本・動画レビュー

『ウシジマくんVSホリエモン 人生は金じゃない!』 レビュー

おっす、破産家として稼いでいるざび(@dr_zawinul)だ。

ホリエモンこと堀江貴文氏(@takapon_jp)はいつもオレたち借金に困っているヤツも要チェックだ。よくこのブログでも取り上げている。

カネについて鋭く説いているから心に刺さるんだよな。これからも何度も登場してもらうぜ。

で、今回は『ウシジマくんVSホリエモン 人生はお金じゃない!』という、まさにざびのため、借金野郎のために出されたと言ってもいい本をレビューしていく。

基本的に漫画『闇金ウシジマくん』のファンである堀江氏が、ウシジマくんから見える金と人生のあり方を説いている本だ。

堀江氏の主張は一貫している。

カネは信用。カネ儲けそのものが目的ではない。

この本で繰り返し言われている。

じゃあもう少し詳しく中身を見ていこう。

”お札教”から脱出せよ

オレたちは「金さえあれば」と思う。

金のために働き、金のために我慢し節約する。

ときには借金が返せないばかりに命を断つ。バカバカしい。

そもそもそういう金に縛られた生活は、一万円札を崇めて信仰しているお札教の信者だと堀江氏は言う。

どうもオレたち一般の人間からすると、カネ=絶対的な価値に思われるが、実はちがう。

あくまで何と交換したいか、なんだ。カネ自体に価値はない。

堀江貴文と与沢翼、禁断の接点

先日ブログに書いた与沢翼氏(@tsubasa_yozawa)のことをぼろくそに書いてあって、ちょっとショックだったぜ。

今の完全復活した与沢氏の考えや行動を見れば堀江氏もすこーし考えが改まるかもしれない

『闇金ウシジマくん』の「フリーエージェントくん」編で出てくる天生翔という成金の若者のモデルが与沢翼氏だったことを受けて、

天生も与沢も、ビジネスの本質がわかっていないから、過剰にカネ持ちアピールをすることで、成功者を演じ、自分を肯定しなくてはいけなかった。同じく頭が悪くないはずの、部下や支持者たちも踊らされた。

マスコミも薄っぺらな虚像に騙されてしまった。

いくら堀江さんみたいになりたい!と頑張っても、私のようになるのは無理だ。

与沢は、その代表格だった。

彼は、堀江貴文の影響を受けていると公言していた。ビジネスがうまく回っていた頃に、何度か対談のオファーもあった。全部スルーしたが。

彼には、まったく興味が持てなかった。転落劇もネットニュースなどで報じられている意外のことは何も知らない。一方的に尊敬されているらしいのは伝わっていたがマスコミなど一部で「与沢さんは堀江さんの後継者ですね」と言われたのは、不愉快だった。ぜんぜん正しく理解されていない・・・と。

与沢のやっているビジネスの先に、私はいない。

やりたいことが根本的に違う。

私はカネ儲けを目的に仕事をしたことは一度もない。

こてんこてんにこき下ろしているよな。

まあこれが堀江流の”愛のムチ”なのかもしれない。

ちなみにこの本が出版されたのは2017年7月。

ちょうど与沢氏が仮想通貨などの投資をしている時期で、成果のことなどは知らないはず。ダイエットの挑戦はまだだっただから、まだそういう姿を堀江氏は知らないのだろう(知りたくもないだろうが)。

今の完全復活した与沢氏の考えや行動を見れば堀江氏もすこーし考えが改まるかもしれない。

ただ金に関する考え方は基本一緒なんだよなー。

金は信用にすぎなくて、本当はただの紙切れなんだよと。まあ与沢氏が堀江氏の影響をもろに受けているんだろうけど。

もし今後二人の対談とかがあればぜひ見てみたいよな。二人とも考え方は違うかもしれないが、一度転落して、何もない状態からまた復活したのは似ているし。

堀江氏は絶対やらないと言うだろうが、時が経てば、ある、かも?

返せない借金は返さず、自己破産でOK

震災時に瓦業者に騙されてローンを組んでしまい、やむなくデリヘルで稼ぐ女性のエピソードがある。

その女性は毎晩、デリヘルの事務所に出勤。デリヘルの仕事を終わらせ、コンビニで買った揚げ物や菓子パンを、車のなかで食べるのがストレス解消になっているそうだ。挙げ句、ブクブクに太ってしまったという。

なんとタイムリーなことか、これまた先日書いた菓子パンの記事とダブる内容ではないか。

【貧乏生活】菓子パンで食事をするときに注意したい2つのポイント

それはともかく、デリヘルで体を売ったあと、菓子パンで腹を膨らまし、ストレス解消をしているっていうのは相当みじめな状態だ。

そこまでして、返さないといけないんだろうかと堀江氏は指摘する。

個人レベルで理屈の通らない額の借金を押しつけられたとき、返さないといけない道理はない。その借金額が返済能力をとうに越しているなら、自己破産など債務整理の手続きを取れば済む。

要は、踏み倒せばいいのだ。

(中略)

返したいけれど、どうしても返せないのだとしたら、法律的な救済策はちゃんとある。その意味で日本のセーフティーネットは優れているのだから、手続きを踏んで、利用すればいいだけのことだ。

闇金に駆け込んだり、違法なカネ儲けに手を出したり、身体を売ったり、はては命を投げ捨てたりする必要なないだろう。

(中略)

借金は何が何でも絶対に返さないといけない、返すのが人の道だという間違った観念にとらわれているのだ。

ここの借金についての考え方は完全に同意する。ざびと全くいっしょ。

あとはね、しっかりと税金を納める。

自己破産ができる体制を国が作ってくれている。まず感謝。

そして国を支える裁判所や法務省、その他関連部署については税金で運営されていることを考えていると、しっかり納めないとなって思わされる。

メディアの報道と国民の質を問う

与沢氏のところでも触れたが、マスコミの理解の浅さもさることながら、国民もそれを見て騒ぎ、批判し、誤解する。

この構造が問題だよなーと。

かくいうざびも、最初は「ホリエモンなんてカネの亡者じゃん」ていう先入観は多少なりともあった。

ざびはプロ野球が好きでさ、近鉄バファローズが堀江氏のライブドアに買収されそうになった事件?知ってるか?

テレビの映像で堀江氏がバファローズを客席で応援している姿が、なんかわざとらしくて、いい印象ではなかったんだ。

でも、フジテレビを買収する工作をして、一気にメディア革命を起こそうとした行動力と発想は素直にすげえと思ったな。

既得権益者からは”危険人物”扱いされただろう。それをきっかけに検察のマークもきつくなって逮捕されたのかもしれないが。

本の中でも、かつての宿敵?フジテレビの日枝会長のグリップ力(経営者などが支配をする力を表す意味で堀江氏が作った言葉)をほめたたえている。

フジテレビ幹部のほとんどが、日枝氏の顔色を窺っているとの噂も聞く。買収騒動でやり合った私が刑期を終えてからも、フジテレビだけテレビ出演が解禁されていないところにも、その威光がうかがえる。

(中略)

日枝氏のグリップ力の強さは、独裁者にも劣らない。皮肉ではなく、誉め言葉である。

ここではグリップ力に焦点があって、メディア批判は主な論点じゃない。

だけど、今の日本人の先入観を形作っている犯人は間違いなくテレビや新聞などマスコミだろう。

金の使い方と情報の取り方はとても密接な関係がある。

なぜなら家を買ったり会社を続けたりという金にまつわる振る舞いは、だいたいがマスコミの植え付けた”常識”だから。

まとめ

周りに流されて本質見ないと痛い目に遭うぞ

堀江氏がこの本で伝えたいことは、おそらくこの一点だろう。

思い込みが激しく、真面目一筋で、視点の幅が狭いからだ。

私はできれば、多くの人がグリップから解かれて、自由に生きられる社会であればいいと願っている。

見栄っ張りのOLや有名になりたい若者、同僚の足を引っ張って自分の居場所を見つけようとする中年サラリーマン。

どれも「こうなることが幸せだ」という”常識”にとらわれすぎ。あるいは会社の上司などに身をグリップされて(握られて)いる。

価値観が凝り固まっていて、冷静な判断もできないし、必要なときにリスクも取れない

闇金に金をむしり取られる連中は決して特別なバカではない。今これを読んでいるキミも同じような目に遭う可能性は十分あるんだ。

少なくとも堀江氏のようにストレートに生きていないのなら。

自己破産を迷っているなら無料相談してみよう

  • 自己破産したら全財産が没収される
  • 自己破産すると周囲の人に必ずバレる
  • 自己破産すると二度と立ち直れない

これらは全て誤解だ。正しい情報を知って、正しい判断をするためにはプロの弁護士や司法書士へ相談をするのがベスト。

裁判所に直接「自己破産したいんですけどどうしたらいいですか」ときいたら、

「まずは弁護士に相談してください」

と即言われたぞ。

裁判所が答えたってことはつまり、公的な機関が認めた、公式の回答だ。

まずは弁護士に相談、これがみんな通る道と思っていい。

“どうしよう、こんなケースは大丈夫かな”と推測ばかりしていて、一人で悩む時間は正直もったいない。

その間も返済の催促はくるし、利息も溜まっていく。

借金問題はできるだけ早く解決して、次の生活にエネルギーを向けたほうが立て直しも早くなる。

自己破産したいけど、弁護士に頼むのはすごく敷居が高い

そんな人はWebからの無料診断無料相談をするのがオススメ。

まずは小さな一歩から。気軽にはじめみよう。

2分でサクッと借金の減額シミュレーション

関連記事