有名人の借金・破産

借金ブログで荒稼ぎする”たけし”とは何者なのか?徹底解剖

借金たけしブログを批評してみる
ざび
ざび
借金ブログの”たけし”って人を知ってるか?

この”たけし”という人物、借金生活をブログに書いて広告収入を得る、「借金ブロガー」のパイオニアとして知られる。

ネットでも相当話題になった有名人らしいぞ。

「借金 ブログ」で検索すると常に上位で、某ブログランキングでも借金系カテゴリでトップだ。

で、オレも歴史を知りたくて調べたが、本人が法的な措置をとって情報を削除しているのか、過去の情報があまり出てこなかった。

あとはどれもこれも第三者が面白おかしくたけし氏を嘲り笑うような記事だけだった。

本人のブログは別の人間に売却したらしいので現在の彼の姿を追うことはできない。

そこで、

オレはブログ開設時からのアーカイブで彼の足跡を追ってみることにした。

その結果をまとめてみたので紹介するぜ。

【公式ブログ】

30歳無職の借金1000万返済ブログ

借金ブログの”たけし”って何者?

借金たけしブログのたけしとは何者か

600万円近い借金を背負う

一応ブログ上では「生駒武」と名乗っている。2018年時点で32歳かな?

数年前まで派遣社員で、工場で肉体労働をしていた(現在の職業は不明)。

たけし氏は2015年の12月、クリスマスからブログを始めた。

借金最高額1000万とのことで、なかなかの額だ。

現在建前上は580万前後?でブログ開設当時から進展なく、常にうろうろ状態らしいのだが真偽は定かではない。

原因はパチンコなどのギャンブル、バイナリーオプション、マルチ商法(ネットワークビジネス)、奨学金など。

最初の記事では「ド底辺から抜け出したい」とつづっていた。

彼の最新noteのまえがきには以下のように書かれている。

18歳~20歳まではパチンコ・スロット
20歳~25歳まではパチンコ・スロット・競馬
25歳~28歳まではパチンコ・スロット・競馬・競艇・競輪・オートレース
28歳~32歳まではパチンコ・スロット・競馬・競艇・競輪・オートレース・バイナリーオプション・FX
現在33歳・・・バイナリーオプションとFX

すがすがしいくらいのギャンブル漬けだな。

たけし氏の特徴

ざび
ざび
自己破産したオレから見てもなかなかのクズだぞ。ある意味根性はあるがな。

基本は借金完済が目標、ただ金額の大きさにビビっている。でも前向きに考えようとはしているスタンス。

ただクズと言ってもギャンブル依存症なら仕方ないと思うよね。たぶん自分でどうこうできるレベルではないんだろう。

あとはしっかり返さなきゃと気合い入れすぎ。もっと気楽でいいんだよ。借金持ちながら生活してるヤツなんて腐るほどいるんだから。完済を目標にしなくてもいい。

合理的に考えられない思考回路

ここでいくつかブログでのエピソードを。

小さな節約と大きな出費

たけし氏が仕事の休憩中120円の缶コーヒーを飲むのをためらうのに、収入ができるとすぐギャンブルにつぎこんでしまうクセを嘆いてこうつぶやく。

・「日頃から1円10円単位で節約するのにギャンブルで数万円一瞬で溶かす」

この矛盾した心理が面白いよな。

考えてみたらオレたちも普段の食料品を10円単位で節約するが、エアコンとかを買うときはなぜか奮発して数万円上の最新モデルを頼んだりする。

秘策?分割払いで現金ゲット

ソフトバンクなどでキャンペーンをしていて、タブレットを分割払い→現物を売って現金化するという金策?があるらしい。

もちろんトータルでみたら大きなマイナスだ。

116000円のタブレットを毎月少しづつ払う約束をして、

目先の40000円を手に入れる。

すごい発想だ。なかなかできない。理性的に考えられてないんだろう。

たけし氏のブログは何がすごいのか

たけし氏のブログは何がすごいのか

まず結果だけど、月間100万PVを達成しているというのだ。これはすごい。

トップクラスのブロガーであるイケダハヤト氏の「まだ東京で消耗してるの?」

で月間150万PVみたいだから相当なスケールである。

一体なぜここまで成長できたのだろうか。まとめてみた。

1.クズっぷりがすごい

最初ブログを見たときの印象。

「内容がなさすぎ、短いし、ツイッターかよ

ただ、後で書くがだんだんその印象は崩れていった。

たけし氏が意識してるかどうかはさておき、やっているのはいわゆる炎上商法

バイナリーオプションやパチスロなどに給料を丸ごと突っ込み、数分で溶かすという無茶ばかりして話題を呼ぶスタンスだ。

バイナリーオプション・・・FXなどで値動きを上がるか下がるかの二者択一で予想してチケットを買い、当たれば儲かる仕組み

常人だと考えられない思考だよな。無謀なギャンブル。

そのほかにも母親のパート代を勝手に引き出して溶かしたり、友人から金を借りようとして断れると絶交しようとしたり、なかなかのクズエピソードが詰まっている。

ここで学べる教訓は、返さなきゃいけない!の気持ちが強くなりすぎると焦るから、ギャンブルで増やして返そうという頭になる、ということだ。

2.毎日更新している

ざび
ざび
毎日書くのって想像以上に難しいぞ。

月間アーカイブをずっと追ってみたが毎月ほぼ30記事前後書いている。

一定のペース配分を守り、毎日書いていることは素晴らしい。ブログを書いているオレから見てもすごいと思う。

だって、今日は疲れたからいいかとか思ってそのまま数日サボるのが人間というもの。借金もサボりやだらしなさが絡んでくるが、たけし氏はきっちり更新し続けていた。

一定のリズムで継続していくと毎回楽しみにするファンができる。そのあたりも考えていたとしたらさすがだろうな。

3.なんだかんだ稼いでいる

たけし氏はブログ開設して2ヶ月後にアフィリエイトを始めているようだ。はじめは財布やネット回線のプロバイダ、本など。でも主な収入源はGoogleアドセンスだったそうだ。

2016年の記事では「起業を目標にしている」とあった。

ブログ開設後の最初から記事を読んでいたオレは「いやいや、借金もろくに返せないやつには無理でしょ」と思ってしまった。

が、実際2017年ごろからアフィリエイト収入が軌道に乗ったらしく、21万円のブログ収入を得ていた。

やるなあ。てか下手したらもう仕事しなくていいじゃん!

2018年には投資家になる宣言もしていて、実際派遣もやめて、フリーランス(起業家)として夢をかなえているんだ。すごいよな。拍手。

同一人物で事実だとしたらオレは尊敬するよ。

現在相当暮らしは上向いているように思われる。こうなると借金もどこまでが本当の話かは怪しいわな。

たけし氏のブログについても架空ブログじゃないかという批判は常にあるようだ。

たけし氏のブログ、ココがおかしい!

たけし氏のブログ、ココが疑問
ざび
ざび
たけしブログをざび視点からレビューするぜ。

自己破産していろいろ調べてきたオレが、同じ多重債務経験者として「ココはおかしいんじゃね?」と思うところを紹介していく。

まあ細かいことは気にするなと言いたいだろうがお付き合いいただきたい。

疑問点1.両親への借金

ブログ開設時から借金の内訳を公開していて、両親への借金が300万円あり、全体の半分を占めている。

でもこれって借金に入る?

法律上は親も他人だからもちろん借金となる。ただ書面とかできちんと約束しているわけではなさそうだし、たぶん親も息子に捧げたような感覚だろう。

だから両親への借金は返済リストから外してもいいと思った。

疑問点2.奨学金の払い方

たけし氏は奨学金を受けていたようだ。総額195万円。

2016年2月時点で奨学金の残りが100万円弱。ってことは100万返してるからすごくね?

ブログ始める前の12年間はギャンブル漬けだったというがその間も払っていたのだろうか。それとも両親が立て替えたのか。謎だ。

もう一つ疑問なのが月々の返済額。なんと35000円!高くね??

オレも奨学金借りていてまだ返済中だが月々15000円程度で済むぞ。

内訳によると金利は3%ということだが、アコムやアイフルより全然低いから後回しでもいいくらいなのに。オレならアコムに20000円くらい上乗せで払うわ。

疑問点3.税金を借金にカウントしている

ブログ開設当初の借金一覧に、たけし氏は住民税の滞納分を載せている。

住民税の滞納は痛いね。自己破産しても消えないから。

でもこれは借金ではないぞ!?

借金てのは人から借りて何かのために使う金だ。

税金滞納は本来国や自治体に納めるべきものを納めていないから払えという金。

だから自己破産してもチャラにならないんだ。

疑問点4.友人から金を借りられる人徳?と行動力

たけし氏は友人からも金を借りている。しかも計7人からだ。

これだけの人から金を借りれるってすごくない?聖者?

それかよっぽど「もう金ないと死ぬから」みたいな脅迫めいたことを繰り返したんだろな。(このあたりはたけし氏本人もブログで触れている)

そうでもしないとそんなに金を借りるなんて無理だ。

でもそこまで金を借りる実行力はすごい。恥知らずというか。それほどまでにギャンブル依存症というのは恐ろしいということの裏返しなのかもしれない。

疑問点5.なぜ自己破産しないのか

2016年の記事では自己破産についてこう書かれている。

自己破産・債務整理も弁護士に相談しました。

話し合いの結果、自力?での返済を決断しました。

(自力ではない。両親にも迷惑をかけました。)

このあたりの経緯が気になる。友人からの借金チャラにできないから?奨学金の保証人に迷惑かける?

と思っていたら翌2017年にはこんな記事が。

自己破産しない理由として、一番は自分の中で何かが変わってしまうと思う。

自己破産は完全敗北逃げだと思う。

彼にとって自己破産は人生の敗戦。それだけは絶対避けたい・・・

た い し た プ ラ イ ド じ ゃ ね え か。

本当に変わりたいのなら「自分の中で何かが変わってしまう」なんてシャレた小説の主人公みたいな、ぼやっとしたこと言ってんじゃねえ!

恐れにもっと向き合え。お化けじゃねんだ。恐怖を分解して一つ一つ潰していけ。逃げるから余計に苦しみが続くんだ。

これがオレの見解だ。

たとえば、自己破産して借金チャラになったら友人に迷惑かけるというなら、よく調べてみろ。自己破産後に改めて友人にだけ返済することもできるんだぞ。

たけし氏ブログから学んだこと

たけし氏のブログから学んだこと

どうしようもないクズ人間と思いつつ、けっこう質のいい情報を引用してくるんだよな。勉強になったところもたくさんある。

ここではそんなたけし氏のブログから名言(引用?)の数々を紹介するぞ。

・「多重債務者とデブは似ている」

→ダイエットと家計簿はなかなか続かないものの典型だもんな。だらしなさが共通している。

・「全てが失われようとも、まだ未来が残っている」

→いい言葉だ。どんなにズタボロになっても時間はある。

黒歴史は誰にもあります。
そして、学習するんです。
人生は一筆書きですが、
日々の暮らしはデッサンです。
柔らかい鉛筆で何本もの線を描きながら、
輪郭を掴むわけです。
間違った線を引かないようにしていたら、
何も生まれません。
いっぱい間違えなさい。
それから、正しいと思う線を引き直しなさい。
若い時、やってはいけないことは、
“失敗”ではなく、
“何もしないこと”です。

秋元康

→どこから引っ張ってきたんだろ?いいこと言うよな。若いうちに冒険しておいて描き方を練習しておくんだ。

・部屋が汚いのと借金しやすいのは深い関係がある

→たけし氏が不動産屋勤務のころ、自己破産者の家を競売にかけるときの話。ギクッとした。

・借金は早く返しすぎても良くない

→毎月の返済のタイミングが早すぎると前月分の返済にカウントされて当月の支払いにならないこともあるらしい。勉強になった。

【批評】たけし氏ブログの魅力とは

たけしブログのチャームポイント、魅力とは

一貫性の魔術

たけし氏は言ってることは同じなんだよな。

借金しちゃった。

これからは変わるぞ。

しっかり計画と行動。

でもだるい。

やっぱり借金返すのつらい。

気でも紛らわすか。

いかんいかん、しっかりせれば・・・

でもやっぱだるい。

ざっくり言うとこれしか言っていない。でも妙な中毒性がある。

だんだん読んでくると安心してくるんだよな。「やっぱりクズだよな」ってクズっぷりを見られて自分より下がいるんだという。

良く言えばエンターテイメントで、悪く言えば「ビジネス貧乏」。

昔の貧乏を描いた小説のよう。細かい事実と心理描写がストーリーになって人を引きつける。

例に出してロシア人には申し訳ないが、文豪ドストエフスキーの「罪と罰」も貧乏をネタにした小説だ。

連載小説ならぬ返済小説

たけし氏はひたすら書いた。そして結果が出た。

メディアとしての影響力

少し深読みしすぎかもしれんが、たけしブログは「ギャンブル依存症で借金持ちはこんな悲惨な生活だ」というモデルを、世間に浸透させようとしているんではないか。

借金生活の先入観を植え付けさせるメディアとしても機能しているんではないか、誰かのポジショントークではないか、と疑ってみる。

たとえば、

・「借金生活はひどい、こいつはクズだ」と認知させる

→下を見て日頃の鬱憤を晴らしている+自己肯定感

=自分(読者)はマシ。たけしよりは優れた人間だ

こう意識付けして、誰が得するだろうか?

「たけしに比べれば少しくらいの借金ならぜんぜんオッケーでしょ」

「たけしは返せないけど私ならなんとか返せそうじゃない?」

と財布の紐を緩ます効果があるとすれば金貸し屋にとって好都合なメディアだ。

(たけし氏も広告収入得ているから十分そのあたり狙っているはずだが)

たけし氏のその後

たけし氏の消息は分からない。ネットから別れを告げたようだ

ネットを見てみると様々な情報が流れている。

  • Youtuberになったが動画は削除。その後動画無断使用での訴訟騒ぎ
  • ブログを500万円で売却する・しないで揉めて、結局売却した説が強い

いろいろあるがなんせ情報が不足していて確かなことは正直分からない。

今も毎日ブログは更新されているが違う人が書いている説が濃厚で、本人かどうかは謎のままだ。

現在も借金を返しに必死に働いているかもしれないし、ブログ売却をして、それを元手に起業家として成功をしているのかもしれない。

そして、両親への借金も完済して、親孝行に旅行でもプレゼントしてたら・・・

いやいや、”たけしファン”としてはそんなハッピーエンドは期待してはいけない。

まとめ

ぐだぐだ論じてみたけど、たけし氏のブログはツッコミどころは多いものの、読み物としてはクセになる面白さがある。

また、メディアとして目立つようになると金の匂いがプンプンしてくる。まあたけし氏のブログに限った話ではないが。

ここから学ぶべきは、一貫したストーリーを一定のペースで生産すると人は惹きつけられ、ファン化できる、そしてクズっぷりも極まると金を生めるという事実だと思う。

特にオレはブログを書いている身だから今回たけし氏を調べてとても参考になったぜ。月収20万てブログ界では成功者だもんな。

いつか会えたら直接インタビューもしてみたい。

自己破産を迷っているなら無料相談してみよう

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。正しい情報を知って、正しい判断をするためにはプロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

裁判所に直接「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所が答えたってことはつまり、公的な機関が認めた、公式の回答だ。

まずは弁護士に相談、これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題はできるだけ早く解決して、次の生活にエネルギーを向けたほうが立て直しも早くなる。

自己破産したいけど、弁護士に頼むのはすごく敷居が高い

そんな人はWebからの無料診断無料相談をするのがオススメ。

まずは小さな一歩から。気軽にはじめみよう。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

関連記事