので返金させてください。

と切り出してくる。

ただし、ここでおかしな条件が加わる。

詐欺師
詐欺師
自動返金をするにはあなたの信用スコアが足りないので、今から〇〇(信用スコアアプリのキャッシング機能)でお金を借りて信用スコアを〇〇点まで上げる必要があります。借りたらすぐ返してもらっていいです。

そしてお金を借りると後日また連絡があり、

詐欺師
詐欺師
今から送るQRコードをスキャンすれば借りたお金をスムーズに返済できます。これで信用スコアが上がります。

これで本当にQRコードをスキャンしてしまったら、お金は詐欺師へ送金され、借金はそのまま残るという寸法だ。

騙されやすい人ならすぐ乗ってしまうだろう。

信用スコアアプリに搭載されたキャッシング機能はあまりにカンタンなため、「借金」だという意識が低く、信用スコアを上げるための裏技的な位置づけになっているのだという。

こういう詐欺事件が多発しているので、信用スコアを提供する側もきちんと対策を徹底しないといけない。

日本での信用スコアの今後

日本ではJ.scoreをはじめとしたサービスが今まさにスタートして浸透する道半ばだ。

正直まだ認知度は低い。

今まで見てきたように、信用スコアというのはスマホアプリ決済と対になっている

そのスマホアプリで決済すれば、それに属する信用スコアが上がるしくみだ。

信用スコアはこれから本格的なキャッシュレス化の波がきて、スマホアプリ決済が進むとともに普及するのではと期待される

実はYahooメルカリといった大手企業も信用スコアサービスの展開を進めていて、これらの動きはスマホアプリ決済と連動していると考えていい。

2019年6月には楽天ペイ対象店舗でau Payが使えるようになり利便性が増した

さらに最近ではメルカリとドコモがキャッシュレスサービスで提携をした

ざび
ざび
スマホアプリ決済はいずれまとまるだろうと予想されていたが、思ったより早かったな。

まとめるとスマホ決済の勢力図は以下のようになる。

  • Yahoo(ソフトバンク)・LINE連合
  • 楽天・au連合
  • メルカリ・ドコモ(NTT)連合

この中では楽天・au連合だけが信用スコアサービスを始めていないが、導入も時間の問題だろう。

信用スコアサービスでも三国志さながらの覇権争いがスタートする。

まとめ

  1. 信用スコアは住所や勤務先などの個人情報や日常の行動などから割り出されるが、サービスによって基準がまったくちがう。
  2. 信用スコアはスマホアプリ決済とセットになっている
  3. 信用スコアによって借金できる条件が変わってくる。これが当たり前になってくる
  4. 中国やアメリカでは飛びぬけた信用スコアサービスが1つあって、生活に広く深く浸透している
  5. 信用スコアは詐欺などに悪用される危険もあるのでセキュリティ面で課題がある
  6. 日本の信用スコアはまだ本格的には始まっていないが今後スマホアプリ決済が浸透するにつれて広がっていくと予測される
まだ借金で消耗してるの?

すでに借金をしている人はムリにお金を作るより、いっそ借金を減らす方法を考えたほうがいい

借金を返すために借金をするなんてバカバカしいことはもうしなくて済む。

今なら借金減額ができるのかシミュレーションができるので試してみよう。

ざび
ざび
みんな最初はシミュレーションからはじめるぞ。

サクッと2分で借金減額シミュレーション

関連記事